なんでも情報研究:日本の基本的なエチケット

何でも情報調査:基本的な日本のエチケット

日本は世界で最も美しい場所の1つであり、すべての旅行者のパラダイスです。世界中の何百万もの人々がさまざまな理由でこの国を訪れることを夢見ています。

技術の進歩で日本を愛する人もいれば、本格的な日本料理で暮らす人もいます。しかし、確かなことの1つは、この国には世界で最も驚異的な風景がいくつかあることです。

あなたが国を訪問する理由が何であれ、基本的な日本のエチケットのいくつかを身につけるのが賢明でしょう。これらの一般的な慣習は、彼らの文化を傷つけないようにするのに役立つので、あなたの訪問に役立ちます。地元の人々はあなたがこれらの慣習にすぐに適応することを期待していませんが、それはあなたが彼らの良い面に立つのを助けるでしょう! 

あなたが始めるのを助けるために、私たちはここAnything Information Researchであなたの訪問に確実に役立つ最も一般的なエチケットのヒントのいくつかをまとめました:

あなたの靴を脱いでくださいあなた

が日本の誰かの家に招待される機会を得たら、入る前に靴を脱いでください。 これは日本の標準的なエチケットであり、靴下が汚れることを心配する必要はありません。靴下は常に家のスリッパを提供してくれるからです。 

このエチケットは家に限定されないことを覚えておくことも重要です。お寺やレストランなど、畳の床で食事ができる施設もあります。 

グラスに入れないでください、グラスに

水をパーティーやあらゆる形式の集まりにいるときは水を入れないでください。このジェスチャーは、集会の他の人々が不親切であることを意味する可能性があるため、無礼と見なされます。 

代わりに、あなたがすべきことは、ゲストのグラスをすべて満たすことです。これを行って間もなく、他の人はあなたに飲み物が残っていないことに気づき、あなたのためにそれを補充するように主張します。 

チップを必要はありません

払うチップはあなたがいる国に主観的である可能性があります。日本では、施設があなたの総請求額に設定する別の料金がすでにあるので、チップは不要です。ただし、誰かが優れたサービスを提供したと思われる場合でも、追加のお金を与えることができます。

日本で誰かにチップを渡す最良の方法は、お金を渡す前に封筒に入れることです。他の人の手に直接お金を入れるのはマナーが悪いと考えられているので、これは注意することが重要です。そのため、地元のレストランでは、常に支払いを行う必要のある小さなトレイが常に表示されます。 

歩きながら食事をしないでください

テーマパークやお祭りなど、いくつかの例外があるので、これは少し注意が必要です。しかし、一般的に、日本では、2つの特定の理由から、歩きながら食べることは嫌われています。

最初のそして最も明白な理由は、あなたがどんなに注意を払っても、あなたが何らかの形の混乱を起こすことは避けられないということです。 

もう一つの理由は、移動中は食べ物を完全に味わうことができないと彼らが考えているので、彼らはそれをマナーが悪いと考えているということです。地元の人が散歩に行く前に、自動販売機自体の前で飲み物を飲み終えるのを見ることができます。

S感謝の気持ち

あなたが食べようとしている料理がどんなに食欲をそそるように見えても、食べ始める前に必ず感謝の気持ちを言ってください。地元の人が恵みを与えると言う言葉は、「謙虚に受け取る」という意味の「いただきます」です。

地元の人が食べた後に言う言葉にも感謝の気持ちが込められています。 「ごちそうさまでした」と訳せます。「お食事ありがとうございます。それはごちそうでした。」

特に他の地元の人と食事をしている場合は、これらを覚えておくことが重要です。これは、いつ食べ始めることができるかは、とき 主人が感謝の気持ちを表すだからです。

それを必要とする人々のためにあなたの席をあきらめてくださいあなた

が国に滞在している間、あなたは公共交通機関、特に電車を何度も使うかもしれません。日本にたくさんあるシャトルに乗る機会があったら、優先席に注意してください。これらの座席は、高齢者、妊婦、障害者など、最も必要としている人々のために予約されています。 

食事のマナーのコツ

日本が提供するさまざまな郷土料理を楽しむ前に、次の食事のエチケットをよく理解してください。

箸の正しい使い方

日本に滞在中は、レストランに入るたびに箸が表示されます。 。そのため、これらの器具を適切に取り扱う方法に関する基本的なルールを知る必要があります。

まず、テーブルのどこにどのように配置するかに注意する必要があります。これを行うには2つの許容できる方法があります。1つは箸置きに立てかける方法、もう1つはボウルの上に平らに置く方法です。箸の先をボウルに真っ直ぐ上に傾けないでください。これは葬儀を模倣しているため、無礼と見なされます。

食べ物を渡すことになると、ある箸から別の箸にそれを決してしないでください。これを行う唯一の許容できる方法は、サービング器具を使用して別のプレートに食べ物を置くことです。

また、箸の動きを最小限に抑えてください。何かを指さしたり、取り出したい皿の上に置いたりするためにそれらを使用しないでください。箸が口に触れたため、これは非倫理的と見なされます。一般的なお椀やお皿との接触をできるだけ少なくする必要

一般的な料理、一般的な料理

がありますから直接食べないでください日本で食事をするときは常にから直接食べないようにしてください。箸がすでに口に触れているので、これはマナーが悪いと考えられています。 

代わりにあなたがすべきことは、あなたが食べ始める前にあなたが食べるすべての食べ物をあなたの皿に置くことです。

きちんと座る

さまざまな地元のレストランが畳の床で食事をする機会を顧客に提供します。これは、通常のテーブルや椅子とはまったく異なるダイニング体験です。畳の床で食事をするときは、きちんと座る方法を知っていることを確認してください。 

クッションや低いテーブルに行くときは、次の位置に注意してください 

。フォーマルな機会に男性と女性の両方に座る適切な方法は、ひざまずくことです(正座)。カジュアルな状況では、男性は足を組んで座り、女性は両足を片側に置くことができます。

適切な座席位置に従う

日本で食事をするとき、特にフォーマルな機会に食事をするときは、適切な座席配置があることを知っておく必要があります。食事中に出席する最も重要な人物は、「上座」としても知られる名誉の席に着席する必要があります。

上座がどこにあるか知りたい場合は、入口から一番遠い席を特定することで簡単に知ることができます。

ボウルを適切に使用する

する食事をときは、ボウルを適切に使用する方法を学びます。箸から落ちる可能性のある小さな食べ物を手で捕まえようとしないでください。これは非倫理的であると考えられています。代わりに、ボウルを有利に使用してください。テーブルの上に食べ物がこぼれないように、手に取って口の近くに置いてください。

タオルで手を洗うと、おしぼり

日本のいくつかのレストランで食事をするが贈られます。手を洗うのに使われる蒸しタオルです。顔を洗うためにこれを決して使用してはならないことを覚えておくことは重要です。 

正しい飲み方を知る

日本で友達と飲み始める前に、みんながすでに飲み物を持っていることを確認してください。みんなが持っているのを見つけたら、グラスをお互いに持ち上げて「カンパイ!」と言います。これは、カップまたはグラスを空にすることを意味します。

企業の夕食会などの正式な状況では、自分よりも高い地位にいる人と話しているときに、グラスを適切に保持する方法もあります。それはガラスの下に手を置くことです。このジェスチャーは、上司への敬意の表れを示しています。

また、友達のメガネを時々チェックして、補充が必要かどうかを確認することもできます。誰かがあなたに詰め替えを与えることを申し出た場合、あなたはそれを彼らに渡す前にあなたのグラスからもう少し飲むべき

ですあなたがアルコールを飲まないならばあなたはいつでもバーで提供されるノンアルコール飲料を要求することができます。

日本を訪れる機会があったら、これらの役立つヒントを覚えておいてください!地元の人はすぐにあなたの努力に気づき、きっと感動するでしょう。素晴らしいゲストとは、訪問している国の文化を尊重するよう努力する人です。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする