お年玉は社会人になったらあげるべき?どうしてもあげたくない!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

お正月に貰って嬉しいものと言えばやっぱり【お年玉】ですよね♪

両親は勿論、お正月に我が家にやって来る親戚なんて顔がお金にしか見えないというね…
なんとも可愛くない子供時代の経験ってありませんか?

聞くところによると、最近の子供もっと凄い!

お年玉の金額によって、その人のランク付けをするらしいです。

『○○さんはいくらくれた』 

『○○さんはいくらしかくれなかった』

おいおい、マジかよ…と思ってしまいますけど、これが最近の子供らしいのです(-_-;

そんな話を聞いてしまったら、大人としてはやっぱお年玉をあげないと駄目かなぁ…と悩んじゃいますよね。

しかしですよ。

大人と言っても社会人になりたての身としては、

月給も低いしボーナスもろくに貰えないので自分の生活だけでもカツカツですよね。

 

正月に帰省する予定だけど

甥っ子が居る事は分かっている…でもお年玉はあげたくない!

あげたくないけど、どう思われるのかを考えると無理してでもあげた方が良いような気もする。

今回はそんなジレンマを踏まえつつ、子供にあげるお年玉について色々と考えてみたいと思います!

スポンサーリンク
レフタリング大

 お年玉をあげない社会人ってダメ人間?

お年玉をあげない社会人は駄目か否か。

上でも言ったように、大人と言っても社会人一年目から何十年も勤めてる人まで様々です。

親だったり親戚だったりはこちらの事情も汲んでくれて

「子供にお年玉はあげなくて良いよ♪」

と言ってくれるかもしれません。

 

よって、別に社会人だからと言ってお年玉をあげなければダメ人間だとは思いませんし、

実際私も社会人一年目なんてとてもお年玉をあげる余裕なんてありませんでしたよ^^;

  

ただ、これは大人目線でのお話であって、子供の目線から見たらどうでしょう?

 

子供にしてみたら社会人○○年目なんてのは分かりませんし、一律で大人は大人にしか見えませんよね?

そうです!例のランク付けによって、大人なのにお年玉をくれない=ランキング下位のダメな大人という位置づけをされてしまうのです!

という事で、お年玉をあげない社会人は駄目か否かの子供編では

明確にダメ人間だと言えるでしょう

本当に厄介なのは子供より親かも!?

 

まあ子供目線で言えばダメ人間とは言いましたけど、私個人の考えとしては正直、子供のランク付けなんてどうでも良いと思うんです。

別に子供にダメ人間扱いされたところでそれがどうしたって話です。

逆に「とんでもねー子供だ!」と思ってしまいますね!

ここでちょっと私の親戚のお話をしたいと思います。

私が社会人になったばかりの頃、相当昔の話になるのですが、親戚が正月は毎年必ず私の実家に来てたのですね。

目的は子供のお年玉です。

悪い言い方をすれば子供のお年玉にかこつけた資金集めです。

これがまーうるさくて、親戚中回ってお年玉をせびり、貰うまで居座るというね…。

で、当然社会人になって働き出した私の所にもせびりに来るわけですよ。

その親戚には子供が三人いまして、働き始めたばかりの私の給料では相当厳しかったので、お断りしたのですよ。

そこで向こうから出た言葉

『あのね、一応社会人になったんだから立派な大人でしょ?  子供達にお年玉の一つもあげられないなんてまだまだ子供って事なんだよ?少しくらい出せないの?』

コノヤロー何様だ!

と思いましだが、お正月から喧嘩も嫌ですし

お金貰うまでブチブチ言いながら居座るので

あげましたよ!お年玉を。

 

そう、本当にダメ人間扱いするのは子供ではなくその親だったというお話です。

更に厄介なのが、それをペラペラ他の親戚中に言いふらすという極悪さ。 

実は私の親戚だけではなく、こういう親は結構いるんです。

ここまで極端じゃなくともお年玉すら出せない大人はアレみたいな言い方をしてせびる輩がね。

俗に言う『厚かましい系』です。

無視してしまえば良いと言えばそうなのですが、やはり親戚となるとね、何だかんだで顔を合わせる機会も多いですし、絶縁というのも難しいですよね。

 

 

子供にお年玉を渡すと良いことあるかも?大人の見栄っ張り

 

そうですね…子供にお年玉をあげる事で良い事がある…と言うか、私の場合はこのようにうるさい親戚にブチブチ言われないというメリットがあるという事ですかね。

私の親戚のようなタイプは、お金さえ貰えば大人しくなります。

正月を円満に過ごすための解決策とも言えるでしょう。納得はいきませんが(-_-

結構あるのではないでしょうか?

相手がうるさいからとりあえずお年玉を渡しとけみたいなパターンが。

特殊な例を除けば他には

親戚に良く思われる。

立派な大人になったなと褒められる。

単純に子供に喜ばれてお礼を言われる事(ランク付けは無視で)

どれも自分にとってそこまで利益になる事ではありませんし、逆に金銭的に余裕が無い場合は苦しくなるだけですよね。

ただ、そこは社会一年目だとしても一応大人のメンツと言いますか『見栄』ですよね。

良くも悪くもお金(羽振り)というのは、自身の社会的地位を示すステータスのようなものですから^^;

それが男の場合、見栄で生きてるようなものですから、多少無理をしてでも自分を良く見せたいって気持ちは分かります。

 

そんな見栄による満足感がお年玉をあげる事によって得られる『良い事』なのではないでしょうか?

 

 

それでもお年玉を渡したくない場合…

親戚の評判とか見栄とかどうでもいいよ! とにかくお年玉を渡したくないんじゃ!!

という方は、もうお正月に帰省をしない少し時期をズラして帰省をするみたいな方法しかないでしょう。

お年玉も回避できますし、帰省をしなければその分の交通費も節約できますからね!

 

仕事など、ある程度生活の基盤が出来てから帰省するようにしても良いのではないでしょうか?

その頃にはお年玉を渡せるような金銭的な余裕も出来てると思いますし、無理をしても良い事はありませんから…。

実家のご両親には理由を説明すれば分かってもらえると思います。

もし分かってくれない場合は仕事が忙しくて帰れないみたいな理由付けで回避ですね!

私も例の親戚問題の後は正月には帰省しなくなりました(笑)

何というか、新年早々お金の事で悩みたくないですし、ガメつい親戚にブーブー言われたくないですもんね。

いつかお金に苦労する事のない立派な社会人に成長した時に、それまでの分をまとめてドーン!と見せ付けてやれば良いのです♪

まずはご自分の生活を優先に! ですよ^^