土用の丑の日はウナギを食べる?なぜウナギに拘るのか!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

土用の丑の日はウナギを多く売っていますよね。

普段は食べないウナギ食べられる日

ということで!!

我が家では重宝される日でした。

それでも疑問はあります。

はたして土用とは? 

丑の日とは? 

なぜウナギなのか?

今回はそれを徹底解明いたします。

スポンサーリンク
レフタリング大

土用の丑の日ってイツなの!?取りあえずウナギ食べればOK?

2017年の土用の丑の日は

7月25日(火)8月6日(日)です

まずは「 土用 」について

 四立前の、18日(または19日)の期間のこと 

を差します。

四立とは

「 立春、立夏、立秋、立冬 」の事です。

つまり、

立春の前約18日間 : 1/17~2/3頃

立夏の前約18日間 : 4/17~5/4頃

立秋の前約18日間 : 7/20~8/6頃

立冬の前約18日間 : 10/20~11/6頃

の期間のことです。

 丑の日 」とは

12日周期(干支)で回ってくる丑の日にちのことを言います。

つまり

土用の日とは

18日間の内の丑の日が重なる12日目のことを差します。

それが

2017年の夏は二回あるということなのです。

もうすでに分かっていると思いますが

土用の丑の日は年に4回あるのです。

なぜ土用の丑の日にウナギを食べる風習ができたのか

万葉集にも

夏バテ対策栄養価の高いウナギを食べていた

と記録してあります。

土用の丑の日に食べる習慣となったのは

文政5年(1822~23年)に発表された『 明和誌 』によると

安永・天明の頃(1772~88年)よりの風習であるとされています。

また

平賀源内が

「 夏の土用の丑の日 

ウナギを食べる風習があったからという説があります。

ウナギは元々冬の食べ物であるため

夏も食べられるように販促を行なったともされています。

その他にも色々な説がありますが

総じて夏の暑さに対する対策だったのではないか、ということです。

昔から

夏は暑くて乗り越えるのが大変な時期だったようです。

まとめ

土用の丑の日が年に4回もあると知っていましたか?

平賀源内の販促活動が現代も続いていることに驚きですよね。

最近ではコンビニでも土用の丑の日に乗って

ウナギを販売しているところも少なくありません。

しかし

恵方巻と同じように売れ残りは多いようです。

現代はそれほど季節の日を感じないようになってしまったのかもしれません。

ちなみに!

夏の二回ある土用の丑の日のことを、

「 一の丑 」「 二の丑 」と呼ぶようです。

こんなちょっとした豆知識を覚えておくと、

何でもないときにそっと言って

知力をアピールするきっかけになりそうですね。

いかがでしたでしょうか?

今年はぜひ

このことを思い出しながらウナギを食べてみてくださいね。