潮干狩りが無料の関東のオススメは?アサリが取れない?ハマグリ取りたい?【時期と方法】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

4月以降、解禁されるものといったら潮干狩り!

最近の子供たちは知らない子も多いのかなぁ、と時代の流れを感じるこの頃です。

潮干狩りに行くのが決まったら、張り切るお父さん多いんではないでしょうか!

子どもにお父さんの偉大さを見せつけよう!と目論むお父さんのために

今回はアサリやハマグリの見つけ方をまとめました。

これで、子供たちも、「お父さんすごーい!!」と、目を輝かせますよ^^

スポンサーリンク
レフタリング大

■潮干狩りでアサリが取れないのはなんで?時期と見つけ方

まずは、関東で無料で楽しめる潮干狩り場を紹介します!

〇神奈川県 海の公園

潮干狩り
潮干狩り 施設概要 海辺には、アサリなどの貝類が自然繁殖しており、潮干狩りを楽し...

ここはアサリの安全性も確認済みで、貝の持ち帰りも無料です。

禁止行為もありますので、事前に確認してくださいね!

駐車場も十分確保されていますが、連休には混むみたいなので、早めの行動がおすすめです。

〇茨城県 波崎海水浴場(はさきかいすいよくじょう)

波崎海水浴場/ 茨城県神栖市
茨城県神栖市ホームページ

ここは「鹿島灘はまぐり」など二枚貝の産地で有名で、毎年多くの人が訪れているそうです。

潮干狩り用の道具はレンタルされてないので、持参してください。

〇千葉県 千葉ポートパーク

園内のご案内 | 千葉ポートパーク – 千葉県千葉市
園内のご案内 - 手ぶらでバーベキュー場(BBQ)へ!海のある公園です

千葉ポートパークの中にあるビーチプラザで、無料で潮干狩りが出来ます。

設備が充実しているので、一日中遊べそうですね♪

アサリのほかに、ホンビノス貝という種類もとれるそうです!

アサリが取れる時期は「3月~5月」

さて、アサリが取れる時期ですが、だいたい3月~5月が一般的です。

5月にはG.Wがあり混雑するので、4月に行くのがオススメですよ。

寒くもなく暑くもなく、日も長くなってくるので行動しやすいと思います。

いざ、潮干狩りに出かけても、全く取れないとがっかりですよね。

そうならないために、見つけ方のコツを紹介します。

アサリの見つけ方のコツ!

アサリが好む場所は、岩場の影や藻があるところで、波の影響が少ない山になっているところを掘ってみましょう。

藻があるところには、プランクトンが多くいるので、アサリがいる可能性大です^^

アサリは集団生活をしているので、一匹見つかるとその周りを探してみるといいと思います。

5cm~10cm掘って何も出てこないなら、次の場所を掘ってください!

アサリを掘るときは熊手を使いますが、アサリは簡単に傷つくので優しく扱ってくださいね^^

■狙うは大物!ハマグリの見つけ方とコツは?

ハマグリはアサリよりも深く沖にいるので、干潟の沖合の方で15cm~20cmくらい深めに掘るのがコツです。

アサリと同じように、ハマグリも集団でいるので、一匹見つけたらその周辺にもいる可能性があります。

そう簡単にハマグリは見つからないので、「アサリ見つけついでにハマグリ見つけたぁ!ラッキー♪」くらいの気持ちで臨んでください。

ハマグリを2つ以上見つけたら、ハマグリ同士をこすり合わせて音を聞いてみてください。

カチカチと高い音が出れば新鮮ですが低く鈍い音がしたときは残念ながら、そのハマグリは死んでいます。

ハマグリ取りの最強の裏技が一つあります!!

それは・・・

名人ぽい人についていく!です(笑)

常連さんぽい人や、ちょっと本格的な道具を使っている人を見つけて、その人の近くを探ってみてはどうでしょうか^^

ちょっと荒技ですが、見つかるとラッキーです♪

まとめ

潮干狩りにはいろいろなルールがあるので、必ず守ってくださいね!

稚貝はとらず、ある程度成長した貝をとるようにしてください。

そうしないと、貝がどんどん減ってしまいます。

ルールを守って楽しく貝堀りしましょう♪