アサリの砂抜き・潮抜きを簡単に終わらせる方法!貝は菌がある!調理器具は熱湯消毒!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

潮干狩りに出かけた友達から

たくさんのアサリをおすそ分けしてもらったけど・・・

天然のアサリってどう料理したらいいの?砂抜きが必要って聞くけれど、面倒なのかな?

せっかく頂いた活きのよい天然アサリ、美味しく食べたいですね。

面倒と思われがちな「砂抜き」「塩抜き」などの貝の下処理も、意外とラクにできる方法があるんですよ。

スーパーで買ってきたアサリと潮干狩りで採ってきたアサリの処理の仕方の違いや、調理するときに気をつけたいことを説明していきます。

スポンサーリンク
レフタリング大

潮抜きと砂抜きは別ですよ!貝は菌を持ってるので熱湯消毒必須

アサリやシジミなどの二枚貝、スーパーで買ってきたときにパッケージを見ると「砂抜き」してから調理してくださいって書いてあることが多いですね。

中にはすでに砂抜きしてから売っている商品もあり、「砂抜き不要」と書いてあることもあります。

また、「アサリの潮抜き」という言葉も耳にしますよね。

「砂抜き」と「潮抜き」は別々の処理なんです。詳しくみていきましょう!

まずは「砂抜き」から

アサリは海の生き物なので、海水の中で呼吸をします。

息をするときに、海水と一緒にプランクトンや砂を吸い込むので、アサリの体内には砂が入っているんですね。

アサリ料理を食べていて、口の中でジャリっと砂の感触を味わってしまったこと、誰でも一度は経験してるのでは。せっかくの美味しいアサリも砂の感触が残っていてはガッカリですね。

このガッカリを防ぐために、下処理として「砂抜き」をします。

砂抜きはアサリがまだ生きているうちに、アサリ自身の呼吸を利用して行います。体内に残っている砂をアサリに吐き出してもらうんですね。

アサリなどの貝類は鮮度が命ですから、買ってきたりもらったりしたらすぐ、貝がまだ元気なうちに「砂抜き」しましょう。

「砂抜き」が終わったら「潮抜き」

砂抜きと混同しやすい「潮抜き」ですが、これはアサリの体内から塩分を抜く作業のことです。

スーパーで買ってきたアサリはそうでもないので、潮抜きしなくても大丈夫な場合が多いですが、潮干狩りで採ってきたアサリは体内に多くの塩分を含んでいるので、砂抜きだけしてそのまま料理すると、とってもしょっぱいんです。

潮抜きをすることでアサリから海水を吐き出してもらうと、塩分の濃度が下がってしょっぱくなくなります。

潮干狩りのアサリは入念に砂と塩を抜いてから料理すると美味しいこと間違いなし!です。

砂抜きも潮抜きも、家にあるふだん使いの道具で簡単に

大きさの揃ったボウルとザル、またはザル付きのバットがあれば大丈夫です。

砂抜きと潮抜きの具体的なやり方を説明する前にひとつ気をつけたいことがあります。

アサリは体内に菌やウイルスを持っています!

実は、貝は菌類の宝庫なんです!

と言っても、怖がる必要はありません。加熱調理をすれば大丈夫ですので安心してくださいね。

塩を好む腸炎ビブリオはアサリだけでなく魚介類に生息している細菌です。

また、有名なノロウイルスやA型肝炎ウイルスに感染していることもあるそうです。

アサリを調理前は、流水(水道水)でよく水洗いしましょう。

アサリを生食する機会はほとんどないと思いますが、生は危険ですので食べないでくださいね。

そして重要なのが、調理に使った器具の消毒

魚介類を扱った包丁やまな板を洗わずに、そのまま他の食材を切ってしまうと、手や包丁、まな板を介して菌が付着し汚染させてしまいます。

これを「二次汚染」といいます。

魚介類を調理した器具は、使用後によく洗浄する必要があります。

洗ったあとに熱湯をかけて熱湯消毒するとより安全ですので覚えておいてくださいね。

超簡単に「砂抜き・潮抜き」をする方法!

アサリの下処理は「砂抜き→潮抜き」の順番で行います。

実際のやり方を紹介していきますね。

まずは一般的な方法

ザル付きのボウルやバットにアサリを重ならないように並べ、

濃度3%(500㏄の水に食塩大さじ1が目安)くらいの塩水に浸し、

スーパーで買ったアサリなら3~4時間、潮干狩りのアサリなら1晩、

冷暗所で放置します。

アサリの吐いた砂がザルの下に落ちるので、吐いた砂をアサリがまた吸い込んでしまうことなく砂抜きができますよ。

塩水の量はアサリの一部が少し出るくらい、アサリを沈めてしまわない程度にします。

冷暗所は冷蔵庫でもよいですが、低温すぎると思うようにアサリが呼吸しないことがあるので、涼しい季節ならお風呂場などがよいそうです。

容器を密閉してしまうとアサリが酸欠になってしまうので、蓋やラップはしません。

新聞紙をかけておくと、光を遮断すると同時にアサリの吹き出す水も吸収してくれるので一石二鳥です。

ただ、一晩って・・・長いですよね。

もっと早く手軽に砂抜きする方法はないの?

そこで「50度洗い」と呼ばれる方法を紹介

一般的な方法の、3%の塩水を50度のお湯に替えるだけ。

浸す時間は5分から15分でOKです。

沸騰したお湯に同量の水を混ぜると約50度になりますので、温度計を持っていなくても大丈夫です。

熱過ぎるアサリに火が通ってしまいダシも外に出てしまうし、ぬる過ぎると砂をうまく吐かない上に菌が増殖する恐れがあるので、熱湯とお湯を半々にしてくださいね。

触るとけっこう熱く感じるくらいです。

お湯に浸されると、アサリはあっという間にストローみたいな呼吸管を出して砂を吐き始めます。

これは貝にわざとストレスを与える方法なんだそうです。

ちょっとかわいそうな気がしますが、砂抜きにかかる時間が大幅に短縮できるので、ぜひ試してみてくださいね。

砂抜きの前後に、アサリを流水でよく洗うことも忘れずに。

両手に貝を5~10枚持って、貝と貝をこすり合せるようにして洗えばOKです。

水で洗うとアサリは一度口を堅く閉ざします。

洗っているときに口が開いたままのアサリは死んでしまっていますので取り除いてください。

続いて「潮抜き」ですが、これは簡単。

砂抜きし終わったアサリを塩水(お湯)からあげて、そのまま1時間ほど室温で放置するだけです。

砂抜きも潮抜きも、基本は放置しておけばよいので簡単ですね。

下処理が済んだアサリは冷凍保存ができます。

たくさん買ったりもらったりしたときは、一回分ずつ冷凍しておけば便利です。

ポイントを押さえて基本は放置!アサリを美味しくいただきましょう

面倒そうな砂抜き・潮抜きですが、50度洗いなら時間も手間もあまりかけずに上手に下処理できそうですね。

新鮮なうちによく水洗いして、砂を吐かせて塩を抜いて、使ったボウルやザルはきれいに洗浄・消毒する、このポイントさえ押さえておけばアサリ料理はバッチリです。

下処理が終わったら、お味噌汁に、酒蒸しに、ボンゴレに、お好きな料理に仕上げて家族みんなで楽しみましょう!