母の日や誕生日は嫁がするもの?既婚男性のヤラナイあるある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

共働きの奥さんは「母の日」や「誕生日」など『義理のお母さんイベント』を
「なんで旦那がやらないで、私がやらなければならないの?」
そう思う方もいるのではないでしょうか。

その上、旦那さんは何もしないうえに「お前に任せた」と言われてカチンと来た経験がある人も多いはず。

そこで今回は、母の日を乗り越える秘訣と、夫である既婚男性が気をつけるべき母行事について紹介します。
母の日を乗り越えたい方や、非協力的な夫に気を付けさせたいという方はこの記事を見てみてください。

スポンサーリンク
レフタリング大

押し付けられた母の日は嫌い!義母に気を遣うのは疲れました

母の日と言えば、5月の第二土曜日ですね。

実の母親でない人に母の日のプレゼントをあげるというのは気持ちが滅入ってきます。

そこで母の日を乗り越える秘訣を紹介しましょう!

「義理の母親のことを嫌いだと思ってもいい」ということを受け入れる

なんか母の日が嫌でモヤモヤしているけれど

『義理の母親には嫌なことされてないし、めんどくさいなぁ』

そう悩んでいるくらいなら、いっそのこと嫌いになってしまった方が気持ちが楽になるというものです。

親への思いや関係は人それぞれなので、嫌いなら嫌い、好きなら好きではっきりさせてしまうのもいいと思います。

親のことを必ずしも好きでなくてもいいですし、どんなことがあったとしても嫌いであることがおかしいことではないですからね。
一番いけないのは、自分で自分を否定してしまうことです。

旦那に渡させる

もう一つは、旦那さんに懇願して二人からという名目で旦那さんが渡すということです。

渡すときに嫌味を言われなくなったり、選ぶ手間も省けて気持ちも楽になります。

いつも協力してくれない旦那さんに頼み込んで楽をさせてもらうことが乗り越える秘訣の一つと言えますね。

既婚男性が気を付けるべき母行事

既婚男性のみなさんが気を付けるべき行事がありますよね。

ここでは既婚男性を夫、その嫁を妻として書きます。

まずは、母の日

夫にとっては自分の母のことですが、妻にとっては義理の母ですね。

夫が率先して動いて一人で母の日のプレゼントなどを渡してしまうと
妻が夫の母さんから嫌味を言われたり嫌がらせを受ける原因となってしまいます。

また、夫が動かないと今度は妻が動かなければならないので、負担になってしまいます。

ですので、夫婦二人からという名目で渡すのがベストです。
夫が動くのは大前提としても、動きすぎるのもかえって妻が嫌味を言われることもあるので注意が必要であるというのは、大変ですが気配りが大切ですね。

母行事で渡す物は、母の日はカーネーション

時期になれば花屋で売っているので購入しやすいです。
誕生日は何を渡したらいいかわからないのであれば、ギフト券を渡して「これで好きなものを買って」とした方が楽ですね。

次に、誕生日

誕生日も母の日と同じですが、夫がうまく立ち回ってください。
二人で選んだ誕生日プレゼントとして母に渡すことが大切です。

何も言わずに渡してしまうと「夫が一人で選んだのかな」「妻は何もしてないのかな」など関係悪化につながりかねません。
ここでも夫がうまく立ち回って、時には自分の母親をフォローしていくことが大切ですね。

大切なのは夫の気配りです!

今回は、母の日を乗り越える秘訣と、夫である既婚男性が気を付けるべき母行事について紹介しました。

夫の母親に気を遣うのはめんどくさい、夫は夫でうまく立ち回りをしなければならなくて嫌だなと感じられた方も多いと思います。

夫婦で協力して、母の日や誕生日のプレゼントを選ぶことが大切です。

また、妻は義理の母のことが嫌いになってしまうことにモヤモヤして、自分のことを否定してしまうくらいなら、いっそのこと義理母を嫌いになって夫にうまく立ち回ってもらい、母行事を乗り越えていきましょう。