梅雨の季節は春?夏?どっち?じめじめ湿気を上手に対処してカビとおさらば

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

6月になると、全国各地で梅雨入りします。

梅雨がない北海道はうらやましいですが、梅雨の何が嫌ってあのじめじめ感ですよね!

洗濯物は雨で乾かないし!

窓を開けてもねっとりとした空気が充満するし!

カビなんてすぐに生えるし!!

恵みの雨と言いますが、ものは言いようですね(6月の雨は憎たらしすぎます)

雨は大事ですが、降りすぎなのも困りものです^^;

今回は、梅雨の仕組みや、カビの対処法についてまとめてみました。

スポンサーリンク
レフタリング大

■梅雨に雨が降るのはなんでなの?春と夏の間の微妙な季節 ホントはどっち?

梅雨の由来って知っていますか?

いくつかあるので紹介しますね。

1、梅の実が熟すころに降る雨だから、梅+雨で梅雨になった

2、黴(カビ)が生えやすい時期の雨で、黴雨(ばいう)と呼んでいたが、印象が良くないので同じ読みの「梅雨」になった。

3、露を連想した

など、色んな諸説があるみたいです。

ではなぜ、梅雨には雨が長く続くのでしょうか?

5月から7月にかけて、北からオホーツク気団(冷たい)と、南から小笠原気団(暖かい)がぶつかり合い、一つの前線が出来上がります。

これが「梅雨前線」です。

日本で一番に梅雨入りするのは、沖縄ですね!

それから前線が北上しながら、各地が梅雨入りしていきます。

北海道に梅雨がないのは、前線が北海道に到達するころには、勢力が弱まっているからなんだそうです。

でも、本州とは違った「蝦夷梅雨」というものがあります。

パラパラした雨で、不快に思う人は少ないみたいですよ。

どうなったら「梅雨」になる?

梅雨入りの判断は、ぶつかりあった気団があっても、それが停滞前線となり、雨が降るかどうか見極めるのはとても難しいそうです。

気団同士がほぼ同じ勢力でぶつかり合い、どちらも譲らないので長雨が続くんです。

最終的に勝つのは暖かい小笠原気団ですが、そうなるとめでたく梅雨明けとなり、夏がやってきます♪

■梅雨の嫌な定番は「カビ」生えちゃった時の正しい対処法は?

雨が続くと、洗濯物を中干ししたり、換気をしてもなんだかじめじめして、気分も晴れないですよね。

そして困るのが、カビ!!!

中でも多いのが「お風呂」だと思います。

すぐ取れるカビならいいですが、頑固な黒カビはなかなか落ちません。

もしカビを発見したら、次のような対処法があります。

カビは予防と早めの対処が、カギを握ります!!

<カビの除去法>

〇準備するもの

・塩素系漂白剤

・片栗粉

・ラップ

1、片栗粉と漂白剤を1:1で混ぜ合わせます。

くれぐれも素手ではやらないように!!

2、混ざったら、黒カビに直接塗り込みます。

3、乾かないようにラップで覆います。

液が固まっちゃうので、なるべく素早く作業しましょう。

4、20分ほど放置します。

置きすぎると、パッキンが傷んでしまうので、時間は守ってくださいね。

5、放置後、水でカビを落とします。

片栗粉が固まるので、お湯ではなく水で!

6、一回で落ちない時には、数回繰り返すといいでしょう。

一度にたくさんの個所をやると大変なので、徐々に行うことをおすすめします。

換気も忘れずに!!

我が家も、この方法で対処しています。

黒カビがよく落ちますよ!

やっぱり1日の汚れを落とすお風呂は、きれいに保ちたいですよね!

梅雨が来る前に、ぜひこの方法を覚えておいてください。

まとめ

梅雨は、毎日雨が降ると思いがちですが、曇りの日や晴れる日もあります。

ザーザー降る雨ではなく、しとしと静かに降り続ける雨が長く続きます。

たまの晴れ間に、掃除洗濯をチャチャっとやっておきたいですね^^

除湿器や扇風機など、機械を上手く活用するのもいいと思います!

梅雨明けした後の、楽しいことを想像しながら、梅雨を乗り切りましょうー!