その作り置き大丈夫!?コーヒーの保管方法あってます?アイスコーヒー大量にありません?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

コーヒーってついつい作り置きしてそのまま・・

なんてことよくあると思います。

ですがその作り置き

よくないという情報が・・・!

びっくりしてしまいますよね!

じゃあ作り置きできないの?どうしよう!

と思う方もいるかもしれません。

もしかしたら危ないこともあるかもしれないのでそれを書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レフタリング大

珈琲はインスタント?豆から淹れる?大量に作っちゃうのはダメ!

《 淹れておいておくコーヒーについて 》

淹れたコーヒーは置いておくと酸化してしまいます。

酸化というのは、光、湿度、空気によってなっていきます。

そうすると

淹れたコーヒーはどんどん酸化してしまい風味が落ちていきます。

なのでコーヒー屋さんやカフェでは

落として30分経過するとコーヒーを破棄する所も多いです。

ですが風味を気にしないのであれば保存は可能です。

お湯で作ると熱ですぐに酸化が始まってしまいます。

お家で作る際は

水出しで淹れて保存する方法が酸化しにくくなります。

《 インスタントコーヒーについて 》

インスタントコーヒーの場合だと水では溶けにくいですよね。

その場合は

ぬるめのお湯で少し溶いてから水を入れ

氷を入れて熱を冷ましましょう。

水出しコーヒーを作るポット

水出しコーヒーバッグなども販売されています。

《 保存方法や期間について 》

常温は絶対にダメです!

常温は酸化と雑菌の繁殖が出てしまうので

冷蔵庫に保存しましょう。

保存方法は水出しコーヒーポットで

作りながら冷蔵庫で保存する。

水出しで作ったものや

ぬるめのお湯で溶いて水を入れたり

氷を入れて冷ましたものを

密閉できる容器に入れて封をしっかり閉めて

冷蔵庫で保存しましょう。

保存期間はだいたい24時間です。

保存が可能なのは2、3日です。

それ以上だと劣化してしまうため

やはり2〜3日程にしておきましょう。

身体に悪いコーヒーの飲み方に注意!美味しく飲んで健康になろう!

コーヒーにも飲み方が色々ありますね。

その中でも身体に悪いコーヒーの飲み方について書いていこうかと思います。

《 飲み過ぎはダメ! 》

コーヒーを飲みすぎてしまうと

「 クロロゲン酸 」という成分が蓄積されて脂肪を溜め込みます。

そのため

太ってしまうことがあります。

そしてカフェインの過剰摂取により

 カフェイン依存症 」を発症してしまうこともあります。

貧血や胃痛、自律神経の乱れが起こり日常生活を乱してしまいます。

なので

一日3〜5杯が健康的な量です。

それ以上は飲まないようにしましょう。

《 胃に何もないときはダメ! 》

カフェインには胃液の分泌を促進する効果があります。

なので空腹時にコーヒーを飲んでしまうと

胃に刺激を与えてしまい

胃が荒れる原因になります。

なのでコーヒーは食後に飲みましょう。

《 妊娠中の女性は要注意! 》

妊娠中にコーヒーを飲んでしまうと

摂取したカフェインが胎内の赤ちゃんにも同じく与えられます。

赤ちゃんにはカフェインを完全に分解する器官が備わってないので

不眠などに繋がってしまいます。

なのでなるべく飲まない

という方が赤ちゃんの為にもなります。

そして

妊娠初期は赤ちゃんに影響を及ぼしやすいので

特に注意しましょう。

妊娠中の方以外は ” 飲み過ぎ ” がよくないとされています。

飲み過ぎではなければ

健康になることもあるので健康のことを考えて飲むようにしましょう。

コーヒーについて、最後に。

コーヒは全てが悪いものではありません。

先ほども書きましたが

飲み過ぎがよくないだけ

身体に素晴らしい効果をもたらすこともあります。

ストレス解消だったり

二日酔いだったり

ダイエット効果

ガン予防

美容効果

そのほかにもたくさんの効果があります。

” 飲み過ぎ ” にはならないようにすれば効果も出ますので

くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。

そして

17

美味しいコーヒーを飲む為にも

保存方法や期間はきちんと守りましょう。

せっかくのコーヒーですから美味しく飲みたいですよね?

最後になりますが、保存方法、期間、そして飲みすぎに注意して

美味しくコーヒーを飲みましょう!