かかとのひび割れケアってどうしてる?ガサガサの原因は乾燥?対策は重曹?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

かかとが白くなってガサガサ・・・。

乾燥が原因ってきくけれど、乾燥する冬以外でも一年中ガサガサしているし、特に冬はひどくなってひび割れしてしまう・・・。

かかとのガサガサは、老いも若きも関係なく多くの女性の悩みですね。

かかとが荒れていると、人前で裸足になるのは恥ずかしいし、靴下はひっかかるしストッキングは伝染するし、泣きたくなるときもあります。

確かに、かかとのガサガサの原因のひとつは乾燥です。

でも乾燥以外にも原因があり、きちんと原因を知ることで効果的にケアすることができますよ。

かかとのひび割れの原因と知り、しっかり対策してガサガサかかととサヨナラしましょう。

スポンサーリンク
レフタリング大

かかとがガサガサになる原因と対処は?

かかとには皮脂腺がないため、もともと乾燥しやすい部位なんです。

さらに血液やリンパの流れも滞りがちなので新陳代謝が悪く、古い角質がたまりやすい。

加齢などで肌の再生能力が衰えると、さらに角質はたまりやすくなります。

また、皮膚はもともと外部からの刺激から体を守る働きをしますので、刺激を受けることの多いかかとは、かかとだというだけで実は硬くなりやすいのです。

乾燥して硬くなったかかとで足に合わない靴をはいたり、サンダルでこすれたりすると、かかとは刺激から皮膚を守るためにさらに角質を厚くして、足を守ろうとするんですね。

厚くなった角質層は水分を蓄えにくいのでさらに乾燥し、そこへまた刺激が・・という悪循環が生まれます。

どんどん厚くなった角質は白くガチガチになって、乾燥がさらに進むとひび割れを起こしてしまうんです。ひび割れると痛みを伴うこともありますので、こうなる前にケアしたいですね。

このような、主に乾燥や刺激が原因で皮膚が硬く白くなっている症状は「角化症」といいます。

「角化症」以外にも、水虫などの雑菌によってかかとが白く硬くなることも。

じゅくじゅくした水虫と違ってかゆみもないので気づきにくいそうですが、放っておくと指や爪に感染することもあるそうですので注意が必要です。

乾燥してガサガサになってしまったかかとのケアは、たまった角質を取り除くケアと保湿ケアの同時二本立てが効果的です。

保湿ケアを続けてみても一向に改善しない場合、水虫など他の原因が考えられるときは皮膚科を受診してみてくださいね。

ひび割れケアんはどんな方法がある?

すでに痛みを伴うひび割れができてしまっている場合は、その傷の手当が必要です。

乾燥した皮膚はバリア機能が低下していて感染を起こしやすいので、傷があって痛い場合は皮膚科を受診しましょう。

ガサガサがひどく角質が分厚くなっている場合は、ヤスリで削るのが最も即効性の高い方法です。

かかと専用のヤスリはドラッグストアや百均ストアで手に入ります。

ただし、やり方を間違えると健康な皮膚まで傷つけてしまったり、余計に皮膚を硬化させてしまうので、あくまでも緊急対策として採用してほしい方法です。

ふやけた皮膚をヤスリでこすると、必要以上に深いところまで皮膚を削り取ってしまう恐れがあるので、お風呂の中やお風呂上りにはヤスリは使わないようにしてくださいね。

ヤスリで頑固な角質を落としたあとや、中程度のガサガサには、徹底した角質ケアと保湿が効果的。

徹底した角質ケアと保湿

ニベアやワセリンでもOKですし、市販のクリームでも尿素配合のものやビタミンE配合のものを選ぶとよいでしょう。

尿素には、角質をやわらかくする働き、ビタミンEには血行をよくする働きがあります。

ただ尿素は傷がある場合はしみることがあるので気をつけて。

保湿後、ラップを巻いて15分くらいパックをするのもおすすめです。

また、外部からの刺激対策として、なるべく靴下やルームシューズを履いて過ごしましょう。

新陳代謝を高めるために、体を冷やさないようにすることも大切です。

効果絶大!重曹を使ったケアいろいろ!

お掃除などで使われる「重曹」が、ガサガサかかとケアの強い味方なのはご存知でしたか?

重曹は人体に無害で安心して使えますし、ドラッグストアでも手軽に手に入ります。

また常温では安定した物質なので長期保存も可能な優等生なのです。

さっそく、かかとケアでの使い方を紹介します。

重曹でかかとケアする方法

手軽なのは重曹を入れたお湯での「足湯」。

洗面器にお湯をはり、重曹を小さじ2程度混ぜて、15分足湯します。

足をやさしくなでると角質がとれてきます。

足湯は全身を温めてくれますので冷え対策にもなり、代謝アップも期待できますね!

続いて「重曹スクラブ」

重曹大さじ1と水小さじ1をボウルなどの中で混ぜるとシャーベット状のスクラブの完成。

薄手の布やブラシで、クルクルと優しくかかとをこすります。

乾燥が気になる場合は、水の代わりに植物性オイルのオリーブオイルを使ってもOK。

出来上がったスクラブにホホバオイルを少量加えてもよいそうです。

重曹とお湯をペースト状になるように混ぜて「重曹パック」もできます。

かかとを覆うように塗ってゆっくりとマッサージしてから十分に洗い流します。

ただ、重曹は水に溶けない性質で細かい粒子となりますので、手荒れしやすい方は手袋を着用してくださいね。

重曹には足のニオイを抑えるはららきもあるんですよ。

一石二鳥ですね。

重曹を使ったケアのあとは、クリームやワセリンなどでの保湿ケアも忘れずに。

あきらめないで!こまめなケアでツルツルかかとを目指しましょう!

かかとのガサガサ、ひび割れは女性にとって悩みの種。

頑固な角質のケアは大変に思うときもありますが、ツルツルのかかとになれれば気持ちも明るくテンションも上がりますよね。

ストッキングの伝線やひっかかりともサヨナラできるし、見た目も美しい素足になれます。

足湯にお気に入りのアロマオイルをたらしたり、マッサージでリラックスしたりと、工夫して楽しみながらケアするのが続けるポイントです。

ぜひ試してみてくださいね!