洗濯で残った血液シミをキレイに落とす方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

洗濯物を干していて「アラ?このシミは一体?」と落ちなかったシミに気づいてガッカリすること、ありますよね。

いろんなシミの中でも特に血液のシミは落ちにくく、通常の洗濯だけでなかなかキレイにならないことも多いです。

元気な男の子はちょっとくらい擦り傷を負っても平気で遊んで帰ってきたりしますから、気がついた時には乾いた血液シミがバッチリ残って洗濯では落ちないこともあります。

そこで、頑固な血液シミをキレイに落とすコツや方法をご紹介します!

スポンサーリンク
レフタリング大

【血液シミは「早めに応急処置」→「洗濯」で落ちやすい】

シミ全般にも言えることですが、血液シミもついてすぐに水ですすげばキレイに落とすことができます。

服に血液がついてしまった時にすぐに気づいて対処できる場合は、水洗いができる素材であればすぐに水ですすぎます。

出先などですぐに洗うことができない場合は、濡らしたハンカチでシミをついた側から叩いて、血液をハンカチに移しておくと応急処置になります。

この応急処置をするだけでそのあとのシミの残り具合がまったく違います。

できるだけすぐにその場でできるだけ血液を取り除くことが大事です。

応急処置の後、できるだけ早めに通常の洗濯をするだけでキレイになる場合もあります。

ここで気をつけたいのが、お湯ではなくて水で洗うこと。

血液の中に含まれるたんぱく質はお湯に触れると凝固するので落ちにくくなるんです。

服についてから時間がたった古い血液は凝固してしまい、ただ水で洗うだけでは落とすことができません。

でもあきらめることはありません!

洗濯しても落ちなかった血液シミや、しばらく放置してしまった血液の汚れを落とすときには酵素の力を借りれば大丈夫です。

【ガンコなシミの落とし方!】

おうちでも血液のシミ抜きをする方法がいくつかありますが、まずは水洗いできる素材かどうかを確認しましょう。

もしも水洗いができない素材の服であれば、クリーニング店にお願いしましょうね。

水洗い可能な素材であれば自分で染み抜きができます。

洗濯用の市販の漂白剤か消毒用のオキシドールがあれば、まずそちらを試してみましょう。

塩素系漂白剤や還元系漂白剤はNGです。服の柄やもともとの色まで落ちてしまう上、繊維を痛める可能性も高いです。

シミの部分に漂白剤を塗布してしばらくつけておき、そのあと水ですすぎます。

あとは他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗っても大丈夫です。

漂白剤の代わりになるものもいくつかあります。

意外なものが血液シミに効果があるので試してみてくださいね。

どれも漂白剤を使うときと同じようにつけ置きしてからすすぎ、そのあと普通に洗濯します。

マジックリン

マジックリンにはたんぱく質を分解する酵素が入っているので、血液シミを落とすのにも効果があります。

また、強いアルカリ性であることもタンパク質汚れを落とすのに効果的です。

重曹・アルカリウォッシュ

タンパク質の汚れを落とすにはアルカリが有効で、重曹やセスキ炭酸ソーダは弱いアルカリ性のため効果を発揮します。

重曹はふだんの洗濯でも洗剤と一緒に入れると洗浄力がアップするので、ふだんから用意しておいてもよいですね。

大根おろし

なんと大根で血液シミが落とせるとは驚きですが、大根にはたんぱく質を分解する酵素が含まれているので、血液の染み抜きにも一役かってくれるのです!

大根おろしをガーゼに包み、シミの部分にポンポンと叩くように馴染ませてシミを取ります。

汚れの範囲が大きいときは、大根おろしを桶の中で揉みこんでいくとよいです。

【早めの対処で落としやすく!家庭にあるもので効果的に染み抜き!】

シミはつけたときにすぐに対処するとたいていはキレイにすることができますので、できるだけ早めに応急処置ができるとベストです。

応急処置をしていても完全にはキレイならなかったシミや古くなって固まってしまった血液シミは、酵素やアルカリの力を借りて染み抜きしましょう。

漂白剤などを塗布するときは服を傷ませないように、こすらずにやさしく馴染ませてください。汚れがひどい時はつけ置き時間を少し長めにするとよいそうですよ。

色柄物の場合は、どうしても染み抜きした部分の色があせる可能性もあるので、大切な衣服の場合は無理をせずプロのクリーニングにお任せしたほうがいい場合もありますね。

ガンコなイメージの血液シミにも落とす方法はありますので、状況や服の素材に合わせて染み抜きし、キレイに復活させてあげましょう!