2人目の子供が欲しいけど不安で躊躇しちゃうママへのアドバイス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1人目の育児も落ち着いて、そろそろ2人目が欲しいなぁと思うことありませんか?

ですが、欲しいと思っても、楽しいだけじゃない妊娠生活が始まると思うと、いまいち勇気が出ず踏み出せない・・・。

そんな風に思っちゃうママさん達が多いのではないでしょうか^^;

今回はそんな悩んでいるママたちへ、色んなママたちの経験談を紹介しようと思います!

スポンサーリンク
レフタリング大

■すごく悩んじゃうなら産むべき!兄弟の年齢差があっても大丈夫な理由

みなさん、子供の理想の年齢差ってありますか?

これには、色々な意見があります。

年子は一気に育児が終わるし、2歳差がいいという意見が多いかなと思います。

私も結婚した時、実際は4人欲しいけど、現実的に3人かなとよく話していました。

そして我が家の現在ですが、子供が4人います(笑)

それまでの経緯をお話しますよー。

30代で子供が4人だと・・・!

【我が家の紹介】

パパ  34歳

ママ  34歳

長女  13歳

長男  11歳

次女  8歳

三女  2歳

こんな感じです。

長女と三女は10歳差になりますが、とっても楽です(笑)

3人目と4人目の時に差があるのは、一度は3人で終わりだ!!と諦めていたからです。

でも、諦めきれなくて、何度も何度も2人で話し合いました。

上の子たちのこと、今のペースが全て変わること、お金のことなど、諦めたり決心したりの繰り返しで^^;

でも、私たちは今まで3人を育ててきた!

4人目を産むとなると、もっと大変になるかもしれないけど、きっと大丈夫!!

夫婦で鷹をくくって、4人目を産む決意をしました!!

上の子たちにも、赤ちゃんが出来たことを伝えると、リアクションは様々でした。

またパパとママを取られるし、赤ちゃんなんていらない!と言った長女。

弟がいい!でも妹でもいい!と、マイペースだった長男。

お姉ちゃんになることを心の底から喜んだ次女。

私たちが一番気にしたのは、長女です。

一番寂しい思いをさせてたんだな。と、気づきました。

ショックだったし、とても反省しました。

私たち親には、もっとやらなければいけないことがあるのを肝に銘じて、妊娠生活をスタートさせました。

やり残しを無くしてみた

4人目妊娠は、上3人の妊娠生活でやり残したことを、すべてやり切りました(笑)

もちろん不安な気持ちもあり、大丈夫かな?と考え込んだ日もたくさんありました。

ですが、いざ出産してみると、嫌がっていた長女は三女をこれでもかと溺愛し、長男も次女も三女を奪い合い、みんなが三女の誕生を喜んでくれました♪

今では長女は、オムツ替えもお風呂も何でもこなす小さなママになっています^^

上3人と年齢差があるので、久しぶりの赤ちゃんとゆっくり関わることが出来たし、家族みんなで子育て出来たと思います。

何歳差になろうが、悩んで悩んで決断して良かったの一言です!!

■躊躇するのは悪阻の他にも大変なことがいっぱいあるから!でも「産んで良かった」の声も多いよ

妊娠生活は楽しいことばかりではありません。

つわりや妊娠中毒症、上の子のお世話、陣痛などなど。

特につわりと陣痛が・・・という人は、多いのではないでしょうか。

辛いですもんねぇ><

目の前に美味しそうなものがあっても食べられない!!むしろ、気持ち悪くて見たくもない!!

陣痛を味わうなんて、2度とごめんだ!!

こんな声がいっぱい聞こえてきそうです(笑)

妊娠出産は、女の人にとってほんと試練です

乗り越えた時の喜びは、言葉に出来ないくらいの感動がありますが^^

私は一人目の時から、陣痛早くこーい!!と待ち望んでいました。

だって、陣痛が来ないと赤ちゃんに会えないから!

そりゃ死ぬほど痛かったです><

でも2度と味わいたくないとは思わなかったです。

わたしは変態ではありません(笑)

これが母になる第一歩なんだぁって、思ってたらドーンと構えてられました!

みなさんも参考にしてみてください。

私の周りには、4人の子持ちが多いですが、みなさん口を揃えていいますよ!

「大変だけど、ほんと産んで良かった!!」

って^^

私も心から思います。

不安もたくさんあるけど、4人産んでさらに家族が一つになったし、6人が笑って過ごせる毎日が本当に幸せです!!

「案ずるより産むがやすし」

これは本当です。

まとめ

私の体験談でしたが、少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

世の中がもっと子育てしやすくなれば、悩みも少し減るんですけどね^^;

夫婦でよく話し合って、家族みんなで幸せになりましょう♪