1歳児の室内遊びは何をる?飽きさせないで雨の日を過ごすには

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

寝てばかりいた新生児時代を過ぎて、赤ちゃんも1歳にもなればグッと活動的になり、遊び方も増えてきますよね。

1歳を過ぎれば体力もついて、昼夜の生活リズムもだいぶ整ってきます。

昼間にたっぷり遊んでいれば、夜もぐっすり眠れるようになるのですが、雨の多い時期は外遊びができないので、おうちの中でママと遊ぶ機会が多くなります。

でも、家の中でできる遊びは限られていて、雨の日が何日も続くと遊びもネタ切れで子どもが飽きちゃって困る・・・というママもいるのでは?

「今日も雨・・・何して遊ぶ?」と頭を悩ませているママへ、マンネリ化しがちな1歳児との室内遊びを紹介します!

いつもの遊びにちょっとした工夫をしたり、おうちにあるもので簡単に手作りできる遊び道具をいくつか紹介しますね。

スポンサーリンク
レフタリング大

【室内で幼児が遊べるのには何がある?】

まずは、特に道具は必要なし!体ひとつで遊べる遊びから。

「かくれんぼ」や「いないいないばあ!」などは定番の遊びですが、思い立ったらすぐできる道具のいらない遊びですね。

かくれんぼがうまくできないようなら、「待て待て~」と追いかけっこするのも子どもは喜びます。

ママの体をアスレチックに見立てて、足を広げてトンネルを作ったり、膝から下を滑り台にしたりして体を使って遊んでみましょう。

そんなことは毎日やってます!という声がきこえてきそうですね。

もし家の中に段ボールがあれば、段ボールでトンネル遊びをするのもおすすめです。段ボール以外でも、たたんだ布団や重ねたクッションなどを利用して身近なものをおもちゃに変えてしまいましょう。

音楽に合わせて体を動かすのは「リトミック」

「ダンス・手遊び」も定番ですが、特に音楽に合わせて体を動かすのは「リトミック」といって子どもの成長によい効果があると注目されています。

教育番組やCDに合わせて一緒に体を動かすと、リズム感が養われ、運動能力も上がるそうですよ!

「ふうせん投げ」なら外でボール遊びができなくても、室内で遊べます。

やわらかい室内専用のボールをひとつ用意しておけば、家の中でもボール遊びができますね。

1歳くらいになれば、ものを放り投げることができるようになってくるので、初めはコロコロ転

がしたりして遊び、投げられるようならやさしくキャッチボールをしてみましょう。

スーパーボールもなかなか面白いです。よく弾むのでどこへ行ったかわからなくなったら親子でボール探しをするのもいいですね。

スーパーボールはお口に入ってしまうような小さなものは避け、少し大きめのものがよいでしょう。

「お絵描き・粘土遊び」も1歳児は大好きです。

1歳をすぎると指先も少しずつ器用になり、ものをつまんだりちぎったりできるようになってきます。

始めは形や意味のあるものを作ったりすることはしませんが、大人の真似をするのが大好きなので、ママが「うさぎさん」や「車(ブーブー)」を描いて見せてあげるとそのうち真似して描くようになるかも!

クレヨンにも、最近は水で落とせるものや赤ちゃんの口にはいっても安全なものがありますので、大きめの紙に思う存分お絵描きするのもいいですね。

粘土は、3歳くらいまでは小麦粘土が安心です。

小麦粉400グラムにサラダ油2滴、塩を少々加えて、適量の水でこねると小麦粘土のできあがりです。

「パズル・しかけ絵本」は子どもの好奇心をくすぐり、手先を使って遊べる玩具ですね。

つまむ、ひっくり返す、はめ込む、めくる、ひっぱる、など子どもができるようになってきた動作を活かして遊べます。

また、だんだん記憶力が育ってきて、考えて何かをする様子も出てくる時期ですので、子どもの成長がうかがえてママも楽しめると思います。

それでも毎日毎日の子どもの相手で、ちょっとストレスがたまってくることもありますよね。

そんなときは「紙ビリビリ遊び」がおすすめです!

ハサミはまだ早い1歳児でも、紙をちぎったりやぶったりすることはできるようになってきます。

紙を破くという動作は、大人子ども関係なく、ストレス解消のよい手段なんですよ。

一緒に思いっきり紙をビリビリに破って、紙吹雪を楽しんでみるのもよいと思います。

後片付けがちょっと大変なのが気になりますが・・・。

【ポイントは「体を動かす」「手先足先を使う」】

昼間に体を使った遊びをして体力を消耗すると、昼寝も夜も寝つきがよくなる傾向がありますので、短い時間でも一緒に体を動かして遊んであげると結果的にママがラクに過ごせることも多いです。

かくれんぼや鬼ごっこはまだできないなあ、という場合でも、「こちょこちょ~」と手足をくすぐって笑わせてあげる遊びでも、けっこうなエネルギーの消費になりますよ。

「笑い」は大人子ども関係なくエネルギーを程よく消費させ、ストレス解消にもつながるので、親子でいっぱい笑ってみてください。

また、手先を使う遊びは脳のはらたきによいと言われています。

お絵描きやパズルの静かな遊びでも、実はけっこうエネルギーを使うので、程よく疲れてよい眠りに導いてくれますよ。

家の中はどうしても飽きてしまった、という場合は、地域の児童会館や子育てサロンなど、開放型の施設を利用するのも新鮮味があってよいですね。

【雨の日ならではを遊びを用意して、ママも一緒に楽しめる遊びをしよう!】

1歳児の成長は心身ともに著しく、日に日にできることが増えていきますね。

こんなこともできるようになったのね!という喜びを、親子の遊びを通して感じられるとママもきっと楽しめると思います。

定番の室内遊びでも、使う道具をちょっと工夫すると、子どもは思いのほか新鮮に感じて好奇心がグイグイ刺激されるかもしれません。

雨の日が続くと憂うつな気持ちになることもありますが、雨の日ならではのとっておきの遊びをいくつか用意しておくと、「今日はこの遊びができるチャンス!」と前向きな気持ちになれますね。

ぜひお子さんと一緒になって、いろいろな室内遊びを楽しんでくださいね。