ピーマン・パプリカをプランターで育てる方法・栽培!パプリカには雨よけを!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今年は「ベランダで家庭菜園にチャレンジしよう!」と新しいことにチャレンジする人もいるでしょう。

ベランダや、お庭で少しでも野菜が採れれば節約にもなりますからね!

そんな、家庭菜園初心者さんには、ピーマンやパプリカがオススメですよ。

比較的簡単に育てることができるし、丈夫に育つので初心者でも簡単!

今回は、ピーマンやパプリカの育て方や、注意点をまとめました。

スポンサーリンク
レフタリング大

■ピーマン・パプリカの育て方!追肥&一番花を摘み取ればOK

ピーマンとパプリカは、両方アマトウガラシに分類され、果肉の厚さと味、見た目に違いがあります。

ピーマンは、緑色のシシ型で苦みがあります。

パプリカは、黄色や赤色、オレンジとカラフルのベル型で甘みがあります。

少し違いがある2つですが、育て方はほぼ同じなんです。

初心者向けに、市販されている苗から育てる方法を紹介します。

苗選びのポイントは、

・花や蕾がついているもの。

・病気や虫がいた痕跡がないもの。

・節の間が短く、幹がしっかりしていて太いもの。

を選ぶことです。

プランターの大きさは、深型で15L~25Lのサイズを準備して下さい。

大きなプランターに複数の苗を植えたいとこですが、その分土も大量に使うし、手際よく栽培するために、まずは1つの苗から始めてみましょう。

ピーマンは、水分が大好きですが加湿が嫌いです。

ベランダに置く際は、エアコンの室外機の前は避けて下さい。

加湿のしすぎを防ぐために、土の下に軽石や発泡スチロールを細かく砕いたものを敷くといいです。

パプリカも同様に植え付けして下さい。

追肥や脇芽の摘み取りが重要

ピーマンもパプリカも、長くいい実をつけるためには追肥や脇芽の摘み取りが重要です。

肥料も多くあげれば育つわけではありません。

苗の状態をよく見て、肥料の量を見極めることが大事です。

難しい方は、2週間に一度追肥してください。

水やりは、乾燥した時にたっぷり与えて下さい。

一番花とは、その名の通り一番に咲いた花のことです。

花が咲いたら、株を大きくするために摘み取ってしまいます。

株が小さいうちに実がついてしまうと、その苗は成長を止めちゃうらしいです。

収穫量を望むなら、必ず摘花して下さい。

そして、一番花より下にある脇芽も全て摘み取りましょう。

脇芽は摘み取らないと、どんどん枝分かれしていくので、1つの実が小さく収穫もしづらくなります。

■色をつけるなら完熟させよう!雨でダメにしないように注意

ピーマンは、花が咲いてからおよそ15日~20日、パプリカは40日~50日で収穫可能になります。

ピーマンもパプリカも実が付き始めの頃は、緑色をしています。

完熟する前に収穫するため、ピーマンは緑色をしているんですね。

反対に、パプリカがカラフルな理由は、実がついてからじっくり完熟させ収穫するからなんです。

ピーマンも放っておくと色がついてきますが、これはカラーピーマンと呼ばれ、パプリカとは別物です。

パプリカやピーマンの花は、雨に当たると落ちやすいので、雨よけを作ってあげないといけません。

支柱を交差してビニールをかけるか、プランターを移動させましょう。

移動できるのは、プランター栽培の醍醐味ですね。

<豆知識>

ピーマンは可愛そうなことに、子供たちから嫌われています。

かくいう私も、ピーマン+肉などしないと、ピーマンだけは苦手です^^;

そんな子供たちには、パプリカがオススメですよ。

見た目はカラフルで可愛いですし、パプリカの方が主にビタミン類の含有量が高いらしいです。

ピーマンも、血液さらさらにしてくれるなど、パプリカに負けない栄養価があるんですけどね。

面白いことに、パプリカは色ごとに栄養素が違うんですって!

みなさん気になる美白や美肌には、ビタミンCやルテインが豊富な黄色のパプリカが効果的ですよ。

毎回買うのもって躊躇する方は、ぜひ自家栽培してみてはどうでしょう。

まとめ

・ピーマンもパプリカも加湿のしすぎは避ける

・株を大きくするために、一番花は摘花する

・2週間に一度追肥を行い、苗の様子をチェックする

・パプリカはじっくり時間をかけて完熟させる

・花が落ちやすいため、雨が当たらないようにする

慣れたら、ピーマンとパプリカを同時進行で作って観察するのも面白そうですね。

私もピーマンを食べれる大人になります(笑)