洗濯槽のお掃除!見えない部分にカビだらけをなくす方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

洗濯機の洗濯槽定期的なお手入れしてますか?

せっかく洗った洗濯物にカビの胞子や雑菌、ニオイが残らないように洗濯槽もいつもキレイにしておきたいですよね。

でも、いざ洗濯槽の掃除をしようと思い立ったとき、どのクリーナーを買うべきか迷ってしまうこともあるでしょう。

市販のクリーナーには、メーカーの違いのほか塩素系と酸素系の違いもあり、それぞれ効果や注意点が異なります。

洗濯槽クリーナーの選び方や使い方を、洗濯槽の掃除がはじめての方にもわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク
レフタリング大

【洗濯槽の掃除方法は?頻度・方法は?ゴミ取りネットは外すんだよ】

洗濯槽を清潔に保つには、月に一度のお掃除がおススメです。

洗濯は多い家庭では毎日行うものなので汚れは溜まっていくのですが、洗濯槽の裏側のカビ汚れは表面からは見えにくいものです。

毎月10日とか給料日とか、洗濯槽の掃除をする日を決めておくといいですね。

お風呂の残り湯を洗濯に利用している場合は、お風呂場にカビが生えていたら洗濯槽もカビだらけだと思ったほうがいいかも。

お風呂のカビ取りと洗濯槽の掃除をワンセットで行うようにするのもいいですね。

さて、洗濯槽の掃除方法ですが、市販されている洗濯槽専用のクリーナーを使うのが最も手軽です。

クリーナーのほかに、雑巾と歯ブラシなども用意しましょう。

洗濯槽クリーナーを投入する前に、洗濯機の「見える部分」を徹底的にキレイにします。

洗濯機の種類によって違いもありますが、ゴミ取りネットや洗剤投入ケースは取り外せることが多いです。

特にゴミ取りネットは洗濯槽の掃除の前に外して、中のゴミをきれに取り除いてください。

プラスチックの部品部分に汚れがこびり付いている場合は歯ブラシを利用して掻き出します。

ゴミ取りネットの装着場所も汚れている場合は、硬く絞った雑巾できれいに拭っておきましょう。

見えない部分を掃除する前に見える部分の汚れを取り除いておくことで、よりキレイにすることができますよ。

見える部分の掃除が終わったらいよいよ洗濯槽クリーナーの出番です。

【酸素系?塩素系?どっちの漂白剤を使えばいいの?重曹は使える?】

市販されている洗濯槽クリーナーにはカビキラーやハイターなどがありますが、買うときに気をつけたいのは「塩素系」「酸素系」の違いです。

実は、洗濯槽にこびりついている黒カビをこそぎ落とすには「酸素系」が向いています。

「塩素系」もカビ汚れを落とすことができますが、どちらかというと「殺菌」の効果が高いのです。

黒カビを根こそぎ除去したい場合は酸素系を選びましょう。

クリーナーの使用方法をよく読み、その通りの使用します。

一般には、洗濯機に高水位までぬるま湯を張り、その中に直接クリーナーを投入して2、3分運転し、そのまま数時間放置したあと排水してさらに2、3回すすぐという行程です。

40℃から60℃のお湯を使うと洗浄力が増すので効果的ですよ。

数時間放置している間にはがれた黒カビが洗濯槽に浮いてきますので、ネットなどを利用してすくい取ってください。

そのまま排水してしまうと詰まりの原因になるのできちんと取り除きましょう。

酸素系も塩素系も、基本的な使い方は同じですが、塩素系と酸素系を混ぜると有毒ガスが発生して危険ですので、絶対に混ぜないようにしましょう。

パッケージにも「まぜるな危険」って書いてありますよね。

適度に換気も行ってくださいね。

市販のクリーナー以外では、重曹が使えます!

重曹は炭酸水素ナトリウムのことで、アルカリ性の性質をもっています。

このアルカリ性が酸を中和したり汚れを分解したりしてくれるんです。

消臭効果もあるので洗濯槽のニオイが気になる場合もオススメです。

ただし重曹の量が少なすぎると効果が減少するし、多すぎると溶け残ってしまいます。

洗濯槽の高水位までためた水に対して1カップが目安です。

【キレイな洗濯槽を保つためには?】

はじめて洗濯槽を掃除したときに、予想以上の黒カビが浮いてきてビックリしたという方は多いです。

でも何度か繰り返すうちに、徐々に出てくるカビの量も減ってくるようですね。

汚れが溜まらないうちに次のお掃除を・・・という感じで定期的に行うのがベストです。

カビ、ニオイ、雑菌など落としたい汚れのターゲットによって酸素系と塩素系を使い分けるのも効果的。

専用クリーナーは3ケ月ごとにして普段は重曹を使うなど、使い分けも工夫することができそうですよね。

また、洗濯機の中は常に湿気で満ちていますので、洗濯後はフタを開けて乾燥させておくことも大切です。

洗濯物をすぐに干さずにそのまま洗濯機に入れたままにしておくと、カビや雑菌の大量発生を許してしまいますので気をつけてくださいね!

お風呂の大掃除とセットにする、月に一度洗濯槽の掃除日を決める、など習慣づけをしてキレイな洗濯槽で気持ちよくお洗濯したいですね!