諏訪湖の花火「サマーナイトファイヤーフェスティバル」日程と時間は?おすすめスポットと宿!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

諏訪湖の花火デート!ってロマンチックですよね。

諏訪湖の名物花火に「サマーナイトファイヤーフェスティバル」があります。

行きたいけど何時から始まるのかわからない!おすすめスポットや、どこに泊まるのが花火を見るのに最適なのかわからないという方もいるかもしれません。

そこで!

この記事では、サマーナイトファイヤーフェスティバルの詳細と外で見るおすすめスポット、花火を見るのにおすすめできる宿をご紹介します。

花火デートをより楽しみたいという方は是非、この記事をご覧ください。

スポンサーリンク
レフタリング大

花火の時間は何時から?外で見るおすすめスポットは?

まずはサマーナイトファイヤーフェスティバルの詳細について見ていきましょう。

サマーナイトファイヤーフェスティバルの日程

諏訪湖サマーナイトファイヤーフェスティバルは、2018年7月22日(日)から8月15日を抜いた8月26日(日)までの日程となっています。

1日で終わるわけでは無く、長く楽しめる花火になっています。

しかも、日曜日に打ち上げてくれるのはうれしいですよね。

時間は毎晩20時30分から約15分間約800発を打ちっぱなしです。

15分間で800発もの花火を打ち上げるイベントが7月22日から8月26日まで毎晩行われるので毎日楽しめます。

場所もチェックしておこう!

会場は、長野県諏訪市湖畔前の諏訪湖の上で行われます。

電車で来られる場合は、JR中央線上諏訪駅で下車して徒歩8分で着きます。

自動車で来られる場合は、中央道諏訪ICより自動車で15分で着きます。

当日は、小雨決行で、もし天気荒れるほど降ったのであれば中止になるとのことです。

入場料も無料なので気軽に行けますね。

注意点もあるよ

注意すべきなのは、近隣施設店舗への駐車はしないこと、小型無人飛行機(ドローンなど)の持ち込みや飛行、イベント専用の駐車場はないことです。

他人に迷惑をかけてしまうことはやめないといけないですね。

サマーナイトファイヤーフェスティバルを見るにあたっておすすめのスポット

まずは、高ボッチ高原です。

花火はやや遠くなり自動車で行く方におすすめですが、人ごみが少なめなので落ち着いてみることができます。

花火が少しくらい遠くてもゆっくり見たいですよね。

次に立石公園です。

ここが一番おすすめできる場所であり、きれいに花火を見ることができます。

ただし、自動車でいった方が行きやすいです。

宿に居ながら花火をみよう!オススメの宿

サマーナイトファイヤーフェスティルを見るにあたっておすすめの宿をご紹介します。

まずは「上諏訪温泉ホテル紅や」です。

人気のあるホテルの一つなので、かなり早めに予約を入れないと部屋が埋まってしまう恐れがあります。

ホテルの場所が諏訪湖の真ん前なので部屋からでもかなりど迫力な花火を楽しむことができますね。

また、ここでは上諏訪の温泉を楽しめるので、花火だけでなく温泉も楽しめるホテルになっています。

次に「双泉の宿 朱白」です。

このホテルも諏訪湖の真ん前にあり、様々な種類の温泉を楽しむことができます。

連絡を入れる必要がありますが、送迎もしてくれるので、安心できますね。

また、娯楽施設や喫茶店、バーなどもあるので花火が終わったらそれらの施設で夜を満喫することができます。

より良い花火デートにしよう!

サマーナイトファイヤーフェスティバルの日時や詳細、おすすめスポットからオススメの宿などをご紹介しました。

なかなかホテル探すのは大変だな、どこで花火を見たら良いだろうと悩む方も多いと思います。

この記事で上げたスポットやホテルならきれいに花火を見ることもできるのでオススメできます。

サマーナイトファイヤーフェスティバルの概要を把握し、おすすめスポットかオススメの宿で楽しい花火を楽しんで下さいね。