京都五山送り火のおすすめ見物場所!アクセス方法も確認

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

京都の有名な夏のイベントと言えば!

「京都五山送り火」があります。

このお祭はなに?という方は少ないでしょうが、簡単に解説も踏まえながらアクセス方法も紹介していきますね。

スポンサーリンク
レフタリング大

京都五山送り火とは?について解説します

京都五山送り火とは、夏の夜空に点火されて浮かび上がる五山の送り火で、祇園祭とともに京都の夏を代表する行事の一つです。

この送り火は、東山如意ケ嶽の「大文字」が良く知られていますが!

そのほかにも金閣寺附近の大北山(大文字山)の「左大文字」や松ケ崎西山(万灯籠山)、東山(大黒天山)の「妙法」、西賀茂船山の「船形」および上嵯峨仙翁寺山(万灯籠山・曼荼羅山)の「鳥居形」と種類が多くあります。

「五山」というだけあり、5つの山で文字を作っていくのは圧巻です。

これらは8月16日の夜に、間をおかずして点火されます。

この5つの山で行われる送り火を総称して「京都五山送り火」と呼ばれているんです。

京都五山送り火の見どころは?時間帯は何時がいい?

京都五山送り火について勉強したところで「見どころ」も確認していきましょう!

京都五山送り火を見に行く場合に、優先していくのは「大文字」の送り火だと思いますが、他にも「妙法」「舟形」「左大文字」「鳥居形」の4つがありますので是非とも全部見て回りたいですね。

場所によっては多くの送り火を観賞できることが出来ます。

京都タワーや北大路通り、虚空蔵法輪寺などは同時にたくさんの送り火を観賞できます。

一度に多くの送り火を鑑賞できることは魅力ですが、場所によっては「バチッ!バチッ!」と迫力ある燃える音や、物悲しいような音は聞こえません。

有料になっているケースや、同時に鑑賞できるために人も混み合います。

ゆっくりと鑑賞したい人には、じっくりと1~2つの送り火を見て周るのがオススメです。

銀閣寺道や京都御苑などであれば、落ち着いて見れると思います。

スケジュールは?

時間は、2017年度のものですが、大文字が20:00から始まって最後の鳥居形松明が20:20に行われました。

20分程度の間に次々と送り火が始まります。

各々、約30分程度点火さていますので、20時~21時ごろまでは鑑賞できるようになっています。

どのくらいに行けばいい?

最初から多くの送り火を見たいのであれば、

2時間以上前には京都タワーなどの観賞スポットで待機をします。

複数個所もそうなんですが、人気のスポットの場合は早い時間から混み合います。

少なくとも1時間前にはいておきたいですね。

じっくり1つの送り火を見たいのでも、早めに観賞スポットに着いているようにしましょう。

アクセス方法は電車?車?駐車場はあるの?

無料で停められる駐車場について調べてみたのですが、残念なことに無料駐車場や臨時駐車場なるものはなかったみたいです。

他の花火大会と違って駐車場は用意してくれないみたいですね。

しかし公式な駐車場ではないですが、イオンモール京都五条などの駐車場が広く止めやすくはなっています。

平日3時間まで無料であり、忙しい時期は2時間まで無料なので停められそうですね。

無断駐車厳禁ですよ!

何で行くのがいい?

アクセス方法として自動車でもいいのですが、渋滞や駐車場満車になってしまった場合のことを考えると、電車の方が移動しやすいです。

・自動車の場合は、名神高速道路から京都南ICより約20分で京都東ICより約30分です。
・電車の場合は、JR大阪駅からJR京都駅まで行き、新快速で約30分となります。

京都五山を満喫しよう!

京都五山送り火の概要や見どころ、何時に見た方がいいのか、アクセス方法などをご紹介しました。

行ってみると夏の風物詩を感じられる良いお祭りだと思うので、是非とも行ってみて夏の思い出の一つにしてみてはいかがでしょうか。