日焼けのかゆみがひかない!いつまで続くとヤバイ?赤みがひかないときの治し方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

うっかり日焼け止めを忘れてアウトドアレジャーに出かけてしまい、日焼けして真っ赤になってしまった経験ありませんか?

急激に紫外線をあびた肌が真っ赤になって熱をもって、おまけにかゆみや痛みが出てきて夜も眠れない・・・。

痛みはないけどいつまでも赤みがひかなくて心配・・・。

日焼けしてしまったあとのつらい症状は、自宅でのセルフケアで緩和することができます。

でも、症状によってはすぐに皮膚科を受診したほうかよいケースもありますし、間違ったセルフケアでかえって悪化させてしまう恐れもあります。

日焼けしたあとのかゆみや赤みの対処法や、その後の日焼け対策について紹介していきますね!

スポンサーリンク
レフタリング大

【日焼けの赤みがひかない時にはオロナイン!】

日焼けはやけどの一種だってこと、ご存知でしたか?

火や熱で被るやけどではありませんが、紫外線による日焼けもやけどと同じなんです。

日焼けで赤くなった状態を「サンバーン」といいます。

肌が赤くなって軽くヒリヒリするのは、皮膚が炎症を起こし、赤く熱をもっている状態。

患部は水分を失って乾燥し敏感になっているので、服がこすれただけでも痛みを感じたりします。

日焼けで真っ赤になってしまった時のケア

真っ先に行うべきケアはとにかく「冷やすこと」

火や熱湯でやけどした場合もすぐに流水で冷やしますよね。

日焼けも、まずはよく冷やしてほてった皮膚から熱をとり、炎症を抑えるのがベストです。

冷たいシャワーを浴びるのが難しい場合は、冷やしたタオルで日焼けした部分を覆ったり、アイスパックをタオルで包んで数分間あてるのでもOK。

このときタオルで皮膚を刺激してしまわないよう気をつけて。

ほてりが治まったら、次は十分に保湿します。

やけどの患部は水分を奪われて乾燥していて、そのままにしておくとかゆみが出たり、後々シワになってしまったりします。

保湿成分配合の化粧水をたっぷり使って保湿しましょう。

日焼け直後の肌への刺激にならないよう、ビタミンC誘導体配合の美容液などは避けて、できるだけ敏感肌用の低刺激の化粧水を使うようにしてくださいね。

冷やす→保湿の順にケアしたら、ワセリンでさらにフタをするように保護するといいですよ。

日焼け後の炎症の悪化や化膿を防ぐためには、オロナインが効果的です。

オロナインは非ステロイドの軟膏で、患部に対して殺菌・消毒の効能があります。

日焼けした肌は、乾燥によりバリア機能が低下していて、感染しやすい状態になっています。

オロナインの説明書に「日焼け」に効くとは書いてありません「軽いやけど」に効くと書いてあります。

一般的な日焼けのサンバーンは「軽いやけど」ですから、オロナインの出番なんですね!

ただし、ひどい日焼けで水ぶくれや湿疹ができてしまっている場合は、オロナインは逆効果。

かえって悪化させてしまう恐れがあるので使えません。

水ぶくれや湿疹ができている場合は、皮膚科を受診しましょう。

赤みやほてりだけの日焼けなら、個人差はあっても通常は3日程度で症状は治まるそうです。

赤いみがひくまでの間は、さらに紫外線を浴び続けないようにすることも大事。

1週間以上ヒリヒリしていたり、赤みがいつまでもひかない場合も皮膚科専門医に相談してくださいね。

【かゆみが続くとヤバイかも?】

日焼けすると、赤みと同時にかゆみが出ることもありますね。

やけどによって皮膚が炎症を起こすためにかゆみが出たり、乾燥によってかゆくなる場合もあります。

日焼けによるかゆみは、だいたい2日目あたりがピークで、通常は3日程度で治ることが多いそうです。

がまんできなくて掻き壊してしまうと、そこから感染して症状が悪化することがあるので気をつけたいですが、かゆみは気合いだけではなかかな我慢できないですよね。

乾燥によるかゆみは、保湿ケアを徹底すれば改善する見込みがあるので、とにかく保湿を頑張ってみてください。

皮膚だけではなく、日焼け後は体内の水分も失われているので、たっぷり水分補給することも大切。

アルコールは体内から水分を奪うので、赤みやかゆみの出ているときは控えたほうがよいでしょう。

それでも強いかゆみが1週間以上続くようなら、肌が深刻なダメージを受けていたり、別の病気の可能性もありますので、皮膚科の受診をおすすめします。

市販のかゆみ止め薬はステロイド剤が入っている場合もあり、広範囲に長期に使用するのはおすすめできません。

また、炎症した皮膚に使うと逆効果になる場合もあるそうですので、かゆみがひどいときはセルフケアよりも皮膚科を受診したほうが安心です。

【日焼けに気を付けるなら「日焼けどめ」】

うっかり真っ赤に日焼けしてしまった場合も、すぐにしっかりケアすれば大丈夫です。

でも、痛みやかゆみでつらい思いはできればしたくないですよね。

レジャーだけでなく、日常生活でも紫外線から完全に逃れることは難しいですから、日ごろの紫外線対策は必須です。

肌を出さないような服装とか日傘など、物理的な対策も大事ですが、レジャーやファッションを楽しみたいなら、やはり「日焼けどめ」はマストアイテムです。

日焼けどめも、塗り方に気をつけるとより効果がアップしますよ。

朝つけて、夕方までそのままでは効果激減。

汗や皮脂で流れてしまうので、一日に数回、こまめに塗りなおすとよいそうです。

また、塗るときは、塗りムラができないよう2、3回重ね塗りするのがおすすめ。

毎日肌につけるものなので、自分の肌に合ったお気に入りのものを選ぶのも大事なポイントですね。

気をつけていても、日に焼けてしまうことはあります・・・。

そんなときは、よく冷やしてしっかり保湿、炎症や化膿を抑えるセルフケアを忘れずに!

ヤバイかも?と思ったときは迷わず皮膚科を受診して、きちんと治してしまいましょう!