コインランドリーで毛布を洗濯!乾燥時間や料金の目安と方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、毛布の洗濯ってどうしてますか?

自宅で洗えるのならサッと洗ってしまいたいとこですが、分厚い毛布や洗濯機の大きさによっては自宅で洗えないものもありますよね。

そんな時に活躍してくれるのがコインランドリーです。

コインランドリーを使うときのポイントや、乾燥時間など、気になることをまとめました。

スポンサーリンク
レフタリング大

■コインランドリーで毛布を洗うときの目安は?料金・時間・乾燥

多くの家庭では冬以外の時期、毛布は押し入れで眠っていますよね。

肌寒くなってくると、そろそろ出さないとなぁと重い腰を上げて冬支度を始めます。

その時、何だかカビ臭かったり、ダニを気にしたことがありませんか?

自宅で洗える毛布なら洗ってしまいたいですが、容量も限られてくるし時間も手間もかかります。

そんな時は、コインランドリーを使いましょう。

しかし、コインランドリーで洗濯不可の素材もあるので、毛布についている洗濯表示をチェックして下さい。

洗濯表示を確認したら、洗う枚数により洗濯機の大きさを決めます。

洗濯機の近くに、洗濯量の目安が書いていれば参考にしてみて下さい。

場所によって、洗濯アドバイザーが常駐しているところもあるので、そこを選べば安心ですね。

私が普段行くところにはアドバイザーがいますが、洗濯のみや乾燥まで行うかなどの話をして、お金を預けただけですみました。

気になる料金や時間についてですが、だいたいの平均をまとめてみました。

コインランドリーごとに洗濯機の大きさは違いますが、ここでは毛布2枚~3枚の洗濯量を例にします。

<洗濯のみ>

洗濯のみではだいたい500円~800円くらいが相場です。

時間は30分程度で、家庭で洗うときとほぼ一緒ですね。

洗濯のみで、乾燥は家に帰ってからという方は、脱水時間は長めにするといいと思います。

<洗濯から乾燥まで>

料金は1000円~のところが多いようです。

時間は、洗濯時間+40分~を見ておいて、それでもまだ乾いてないときは乾燥機に入れて延長しましょう。

■長めの乾燥でダニ退治も出来ちゃう!

コインランドリーは手軽に出来るメリットがありますが、乾燥機にかけるとダニ退治にもなるんです。

一般の布団用掃除機や天日干しでは、ダニは死滅しないのを知っていますか?

天日干ししてフカフカになった布団でも、中にはダニが潜んでいると思うと、労力はたいて干したのに!!と一気にやる気が下がってしまいます。

私の家族は6人なんですが、一日では毛布を干しきれないため二日に分けて干しますが、考えると脱力してしまいました(笑)

ダニを死滅させるには条件があります。

ダニは50℃以上の熱に弱いので、75℃~180℃の熱風が出るコインランドリーの乾燥機は、ダニ退治に適しています。

ダニ退治用のメニューもありますが、乾燥機は小型だとだいたい10分100円、大型だと6~9分100円のところが多いようです。

約20分以上乾燥機にかければ、ダニ退治は完了です。

クリーニングに出すより、安く短時間で終わらせられるのでとても便利ですね。

デメリットとしては、乾燥機がいっぱいで待ち時間があったり、毛布を運ぶ手間があります。

しかしトータル的にみて、洗濯から乾燥まで、そしてダニ退治も出来て低コストなのはデメリットを上回ると言えるでしょう。

ダニは、アレルギーなどの症状を引き起こすため、出来れば除去しておきたいものです。

気持ちのいい睡眠をとるためにも、コインランドリーを上手に活用しましょう。

まとめ

調べていて、天日干しや布団用掃除機ではダニ退治にあまり効果がないと知った時はショックでした^^;

しないよりはマシなんでしょうけど。

私の娘も少しですがダニアレルギーがあるので、定期的にコインランドリーを使っていこうかなと思います。

費用対効果抜群なコインランドリーを使って、清潔に保ちましょう。