漂白剤はお掃除にも大活躍!酸素系漂白剤で家の中をキレイ&除菌!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

キレイにするなら塩素系漂白剤が思い浮かびますが、使えないものも多く色落ちも心配です。

しかし、家中の色んな所に使えて、なおかつ浄化槽や環境にも優しい洗剤があるんです!

それは酸素系漂白剤!!

今回は、そんな酸素系漂白剤を使った掃除方法などをまとめました。

スポンサーリンク
レフタリング大

■酸素系漂白剤で掃除できる場所はドコまで?

まず、塩素系と酸素系の違いについて調べてみました。

どちらの漂白剤も、主には「色素を分解させる」働きがあります。

<塩素系>

・主成分は次亜塩素酸ナトリウム

・漂白力が強力で、色物には使えない

・臭いがきつい

・酸性のものと混ぜると塩素ガスが発生して人体に影響を及ぼす(ボトルに混ぜるな危険と書いてあります)

<酸素系>

・主成分は過酸化水素や過炭酸ナトリウム

・脱色する力がないので色物もOK

・塩素系より効果は劣るが、浄化槽や環境にあまり影響を与えない

今回主役の酸素系漂白剤ですが、どんな場所に使えるのかを知り、家中ピカピカにしちゃいましょう。

使い道で、一番に思いつくのが洗濯物ですよね。

私も酸素系漂白剤(某アメリカンショップの有名なものです)を使っていますが、色物と白物を分けなくていいのは、非常に助かっています。

なので週末には、一気にドーンとつけ置きしてます^^

土汚れや血液、絵の具や汗の臭いなどはばっちりキレイになりました。

ただ残念ながら、墨汁は落ちなかったですorz

衣服だけでなく、靴にも活用しています。

そして、キッチンではまな板やスポンジ、布巾や茶渋のついたコップやお皿の漂白・除菌にも使えるんです。

私は水筒のつけ置きに使っていますが、洗い桶に全体が浸かるようにつけ置きしていたら、表面の加工が剥がれてしまった経験があります。

なので、もし水筒に使うのなら中に注ぐだけにしといた方がよさそうです。

他には、洗濯槽・お風呂・トイレ・床掃除にも使えます。

まさに万能洗剤ですね!

これさえあれば、家中ピカピカで色んな洗剤をストックしておく必要もありません。

■使う洗剤の種類で掃除の幅も広がります

次に、酸素系漂白剤の種類別の掃除の仕方を紹介します。

酸素系漂白剤には、「液体」と「粉末」があります。

漂白力は、粉末の方が強いですが、頻繁に使うのなら液体の方が便利かなと思います。

粉末を使うときは、50℃以上のお湯でよく溶かしてから使って下さい。

お湯と混ぜるとシュワシュワと発泡して、その泡で汚れを落とします。

子供達の洗濯物を浸けると、一瞬にして水の色が変わりますよ^^;

そして臭いもすっきり取れるので、週末にはまとめてつけ置きするのが我が家の日課です。

食器や鍋、調理器具の漂白・除菌は、シンクにお湯を溜め粉末を適量混ぜれば、いっぺんにつけ置き出来ます。

そしてシンクも洗えて一石二鳥にもなります。

お風呂上がりのまだお湯が温かい内に粉末を入れれば、椅子や洗面器・お風呂の蓋もつけ置きでき、わざわざ専用の洗剤を買う必要もありません。

床掃除には、少し薄めに溶かし雑巾で拭くだけ!

ワックスがかかっている床もあるため、目立たないところで試してから使用して下さい。

液体漂白剤ですが、溶かす必要もないため手軽に使うことが出来ます。

しかし、主な用途は洗濯になると思います。

使い方も汚れていたり臭いが気になるときに、洗濯機の洗剤入れに入れるだけで簡単です。

もちろん頑固な汚れには、原液を直接かけることで効果がアップします。

どちらの洗剤を使うにも、いくつか注意点があります。

素手で触ったりせずゴム手袋などを着用してから扱うと、手荒れも防げます。

それから、使用中には換気を忘れないようにしましょう。

全ての衣類に使えるわけではないので、洗濯絵表示を確かめてから使用して下さい。

まとめ

・お風呂、洗濯物、トイレ、キッチン、リビングなど家中に使える

・酸素系漂白剤は色落ちの心配がない

・粉末はお湯で溶かしてから、液体はそのまま原液を使う

酸素系漂白剤があれば、漂白・除菌・消臭と一度に三つの効果が得られます。

色んなメーカーから出ているので、自分好みのものを探してみて下さいね。