防災グッズの準備は大丈夫?避難に必要な持ち物リスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

地震や台風などで避難が必要になった場合や、被災してしまったときに備えて日ごろから防災グッズの備えを意識する人が増えていますね。

全国各地どこに住んでいても絶対安全な場所というのは残念ながらありません。

いざというときに落ち着いて避難行動を取れるように、準備だけでもしっかり整えておきたいですね。

市販の防災セットを家族の人数分揃えておくというのもよい方法ですが、乳幼児がいたり高齢者と同居しているなど、家庭の事情はさまざまです。

市販のセットでは足りない自分の家族独特の備えが必要ですよね。

この記事では、必要最低限の防災グッズから、乳幼児を連れて避難する場合のマストアイテム、あったら便利な持ち物を紹介します!

スポンサーリンク
レフタリング大

【最低限必要な持ち物~あると便利な持ち物までまとめていくよ】

ひとことで防災グッズといっても、いろいろなものがあって何から揃えていいのか迷いますね。

避難の際に持ち出しできる物理的な量には限界があるので、本当に必要なものから順に厳選したいところです。

そこで防災グッズを、①日ごろから自宅に備蓄しておくもの②避難の際に持ち出すもの③避難生活が長期化した場合に備えるもの、の3つの種類に分けて考えてみましょう。

①日ごろから自宅に備蓄しておくもの

・飲料水3日分(一人一日2リットル程度と言われています)

・非常食(レトルト食品や缶詰など普段からストックしておきましょう)

・衣類(重ね着で防寒できるものを用意しておきましょう)

・医療品(絆創膏、ガーゼや包帯、ハサミ、消毒液、常備薬など)

・停電時用(懐中電灯、手回し充電器、LEDランタンなど)

・予備の乾電池

・粘着テープ

・ラップ(水が出ないときに食器に使用することも)

・シャベル、のこぎりやハンマーなどの工具

以上のものは災害時に欠かせないものであると同時に、普段の日常生活でもふつうに活躍する品々です。

レトルト食品やクラッカーなどの長期保存可能な食品は、普段の食事で消費しながら常にストックを確保しておくと便利です。

安売りのときにまとめ買いしておくといいですね!

いざとなったときに「懐中電灯は?電池がない!絆創膏が切れた!」とならないように、日常生活に必要なレベルより少し多めにストックしておくと安心です。

②避難の際に持ち出すもの

避難所に移動する際に用意したい持ち物をまとめていきます。

・現金(公衆電話が使えるよう小銭も準備)

・通帳・印鑑・カード

・口腔ケア用ウエットティッシュ

・携帯ラジオ、手回し充電器(乾電池もセットで用意)

・懐中電灯やヘッドライト

・ヘルメットや防災頭巾

・軍手や皮手袋

・マスク

・マッチやライター

・救急医療品(常備薬・絆創膏など)

・ナイフ・ハサミ

・雨具・防寒着・着替え

・レジ袋などのビニール袋

・洗面道具(旅行用のものなどでOK)

・ロープ

・筆記具

・飲料水・非常食

・プラスチックの食器や紙コップ

非常持ち出し袋や手持ちのリュックサックにひとまとめにして、すぐに取り出せる場所に常備しておきましょう。

非常袋に入れるものは「無事に避難所にたどり着くためのもの」と「補給が始まるまでに避難所で過ごす際に必要なもの」に絞ることが大切です。

ヘルメットや軍手、防塵のためのマスクは避難所まで安全にたどり着くために必要なグッズです。

やむを得ず夜間の避難になる場合は懐中電灯などの照明は必須ですね。

水や食料を何日分も持ってしまうと荷物が重くなり避難行動に支障が出る可能性があります。

インフラが停止するような大災害でも数日内には支援物資が届くので、それまでをしのげる量を持ち出しましょう。

ウエットティッシュは水が使えない時の口腔ケアやスプーンなどの洗浄に役立ちます。

避難所では狭いスペースで多くの人が過ごしますので、自分の荷物をまとめておけるような風呂敷などもあると便利だそうです。

③避難生活が長期化した場合に備えるもの

避難所での生活が長期になる場合や、自宅にいられてもインフラが整っていないなど、数日間の避難生活を余儀なくされることも考えられます。

二次的な準備として、そんな場合にできるだけ避難生活のストレスを解消するのに役に立つものや、実際にあると便利なものを紹介します。

・裁縫セット

・カイロ

・サバイバルシート

・非常用トイレ

・ガスコンロとガスボンベ

・テントや寝袋などのキャンプ用品

・車輪付き旅行バッグ

・耳栓

・携帯枕

アウトドア用品を持っている方は、そのまま避難生活にも活かすことができますね。

温かい食事をとるための準備としてガスコンロとガスボンベがあるとよいでしょう。

ストレスや不安で安眠することは難しい状況かもしれませんが、耳栓や枕などで工夫し少しでもストレスを軽減することも大切です。

【赤ちゃん・幼児がいる人はこんなところも注意!】

赤ちゃんや就学前の小さな子どもを連れて避難する場合には、ここまで紹介したものの他に子ども用に特別な備えが必要です。

・子ども用防災頭巾

・抱っこ紐(両手があくので便利、ベビーカーは危険なので不可)

・おむつ・パンツ(月齢に合わせて)

・おしりふき(からだ拭きにも使えます)

・ミルク・哺乳瓶・離乳食

・肌着などの着替え・防寒着

・ホイッスル

・タオル・母子手帳・健康保険証

・おもちゃ類・お菓子(あめなど)

通常の防災グッズに加えて子供用を持ち出す場合は、子ども用はウエストタイプかショルダータイプのバッグにまとめておくとリュックと同時に運ぶことができるうえに、子どもを抱っこすることも可能です。

ミルクは一回分ずつ個包装になっているもの、哺乳瓶は使い捨てのものを準備できるとなおよいと思います。

レジ袋はおむつカバーの代わりや、汚れたおむつを入れるなど万能に活用できるので多めに準備しておきましょう。

離乳食は市販のベビーフードが便利です。

普段は手作りしているママも非常用と割り切って準備しておきましょう。

1人で準備がめんどくさいなら「セット」で購入

アレも必要、コレも必要とまとめていくと、思ったよりも多くの数になってビックリしませんでしたか?

コレを日頃から準備するって「めんどう」と思う人が大半かと思います。

ですが、結構簡単に避難セットってあるんですよ。

ね?色々あるでしょ!

こんな風にネットで簡単にセットを揃えて、足りない分を個人で補うのが楽かなぁと思います。

【備えておいても不安は不安、でもいざという時の行動力に差が出る防災意識!】

防災グッズを準備するのは、あれこれと最悪の事態を想定しながら行う作業になりますので不安な気持ちになりますよね。

備えておけば絶対に安全とも言えないものですが、ふだんから災害時の避難場所を確認したり防災グッズの備蓄を意識しておくと、それがそのままリスク管理になるんです。

いざという時、心とグッズの準備が整っていれば危機管理能力に大きな差がでます!

大切ないのちを守るために、日ごろから防災意識を持って自分の家族に合った防災グッズの準備をしてくださいね!