カップル必見!!東京で花火大会を見るならココでしょ!おすすめスポット紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

花火大秋は絶対に彼、彼女と行きたい!

そんなあなたに

必見の東京・花火スポットをお教えします。

スポンサーリンク
レフタリング大

夏の花火大会で恋人との距離を縮めろ! ~in東京~

以下は、2017年に東京で行われる花火大会の予定です。

花火の発射数が多いものを挙げましたが

この他にも小規模な花火大会が行われる地域もあります。

7月22日(土)     第39回足立の花火  12,000発

7月22日(土)     八王子花火大会         3,500発

7月25日(火)     第51回葛飾納涼花火大会  13,000発

7月29日(土)     第40回隅田川花火大会     22,000発

7月29日(土)     立川まつり国営昭和記念公園花火大会 5,000発

8月 1日(火)     第35回江東花火大会           4,000発

8月 5日(土)     第42回江戸川区花火大会  14,000発

8月 6日(土)     第57回いたばし花火大会  11,000発

8月 5日(土)     第69回青梅市納涼花火大会  3,200発

8月20日(土)     第37回2016神宮外苑花火大会  10,000発

8月20日(土)     第38回世田谷区たまがわ花火大会 12,000発

8月21日(日)     第34回調布市花火大会  8,000発

東京だけで、これだけ多くの花火が打ち上げられます。

特に発射数が多い花火大会は太字にしてあります。

荒川や江戸川を中心に花火大会は行われます。

一番発射数の多い、隅田川の穴場スポットを紹介します。

・言問橋 ( 最寄駅・浅草駅 

・水戸街道からの言問橋東交差点( とうきょうスカイツリー駅 

・吾妻橋、吾妻橋公園 ( 本所吾妻橋 )

他にも、見られるところは多いようです。

言問橋は真ん中で間近で見られる可能性はありますが

立ち止まることができないため、あまりおすすめはしません。

花火大会はココに注意!忘れちゃいけない気遣いとは

◎彼女が浴衣の場合

1、褒める

彼のためにせっかくオシャレをしてきたのに

それに反応を返さなくては意味がありません。

そのあとを円滑に過ごしたいのでしたら

まずは褒める言葉をかけるべきです。

2、ゆっくり歩く

歩幅が異なる上に

慣れない草履や下駄をはいているため

彼女は歩くのが大変です。

彼女のペースに合わせてあげましょう。

そんな些細な気遣いに気づかないような彼女は

早々に縁を切った方がいいと思われます。

3、「はぐれないように」と手をつなぐ

手をさりげなくつなぐチャンスであり

彼女の好感度を上げるのにも最適です。

このとき顔の筋肉を動かしてはいけません。

下心がないように装うことが大切です。

まとめ

美しい花火を見ることで相乗効果が生まれます。

彼女はきっと

この綺麗な花火を彼と見た

という記憶を強く深く植えつけたでしょう。

彼女との仲がより良くなるには

さらに彼が自分磨きをしなくてはなりません。

彼女も同様に

もっと可愛くなろうと努力しているはずです。

彼も彼女に負けずに頑張ってください。