ストーブいつから出す?エアコンのみで過ごす?それともストーブのみ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

毎年のことですが、今年も寒い冬が近づいてきました。

昼はよくても朝晩は寒くなり、暖房が欲しくなる季節ですね。

ところで代表的な冬の暖房器具ストーブですが、いつ頃から出すとよいのでしょう。

地域によって違いはあれど、客観的な目安ってあるのでしょうか?

しまい込んだストーブをわざわざ出すのだから、光熱費的に健康的に最適な時期に出したいと思うのも当然かもしれません。

もしエアコンだけでOKなら出す必要ないし・・・など考え出すといろいろ気になってくるのではないでしょうか。

そこで、地域差や個人差があるのは重々承知の上で、ストーブを出す最適な時期を調べてみました!

スポンサーリンク
レフタリング大

【ストーブって、いつ頃から出すんだろう?ざっくり調査】

調べ始めてみると「寒いと感じたらすぐ」「朝起きるのがつらくなったら」という意見が多かったのですが、これはホントに「その通りだなあ」と思います。

ただ人によって寒がりな人とちょっとくらい寒くても平気な人など、個人差があると思いますので、人間は気温何℃で「寒い」と感じるかを調べてみました。

その結果、摂氏16℃を下回るとほとんどの人が肌寒さを感じるそうです。

湿度や不快指数によって多少違ってくるそうですが、東京の10月の平均湿度で計算すると、気温約16℃で不快指数60になるそうで、この数値はほとんど人が寒いと感じるということです。

でも実際の16℃ってかなり寒いですよね。

気象庁のまとめたデータによると、平均気温が16℃になるのは北海道と東北で10月そのほかの地域では11月です。

データから見れば、北海道や東北の人は10月にはストーブを出しているということでしょうか?

ネットで意見を探してみると、実際北海道の人は10月の朝晩はストーブをつけるという人が多い印象。

ちなみに私も北海道人ですが、光熱費の懸念があってわりと11月まで我慢します・・・でも11月初旬には平均的に初雪が降っているのでそこが限界ですね。

全国の家庭の一年間の光熱費の平均を示したデータ(総務省統計局家計調査による)では、光熱費が上がりだすのは11月から。

気温や光熱費推移からみて、暖房器具は11月から使い始めるという家庭が多いことがうかがえますね。

ストーブを出すかどうかという判断の基準はご家庭によってもさまざまなようです。

・小さなお子さんがいる

・病気療養中の家族や高齢者がいる

など同居家族の健康に気遣う必要性が高い場合は、室内の温度を快適に保つために早めに暖房を使い始めるということも。

実際気温16℃以下だと、呼吸器への悪影響があるという話ですから、健康のためにもあまりやせ我慢はしない方がよいのでしょう。

【暖房の温度は、何度くらいがちょうどいい?】

体感的に自分にとってちょうど心地よい室温は、これもやっぱり個人差が大きくて一概に論じるのは難しいです。

しかし「推奨されている適温」というのは確かにあります!

環境庁では「冬の暖房時の室温は20℃を目安に」と言っています。

夏のクールビズ、冬のウォームビズがだいぶ定着した近年では、ご存知の方も多いでしょう。

しかし実際の20℃で肌寒さを感じないかどうかは、湿度にも左右されますし、湿度の低い真冬の20℃だと「肌寒い」と感じる人も少なくありません。

あとは服装で調節しましょうということなのですが、自宅の場合はその時の体調に合わせて「20℃」を目安に前後2℃くらいがよいのではないでしょうか。

関東ではストーブではなく冬場もエアコンのみで過ごす方も多いですよね。

住宅設備の気密性や断熱性に左右されますが、エアコンのみの場合は設定温度を20~21℃すると最適のようですね。

ちなみに暖房の設定温度を1℃下げると、10パーセントの消費電力削減になるそうです。

【最低気温16℃以下が目安!体調や環境に合わせた室温で調整を!】

まとめると、ストーブを出す時期は最低気温が16℃を切る10月から11月が平均的といえそうです。

自宅建物の気密性や断熱性によって同じ外気温でも室内温度は異なるので、家の中が「寒い」と感じたらもう暖房が必要ということですね。

寒いと風邪をひいてしまいので我慢は禁物です。

北海道や東北などの寒冷地では、従来冬場のエアコンはあまり一般的ではありませんでした。

石油ストーブやセントラルヒーティングなどで家全体を温める設備が多かったのですが、最近は優秀な寒冷地エアコンも発売されて、北国の暮らしも変わりつつあります。

ストーブとエアコンの両方をお持ちの方は、エアコンのみで過ごすかストーブも出すかで悩むこともあると思いますが、光熱費や安全性の他、どちらの温かさがお好みかというところも検討材料にしてみてはいかがでしょう。

私は灯油ストーブと電気ストーブの併用ですが、灯油ストーブのゆらめく炎のぬくもりが何とも言えず好きなのです。

寒さをしのぐには、メンタルがホッとできる環境も大切かなと思っています。

そして室温は20℃!

家族にも地球にもやさしい冬の暖房生活を送りたいですね。