寒中見舞いの書き方は?書いて良い事悪い事。喪中の場合にはどうする?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

メールやSNSが連絡手段として一般的になってからずいぶん経ちますね。

それでも、伝統的な文書のやりとりを大事にしている方も多いと思います。

特に、年賀状や暑中見舞い、寒中見舞いなど季節の挨拶状は、ふだん手紙のやりとりをあまりしなくなった人でも大切にしている文化なのではないでしょうか。

とはいえ、ふだん書かないハガキをいざ書くとなると、「決まりはあるの?出す時期は?」など改めて疑問が浮かんでくるものですよね。

そこでここでは

「寒中見舞い」に的を絞って、寒中見舞いを出す意味や書き方、例文を紹介いていきます。

スポンサーリンク
レフタリング大

【寒中見舞いってなんで出す?使い方はどんな風?】

寒中見舞いは本来、寒さが厳しい季節に相手を気遣って出す挨拶状です。

暑い時期の暑中見舞いは知っていても、寒中見舞いにはあまり縁がなかったという人もいるかもしれませんね。

寒さ厳しき季節といっても、いつ出してもよいというわけではなく、松の内である1月7日が明けてから立春2月4日までの時期に出すというならわしがあります。

年賀状のやり取りが終わってから、という時期にあたるためか、最近ではさまざまな事情で年賀状を出せなかった場合に、年賀状に代わる挨拶状として寒中見舞いを出すことが多くなってきています。

ただ、寒中見舞い=年賀状の代わり、ではありませんので、年賀状を送ったから寒中見舞いを出してはいけないということはありません。

お世話になっている人への季節の挨拶としてはもちろん、年賀状で挨拶ができなかった人への近況方法など使い方はいろいろなのです。

しかし近年、特に喪中で年賀状を出せなかった場合などに寒中見舞いを送ることがかなり一般的になっていることは確か。

そこで、年賀状がらみで寒中見舞いが効果的なケースをいくつかご紹介しましょう。

①もらった年賀状のお返事として

②喪中はがきのお返事として

③自分が喪中のときにもらった年賀状のお返事として

④喪中と知らずに年賀状を出してしまったお詫びとして

自分から出してない相手から思いがけず年賀状をいただくこともありますよね。

すぐにお返事が投函できるなら年賀状としてお返事するのがベストですが、帰省で家を空けていて帰宅後では松の内に間に合わないというこもあるでしょう。

そういうときは寒中見舞いとして出すのがいいですよ。

お相手が喪中でこちらから年賀状を出せない場合、松の内が明けてから寒中見舞いとして挨拶状を出します。

この使い方が一番多いかもしれませんね。

逆に自分が喪中のときにお相手から年賀状をもらったときも寒中見舞いでお返事します。

手違いなどで喪中の方に年賀状を送付してしまった!という場合、お詫びの気持ちを込めて挨拶状を出すのも立派なマナー。

年賀状の準備が遅れて出せなかった場合も、寒中見舞いでごあいさつすることが可能ですから、お世話になってる方にはぜひ送りたいですね。

ちなみに、立春を過ぎて寒中見舞いさえ出し損ねた!という場合もご安心を。

立春を過ぎれば「余寒見舞い」として出すことができますよ!

【例文をいくつかご紹介】

寒中見舞いは、出す相手によってその文体はさまざまに変化できます。

通常のお手紙だって、目上の人に宛てるのか親しい友人に宛てるのかで内容や文体が変わりますよね、それと同じです。

親しい人に宛てる場合はそれほど形式にこだわらなくても大丈夫ですが、以下の要素を文章で盛り込むのが一般的です。

寒中見舞いに盛り込みたい要素①寒中見舞いの言葉

②お相手の健康をよろこぶ言葉や時候の挨拶

③お相手を気遣う言葉やこちらの近況

④締めの言葉

①寒中見舞いの言葉

そのまま「寒中お見舞い申し上げます」でOKです。

②お相手の健康をよろこぶ言葉や時候の挨拶

「寒さ厳しい折皆様いかがお過ごしでしょうか」や「寒冷の候いかがお過ごしでしょうか」などが一般的。

喪中の方宛ての場合「服喪中と存じ年頭のご祝詞は控えさせていただきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか」と添えるとよいでしょう。

③お相手を気遣う言葉やこちらの近況

相手が年賀状をくれた方なら「ご丁寧なお年始状をいただきありがとうごさいました」などのお礼の言葉を入れましょう。

こちらからの挨拶が遅れたお詫びなら「ご挨拶が遅れまして大変失礼いたしました」とするとよいでしょう。

自分の喪中に年賀状をくれた方には「喪中につき新年のご挨拶を差し控えさせていただきました、ご通知が遅れましたことをお詫び申し上げます」と添えましょう。

自分の近況を知らせる一般的なフレーズとしては「おかげさまで私どもも無事に過ごしております」がおすすめです。

仲の良い友人なら、もっと具体的な内容に触れてもよいでしょう。

④締めの言葉

手紙の締めの言葉と同じですが、寒中見舞いなので「寒さ」と「お相手の健康の祈念」に触れるといいですね。

「寒い日が続きますが風邪などお召しになりませんようご自愛ください」「厳冬の折から皆様どうか御身大切にお過ごしください」など。

よく年賀状には「○○年元旦」と添えますが、寒中見舞いを1月に出す場合は末尾に「○○年1月」とすれば大丈夫ですよ。

【季節のご挨拶は心をこめて!あまり形式にこだわりすぎずに】

年賀状も喪中はがきも、寒中見舞いであっても、現在は専門のお店にネット注文ができるようになりましたよね。

さまざまな状況に合わせた文体のサンプルが用意されているので、テンプレートの中から自分の好みや状況、宛先に合わせた寒中見舞いを作成してもらうこともできます。

一度にたくさん出す場合や、どのお相手でも通用する内容で作りたい場合は、お店を利用するといいですね。

でも、そんな便利な時代だからこそ、手書きの挨拶状や個別のメッセージがこめられたハガキは、とても心温まります。

ここでは一般的なマナーとしての寒中見舞いの書き方をご紹介しましたが、自由にアレンジして大丈夫ですよ。

書いて悪い事があるとすれば、こちらの近況ばかりをダラダラと書くとか、相手の近況がわからないのに不躾な質問をするとか、そういうことでしょうけれど、それは寒中見舞いに限ったことではありませんよね。

あまり形式にこだわり過ぎず、心のこもった言葉で「寒中見舞い」を出してみてくださいね!