6月の花【アジサイ】花言葉を調べてみたよ!梅雨を飾る花

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

梅雨の時期の花といえば

多くの人がアジサイを

思い浮かべるのではないでしょうか。

青、ピンク、むらさき・・・

色もさまざまで見ていて癒されます。

そんなアジサイの花言葉、知っていますか?

スポンサーリンク
レフタリング大

紫陽花の花言葉は有名だよ!キレイな花に隠された意味

アジサイの花言葉は

その花の色と同じくらいたくさんあります。

有名なのは「 移り気 」「 浮気 」でしょうか。

これは

アジサイの色が黄緑から青、青紫、赤紫と

徐々に変化していくことに由来しています。

「 冷淡 」「 無情 」「 辛抱強い愛情 」

このあたりも聞いたことがあるかもしれません。

「 冷淡 」「 無情 」その花の色のイメージから

「 辛抱強い愛情 」は、

アジサイの開花時期が長く

梅雨の雨を耐えているように見えるからという説があります。

ここまで見るとアジサイの花言葉はなんだか

冷たい、マイナスなイメージばかりですが

花の色、種類によっても花言葉は違います。

白いアジサイは「 寛容 」

ガクアジサイは「 謙虚 」

ピンク、赤紫のアジサイは「 元気な女性 」です。

アジサイの色は土壌の酸性度によって変わります。

ざっくり言うと酸性なら青

アルカリ性なら赤

なりやすいと言われています。

ヨーロッパはアルカリ性の土壌のため

花が暖色系になりやすいそうで

この「 元気な女性 」という花言葉は

フランスでのアジサイの花言葉です。

フランスの気候はカラッとしているため

アジサイに対するイメージも日本とは違うのでしょう。

実は嫌いな人が多いかも!紫陽花が嫌われる理由と訳は!

花言葉に代表されるように

アジサイをもらっても

あまり喜ばない女性は多いかもしれません。

過去にファンから

アジサイの花束をもらった

マドンナが「 私この花きらいなのよね 」と言って

顔をしかめたという話も聞いたことがあります。

花に対するイメージは人それぞれですが

決して派手な花ではないアジサイは

華やかさに欠け暗いイメージがあるのかもしれません。

結婚式でも「 移り気 」「 浮気 」の花言葉から、

避けられる花でした。

しかし!!

最近では花嫁から人気があるようです。

花びら(正確にはガクです)が

集まって咲く姿から

「 家族団欒 」「 和気あいあい 」

という花言葉もあるからです。

アジサイはブーケにしてもかわいいし、

ジューンブライドの季節にぴったりですね。

まとめ

アジサイはマイナスイメージを持たれがちですが

梅雨の時期に

電車の車窓から見えるアジサイや

お寺などに咲くアジサイは

梅雨のじめじめした時期を

色とりどりの姿で私たちを楽しませてくれます。

「 移り気 」「 冷淡 」もアジサイらしい花言葉ですが

「 家族団欒 」「 和気あいあい 」も

不思議とアジサイのイメージに合う言葉だと思います。

最近では

母の日のプレゼントとしても人気が出てきていますね。

試してみるのもいいかもしれません。