失敗もあるかもよ!逆さまつげの手術にはリスクもある!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

逆さまつげ・・・

地味に目に入って

「 アイタタタ・・・ 」

となる方も多いと思います。

長さに関係なく

逆さまつげは起きますから

要は生え方だったりしますからね。

そして眼球を傷つけてしまうので実は怖いのが逆さまつげ・・。

もちろん病院にいき治療してもらうのが

適切なのかもしれませんがリスクもあるそうです。

ということで逆さまつげの手術のリスクについて書いていこうかと思います。

スポンサーリンク
レフタリング大

受診するなら眼科?美容形成外科?

受診するなら眼科も美容形成外科もどちらもアリだそうです。

ただ症状によって変わったり

美容形成外科の方が綺麗にしてもらえるそうです。

そして違いについては

費用が違う

眼科では保険診療となります。

ですが

美容形成外科の場合保険診療となりません。

ですが

切開法は保険が適応されており

埋没法のうち上まぶたを施術するのも

一部に保険が適応されるとこのことです。

目的が違う

眼科であれば

治療が一番の目的としてます

あくまでも逆さまつげを治すための手術。

美容形成外科の場合は

プラス美しく仕上がることも目的となっているため

費用も変わっていきます。

綺麗に仕上げたい場合は

美容形成外科をオススメします。

《 リスクについて 》

やはり切開法になると

保険診療です。

傷跡が汚くなり綺麗なデザインもできせん。

そして

傷跡が全くなくなることもなくなってしまうのが

デメリットですよね。

上記でも述べた通り目的が変わってしまうので

そこは自分で考えて眼科か美容形成外科か選びましょう。

どうでしょうか?

なるべくなら美容形成外科で手術をした方が

お値段はかかるかもしれませんが

綺麗な仕上がりにもなると思いますし

傷跡も残りません。

よく考えて受診しましょう。

実は自己解決方法もあるよ!でも今一般的に解決するなら手術がオススメ!

ちょっとした自己解決方法もあるので紹介したいと思います。

・ビューラーでまつ毛を上向きにする

一番手軽のなのはビューラーだと思います。

ですが

時間が立ってしまうと取れてしまうため

こまめにビューラーをしてあげましょう。

・まつ毛パーマでまつ毛を上向きにする

これはビューラーがめんどくさいと思う方にオススメです。

施術を受ければ1ヶ月は持ちます。

だいたい4000円×12ヶ月で4万8千円です。

少しお値段はかかりますが

普段からマツエクをかけてる人は

ついでにやるのもいいかもしれません、

・まつ毛を抜く

これはある意味最終手段でしょうか。

確かに抜いてしまえば

その逆さまつげはなくなるかもしれません。

しかし

また生えてきて悪化するのでオススメはできませんね。

やはり3点を見ても

少し面倒なことが多いなと思う方もいらっしゃると思います。

できれば眼科や美容形成外科での手術をオススメします。

1度で終われば

この先を考えると

一番自分が楽だと思います。

目はとても大事な器官なので

見えなくなってしまったら

一番後悔するのは自分です。

今は眼科だけじゃなく

綺麗に手術をしてくれる美容形成外科で治りますので

ぜひ受診して見てください。

逆さまつげについて、最後に

上記に書いたことを見てどうだったでしょうか?

確かに手術というものは

リスクがつきものかもしれません。

ですが

今、一般的には

逆さまつげの手術が主流となってきています。

ということは

リスクも少なくなってきた時代

ということにもなりますよね。

手術は怖いと思うかもしれませんが

視力などを失う方が

もっと怖いですし辛い思いをします。

そう思えば

眼科なり美容形成外科で手術をし

快適に過ごす方がとてもいいと思います。

最後になりますが

確かに一時しのぎはあるかもしれません。

ですが

自分のことを思えば

是非手術を受けて欲しいです。

今は美容形成外科だと綺麗にやってくれますし心配も少ないです。

自分のためにも目を守り

逆さまつげに悩んでる方は是非まずは病院へ行って見てください!