歯磨きっていつ磨く?食後すぐ?寝る前?適切な時間は!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

歯磨きのタイミングって

すごく迷いますよね・・・。

食後にも磨きたいですし

出かける前寝る前なんかも磨きたいですよね。

歯のためには

どれくらい磨けばいいのかも気になるし・・

と思う方も多いと思います。

ということで歯磨きのタイミングや

歯のためになる事を書いていこうと思います!

スポンサーリンク
レフタリング大

歯磨きの適切な時間帯は!

歯磨きの適切な時間帯

気になりますよね〜。

そして今と昔と言われていることが違っていたりして

どっちが本当なの!?と思う方もいると思います。

昔は

毎食後に3分間しないと言われていましたが

それは昔のお話なのを頭に入れておきましょう。

では今の時代では

どう説明されているのか紹介していきたいと思います。

食後の場合は

食後に口をゆすぐのがいいでしょう。

もし歯磨きをしたい場合は

食後から30分後に磨くのがいいでしょう。

理由は食事をすると口の中が酸性になるため

歯の表面のカルシウムやリン酸が溶けていきます。

この状態を「 脱灰 」と言います。

そして唾液の中和作用により

逆に、カルシウムやリン酸が取り込まれる事を

「 再石灰化 」と言います。

食後の30分間に起こっているのは

「 脱灰 」です。

30分をすぎると「 再石灰化 」が始まります。

脱灰している状態で

歯を磨くと歯を傷つけるリスクが増えることから

食後30分は歯磨きをしない方がいいと言われています。

食後に関してはこういった歯磨きの時間があります。

それでは歯磨きの適切な時間帯とは?

一番適切な時間は

就寝前と朝起きてすぐに磨くのがいいでしょう。

理由としては

就寝中はほとんど唾液が出ないため

細菌が一番活動する時間帯だからです。

朝起きて

口の中が気持ち悪いと感じることがあると思いますが

全て就寝中の細菌のせいです。

ということは

就寝前に歯磨きをすることは大事ですよね?

そして

それでも細菌は出てしまう事を考えれば

朝起きて磨くのが自然でしょう。

歯磨きの適切な時間帯は

就寝前、朝起きてすぐ。

そして食後が気になる方は食後から30分後に歯磨きするといいでしょう。

しっかり磨いて歯から健康になるために!

しっかり歯磨きをする事により

身体の健康などにも繋がっていきます。

きちんとした歯磨きをすることにより

風邪菌や雑菌などの除去も行えます。

うがい だけでは取れない雑菌が

歯磨きをすることにより防げるのです。

それでは

しっかり磨くにはどういった磨き方がいいのか書きたいと思います。

一番大事なことは

歯石が残りやすい場所をチェックし

丁寧に磨くことです。

そして食べたら歯を磨くという習慣をつけることも大事です。

食後30分後に磨きましょう。

歯ブラシについて

自分の歯の状態に合わせ

1ヶ月に1本は交換しましょう。

デンタルフロスも使うと

なお歯石が落とせるためいいでしょう。

そして就寝前は特に丁寧に磨きましょう。

上記でも述べた通り

就寝中が一番菌が繁殖しますから。

就寝前の歯磨きを徹底的に行いましょう。

一つ一つを習慣にして歯の健康を保ちましょう!

口内環境が良いことは素敵ですからぜひ実践していきましょう。

歯磨きについて、最後に

歯磨きなんて・・めんどくさいと思う方もいるかもしれません

自分の健康や口臭を考えて見ると

口内環境が良いことに悪いことはありませんよね?

歯磨きをすることで

自分も気持ちいいですし

周りの方にも迷惑がかかることはありません。

むしろ綺麗にして入れば

いい印象を持ってもらえますから良いことしかありません!

無理だと思わずに

一つ一つを習慣づけていけば良いので

焦らず習慣づけていきましょう。

歯磨きも楽しみの一つにしていけば

習慣づけて行くことも辛くないでしょう。

ぜひ素敵な歯磨きライフを送って

歯から健康にしていきましょう!!