節分には鬼のお面!簡単な作り方と当日の献立は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

節分の日の豆まきは、小さなお子様のいるご家庭にとって、家族で楽しめる行事のひとつですよね。

お子様と一緒に豆まきを楽しむなら、鬼のお面を一緒に手作りで!と考えているパパママも多いのではないでしょうか。

忙しい中でも、お金や時間をあまりかけずに、ふだん家にあるものを利用して作れる鬼のお面のアイデアを集めてみました!

そして豆まきと共に楽しみたいのは節分の日の食卓。

近頃は節分といえば「恵方巻」ですが、恵方巻の他にもぜひ節分の食卓で楽しみたい「節分の食べ物」があるんですよ。

豆まきと同じように厄を払って無病息災を願う縁起のいい食べものなので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク
レフタリング大

【鬼のお面ってどうやって作る?子どもと一緒に楽しく作るには?】

就学前の子どもと一緒に鬼のお面を作るなら、家庭にある材料で30分くらいで作れるものがベターですよね!

ここでは、材料別の作り方と、鬼ならではのパーツ、角と髪の毛の作り方のコツをまとめてみました。

材料となるのは主に、牛乳パック・紙袋・封筒・紙皿・折り紙・厚紙など。

道具として共通に必要なのは、ハサミ・ボンド・セロハンテープ・ホッチキス・輪ゴム・クレヨンやサインペンなど。

さっそく紹介していきますね。

①牛乳パックで作る!

・洗って乾かした牛乳パックを切り開き、大きさギリギリに丸く切り取る

・目の位置に穴をあけ、鬼の顔になるよう自由に色を塗る

・角・髪の毛を作って貼り付ける(作り方は下記に詳しく紹介しています)

・耳の位置に輪ゴムをつける

ちょうどお顔全体が隠れて、鬼の顔に変身できるお面タイプです。

耳のところの輪ゴムをホッチキスで留めた場合は、上からセロハンテープを貼っておくと安全ですよ。

②紙袋でつくる!

・紙袋をかぶった時に顔が出るところを丸く切り抜く

・鬼の顔になるように自由に色を塗る

・角・髪の毛を作って貼り付ける(作り方は下記に詳しく紹介しています)

頭からすっぽりかぶるタイプのお面です。

目の位置だけ繰り抜いても作れますが、位置がずれやすく、穴が少ないと息苦しく感じることもあります。

子どものかわいいお顔が見えるように顔全体の大きさに繰り抜くとよいでしょう。

③封筒で作る!

・A3かB4など大きめの封筒をかぶった時に顔が出るように丸く切り抜く

・鬼の顔になるように自由に色を塗る

・角・髪の毛を作って貼り付ける(作り方は下記に詳しく紹介しています)

古封筒でも作れますのでちょうどいい紙袋が見つからなかったときなどは封筒を活用するのもよい方法ですよね。

封筒の大きさは子どもの顔の大きさに合わせて選んであげてください。

色を塗る代わりに、折り紙をちぎって貼るのもいいですね。

もとの袋や封筒に模様がある場合などには、上から色を塗るよりも紙を貼った方がきれいに仕上がります。

④紙皿で作る!

・大きめの紙皿の上の方を5分の1を目安に切り取る(ここに角をつける)

・鬼の顔を自由に描く

・角・髪の毛を作って貼り付ける(作り方は下記に詳しく紹介しています)

・細長く切った厚紙の両端を少し折って、そこに輪ゴムを通して輪っかにする

・紙皿と厚紙を貼り合わせる

おでこの上に鬼の顔が乗る、かぶりタイプのお面です。

顔全体を覆ったり、かぶったりしませんので、窮屈さがなくて小さなお子様にもオススメです。

⑤カップ麺の容器を利用して帽子タイプも!

・カップ麺の容器を新聞紙でくるみ、上から折り紙などを張って鬼の頭にする

・角・髪の毛を作って貼り付ける(作り方は下記に詳しく紹介しています)

・必要に応じてゴムであご紐をつける

立派な角の生えた鬼の頭に変身できる軽~い帽子のできあがりです。

こちらもちょっと変わり種ですが面白いので試してみてくださいね。

⑥角の作り方

折り紙で作る場合は、まず折り紙を三角に半分に切り分けます。

それぞれを三角になるように三つ折りすれば、平らな鬼の角のできあがり。

牛乳パックや封筒で作る場合に適しています。

立体的な角を作る場合は、三角に半分に切った折り紙をくるくる巻いて三角錐を作ります。

底面を切りそろえ、切り込みをいれてのりしろを作り貼り付けます。

紙袋のお面など、奥行きのある作りの場合は角も立体的な方が「らしく」なりますね。

あらかじめ角の形に整えた厚紙をアルミホイルで巻けば、銀色の光る角も作れますよ!

⑦髪の毛の作り方

立体的で迫力ある鬼に仕上げるなら、髪の毛の素材は毛糸がおススメです。

毛糸をくしゃくしゃっと丸めて、お面にボンドで貼り付けるだけ。

毛糸がない場合は梱包用のビニール紐や紙紐でも代用できますよ。

もちろん、画用紙や折り紙を雲の形に切って、クレヨンやサインペンでくるくると髪の毛を描くのでもOK!

【当日の献立はどうしよう?恵方巻だけでいいのかな?】

かわいいオリジナルお面ができたら、次は節分のお料理ですね。

節分によく食べられているのは、やはり縁起のよい食べ物です。

地域によって違いはあるようですが、恵方巻以外のものをいくつか紹介します。

①こんにゃく

食物繊維豊富なこんにゃくは体内のお掃除をしてくれる食べ物として、厄払いの意味をこめて食べられています。

節分は季節の変わり目に生じる邪気を払おうという行事ですから、からだのなかの悪いものを追い出すという意味で昔から食べられているのだそうですよ。

②けんちん汁

こんにゃく単独でのお料理もいいですが、けんちん汁の具として入れるとダブル効果で縁起がいいですね。

けんちん汁は寒い時に体を温めてくれる料理として、冬のいろいろな行事にふるまわれてきました。

節分も真冬に訪れるので、けんちん汁を食べるようになったのは自然な事かもしれませんね。

③イワシ

古くから、節分の日には玄関に「柊鰯」を刺して(飾って)、厄を払うという風習があります。

鬼はニオイの強いものや尖ったものが苦手なので、イワシを焼いてニオイを強め、その頭を尖った柊の枝にさして鬼が入ってこられないようにした、という習わしです。

焼き魚が苦手なお子様の場合は、つみれやフライにして食べるといいですね!

④そば

冬と春を分ける2月の節分は、大晦日と同じように1年の変わり目として大切な日とされてきました。

大晦日に食べる年越しそばと同じように、「厄が切れる」ことや「長寿」を願って節分にも食べられているそうです。

他にも、豆まきにも使う福豆を利用した料理や、大きなものを食べると縁起が良いとしてくじらを食べる地域もあります。

定番の恵方巻も、最近では巻き寿司ではなくロールケーキのようなお菓子もたくさん売られるようになっています。

お子様にはデザートに、恵方ロールケーキも喜ばれそうですね!

【子どもと一緒にお面を手作り!すこやかな成長を願って節分料理を楽しんで!】

今回ご紹介した手作りお面はどれも、小さなお子様でもつけられるものです。

でももちろん、ちょっとサイズを工夫して大人用のお面に仕上げることもできますので、パパやママが鬼の役をするときも活用してくださいね。

我が家はもっぱら、父親が鬼役を引き受けてきたのですが、まだ小さかった娘があまりの鬼の迫力に本気で泣き出してしまったというハプニングが・・・。

手作りお面もあまりリアルに作るのは考えものかもしれませんね。

ぜひ可愛くて個性的な鬼のお面と、縁起のよい食べ物を使ったお料理で、家族みんなで節分の行事を楽しんでくださいね!