バレンタインの意味と由来!海外はチョコじゃない!?日本独自の風習

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2月14日はバレンタインデー!

今の日本では、大人から子どもまで知らない人はいないと言ってもいいくらいメジャーなイベントになっているバレンタイン。

思いを込めた本命チョコを手作りしたり、告白できるかドキドキしたり。

または、職場で交わされる義理チョコや友チョコのしがらみにちょっとウンザリしたり。

みなさんそれぞれ様々な思いを抱えてのバレンタインを迎えようとしているのはないでしょうか。

さて、すっかり馴染みのバレンタインデーで今やあまり気にしない方も多いかもしれませんが、本来は海外から輸入(?)された記念日なんですよね。

お祭り騒ぎのようになっている日本でのチョコレート交換ですが、もともと海外ではどんな風に過ごしていたかをご存知でしょうか?

今回はバレンタインデーの由来や、日本独自といわれるバレンタインデーになった経緯などをご紹介します。

「バレンタインデーは菓子業界の陰謀」とため息をついている方、必見ですよ。

読み終えたころに、「バレンタインデーも素敵じゃない!」と思っていただけるとうれしいです。

スポンサーリンク
レフタリング大

【海外のバレンタインはどんな感じ?】

バレンタインデーの歴史は古く、それはローマ帝国の時代までさかのぼります。

当然日本にはまだバレンタインのバの字もなく、古代ヨーロッパで生まれその後数百年の間にさまざまに変容して世界に広まっていったんです。

日本でバレンタインデーにチョコレートを贈るのが流行しだすのは1950年代になってから。

バレンタインデーの歴史を思えば、日本に入ってきたのはごく最近のことなんですね。

かつて古代ローマでは、豊穣の女神を讃えて2月にお祭りがおこなわれていました。

そのお祭りでパートナーになる男女を、男性が女性の名前をかいた紙をくじのように引くという方法で選んでいたのだそうです。

パートナーになったカップルはそのまま恋に落ちて結婚することも多かったのだとか。

このあたりにバレンタインデーが恋愛の記念日的なものになった起源があるようです。

バレンタインという言葉は実はキリスト教司祭のバレンチヌスだといわれています。

古代ローマではまだ異教とされていたキリスト教司祭の名前が記念日に冠され、世界に広まっていったのにはある逸話があります。

古代ローマでは男性の兵士たちは、結婚を禁止されていました。

時の皇帝クラウディウス二世は、若い兵士が戦争に行きたがらないのは家族や恋人と別れたくないからだと考え、兵士の士気を保つために結婚を禁止してしまったのです。

愛するものと結ばれることを禁じられた若者を不憫に思ったバレンチヌスは、こっそり結婚式を執り行っていました。

それが皇帝の知るところとなり、キリスト教が当時異教であったことやバレンチヌスが皇帝の命令に背いたことなどが理由で、バレンチヌスは処刑されてしまいます。

その処刑日が2月14日、その後現在もバレンタインデーとして続く記念日になったというのが、諸説ある由来のうち有力だといわれています。

かつてのバレンタインデーでは、愛する恋人や家族がお互いに思いを込めてカードを贈り合っていたそうです。

その習慣は今でも引き継がれていて、欧米では思い合う男女がお互いにカードを贈り合ったり、プレゼントを交換したりステキなデートをセッティングしたりして楽しんでいるそうですよ。

もちろんプレゼントとしてチョコレートを選択することも多いようですが、日本のように「バレンタインデーといえばチョコレート」というこだわりはないそうです。

日本がどちらかというと女性から男性へ渡すという一方通行なのに対し、男女がお互いに贈り物をするというのも違うところですね。

実は「バレンタインデーに意中の男性に告白と共にチョコを渡す」というのは日本独自のもの。

日本オリジナルなバレンタインについて、まずは歴史からみてみましょう。

【日本のバレンタインの歴史は?本命にはチョコだけ?マシュマロとかの意味は?】

日本で初めてバレンタインデーを意識してチョコレートを売り出したのはモロゾフの創業者でした。

時は昭和7年、しかし習慣としてはあまり定着したなかったそうです。

その後、昭和40年代に森永製菓も積極的にバレンタインチョコを販売するようになり、昭和50年くらいから流行、定着したといわれています。

流行の背景には、戦後の高度経済成長で家計に余裕が生まれたとか、10代の若者の間で受け入れられ伝播していったとか、いろいろな説がありますが、当初から「女子から男子へ愛の告白」という意味合いが強かったようですね。

モロゾフの創業者は欧米の愛の記念日であることを紹介していたそうですが、製菓業界の積極的なマーケティングで広まっていく過程で、今の日本独自の習慣に変容していったのでしょう。

いただいた恩はお返しするという日本の美徳精神も手伝って、ホワイトデーも誕生しました。

これも日本独自の習慣で、きっかけはやはり製菓会社のキャンペーン。

バレンタインデーが製菓会社の陰謀と言われてしまうゆえんですが、和の精神を大切にする日本人だからこその発展だといえそうです。

ところで最近では、チョコレートにも彩り豊かないろんな種類がありますし、チョコレートに限らず他のスイーツを贈ることも増えてきましたよね。

スイーツの種類によってこめられる意味が違うというウワサを耳にしたのでちょっと調べてみました!

キャンディ:あなたが好き

クッキー:友達でいましょう

マシュマロ:あなたが嫌い

キャラメル:あなたといると安心

マカロン:あなたは特別な存在

マシュマロが嫌いを意味するなんて、知らなかった私としてはちょっと驚きでした!

そしてやはり本命にはチョコレートが王道のようですね。

実際、チョコの原料であるカカオには「恋の媚薬」的な効果があるそうです!

【聖バレンチヌスへの感謝と愛する人への思いをこめて!バレンタインを楽しもう】

そういえばホワイトデーのお返しには、告白の答えがイエスならキャンディを贈ると聞いたことがありましたが・・・。

バレンタインデーはもちろんですが、ホワイトデーにお返しとして贈られるスイーツの意味はちょっと気になってしまいますよね。

でも、巷で言われているお菓子の意味よりも、自分が相手にこめる思いと、相手がこめてくれる自分への思いの方がずっとずっと大切です。

2月14日はローマ時代から脈々と継がれてきた愛の記念日。

バレンタイン商戦に踊らされているとか、義理チョコにウンザリなんて言わずに、大切なひとに思いを伝えられるチャンスと思って楽しみたいですね!