花粉症は季節に関係ない!春にする花粉症対策とは!風邪だったらよかったのに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

気温が上がってくる春の季節になると、花粉症に悩まされる人が目に見えて増えてきます。

マスクを常につけていたり、会話してみると鼻声だったりしますから大変そうなのが丸わかりですね。

日本人の約25%が花粉症と言われていましたが、最近では「花粉症で悩んでる人が4割」「以前悩まれていた人が1割」程度いることもわかってきています。

鼻水、くしゃみが止まらなくて、日常生活もままならず、なにもかもイヤになってしまいます。



日本人の約25%が花粉症と言われていましたが、最近では「花粉症で悩んでる人が4割」「以前悩まれていた人が1割」程度いることもわかってきています。



花粉症といえば、スギ・ブタクサなどが有名ですが、これ以外にも原因が沢山あるんです。

春の花粉についてまとめていますので、対策方法も含めて参考にしてみてください。



日本人の約25%が花粉症と言われていましたが、最近では「花粉症で悩んでる人が4割」「以前悩まれていた人が1割」程度いることもわかってきています。

スポンサーリンク
レフタリング大

春に飛ぶ花粉は何がある?花粉症アレルギーは辛い!対策の前に種類を確認しよう

花粉症は、アレルギーのひとつになります。



日本人の約25%が花粉症と言われていましたが、最近では「花粉症で悩んでる人が4割」「以前悩まれていた人が1割」程度いることもわかってきています。



花粉が目や鼻などから体内に入ったときに、それを外に出そうとうする免疫反応によって、くしゃみや鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出てきます。

過剰反応してしまうことで、花粉症といわれるような症状(くしゃみ・鼻水・目のかゆみ)が止まらなくなってしまうんです。



日本人の約25%が花粉症と言われていましたが、最近では「花粉症で悩んでる人が4割」「以前悩まれていた人が1割」程度いることもわかってきています。

住んでいる地域・時期によって違う花粉を把握しておこう!

  • スギ花粉  ⇒ 2~4月
  • ヒノキ花粉 ⇒ 3~5月
  • ハンノキ属 ⇒ 1~6月
  • オオバヤシャブシ ⇒ 3~4月

全国各地で飛ぶ花粉と、地域によって特に飛ぶ花粉がありますので、少し見ていきましょう。

スギ、ヒノキ、ハンノキは、上に書いた時期に全国各地で飛散していきます。

他にもイネ、コナラ、リンゴ、ネズ、ブタクサ、ヨモギ、ケヤキなどなど、アレルゲンになる花粉はたくさんあり、全国で飛散しています。

地域で特に飛散するのは、どの花粉?

北海道はスギ、ヒノキ花粉が少ないのですが、シラカンバ属の花粉が多く、4月~5月に飛散します。

ハンノキも、1月~6月に全国各地で飛散しますが、北海道・東北に多い花粉です。

北海道で花粉症の方は、スギ、ヒノキよりシラカンバ、ハンノキが原因の可能性が高いです。

オオバヤシャブシは、兵庫県の六甲山あたりに最も多く生えているため、

関西や太平洋側の方の花粉症の原因になっています。

時期や地域でもアレルゲンを特定できなければ、血液検査で調べてもらうのもいいかもしれませんね。

花粉症の辛い時期をのりきる秘策3選!

ツライ花粉症の対策として色々ありますが、代表的なものをあげれば

「バランスのよい食事をとること」

「外出先から帰ったら花粉を落とすことを習慣にすること」

「花粉がなるべくつかないようにグッズに頼ること」

この3つが特に大事なことになります。

花粉症を根本的に治すためには、体質改善をするのが一番ですから食事で免疫力を高めましょう。

ポリフェノールやDHA、ビタミンDなどが花粉症対策になると言われています。

普段からバランスのとれた食生活を心掛けることが一番の対策になります。

また、外から帰ってきたら、玄関先で服を払って、花粉を落としましょう。

花粉が付きにくい、つるつるした素材の服を着るだけでも違います。

また、帰ったら顔を洗い、うがいをしっかりしましょう。

室内では窓はむやみに開けず、こまめに掃除機をかけて花粉を残さない様にしていきます。

花粉対策グッツに頼ること

花粉は目や鼻、口などの粘膜に付着します。

少しでも避けるために、マスク、ゴーグルなどの花粉症グッズで対策しましょう。

なにも対策しないと仕事にならことも多々ありますから、適度な対策をしていくことが重要です。

花粉症対策のマスクなら、花粉やハウスダストを水に変えてくれるマスクもあります。

花粉症やアレルギー鼻炎薬アレグラFXのジェネリックもアリ

室内空気からの見直しも必要なら「空気清浄機」

春の花粉症対策 まとめ

花粉症は本当に厄介で、春になると悩まされますよね。

最終手段は、沖縄に逃げるのがいいかもしれません(笑)

沖縄には、花粉症を引き起こすスギやヒノキがほぼないため、花粉症を発症する人もかなり少ないのです。

ただ、イネなど他にもアレルゲンになる植物はあり、花粉症に絶対ならないわけではないので行くとしても気を付けて行ってきてくださいね。