どうして6月の結婚は縁起が良いの?知られざるジューンブライドの意味

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

6月と言えばジューンブライドです!!

女性の皆さんは憧れますよね!!

もちろんわたしも憧れています・・・。

6月の結婚は縁起が良い、とは聞きますが、わたしも実はよく知らなかったので調べてみました!!

スポンサーリンク
レフタリング大

ジューンブライドの3つの有力な説!!知っていましたか〜?

1つ目!女神ユーノー(JUNO)さま説。

神話の話になりますが、ローマの神話の話になります。

神様のユーピテルは人類の家族の守護神・支配者として神々と人間たちの父と考えられていました。

そんな素晴らしいユーピテル。

ですがユーピテルは浮気性だったのです・・・。

そして最高位の女神と呼ばれているユーノー。ユーピテルの正妻でした。

ユーピテルは女性や子供、家庭の守護神とされ、結婚生活の守護神ですね。

ですがユーピテルの浮気性がために良い家庭を築くために必死でした。

その姿が結婚生活の守護神と言われる理由の一つなのです。

そのユーノーを、6月1日に祭られるようになりました。

結婚生活の女神が祭られた6月。

そのような事から、6月に結婚するとユーノーに見守られ素敵な結婚生活が出来、幸せになれると言われています。

2つ目!3〜5月に結婚してる場合ではない説!!

昔のヨーロッパでは結婚できない月は、3〜5月になります。

理由は農作業が一番忙しい時期だからでした。

一番忙しい時期に結婚式をすると、農作業の妨げになりますよね・・・。

そして結婚が禁止、となりました。

ピークの仕事を終え、待ちに待った6月に結婚しようとなるわけです。

忙しい時期に結婚できないカップルが、6月に結婚ラッシュ!!

皆が余裕ができ、祝福してくれる6月に結婚すると幸せになるという説です。

3つ目の説!お天気良いですね〜!

ヨーロッパでは、6月が一番天気が良い月になるそうです。

日本の6月は梅雨なのに・・・orz

花嫁は、ウエディングドレスを着て結婚式を挙げます。

雨は降って欲しくないのは当たり前ですよね!笑

こんな理由から、ヨーロッパは6月が一番雨が降らないので、「さぁ。結婚!」って事になります。

6月にはイタリアも祝福ムード、ヨーロッパは6月12日に「恋人の日」があるそうです。

happyなイベントがあるとカップルも盛り上がりますよね!

だからこそ6月の結婚は、気候が良く、祝福ムードの中で結婚すると幸せになれるという説があります。

ジューンブライドが日本に広まった理由・・??

ジューンブライドは先ほども書いた通り、ヨーロッパ発祥です。

ではなぜ日本に、どのように、広まったのでしょうか??

それには、以外な秘密が・・・隠されてます!!!

日本の結婚式は主に屋外で行われていました。

もちろん、梅雨の時期である6月に結婚式を挙げるカップルなんてほとんどいません。

そこでブライダル会社は閑散期の打開策として、「6月に結婚すれば幸せになれる」と言われる、上に書いた3つの有力説の話の、女神ユーノーの話を広めました。

その後、この話を聞いた日本陣にジューンブライドが受け入れられ、6月結婚式を挙げるカップルも多くなったくらいです。

日本の結婚式は非常に歴史を刻んでできています。

ジューンブライドの機嫌がブライダル会社の経営戦略・・・・っていうのはロマンに欠けちゃいますよね・・・。

ヨーロッパ発祥!日本はブライダル会社の経営戦略!大事なのは・・?

最後になりますが、ジューンブライドはヨーロッパ発祥、その時期にしかできない、という、大事な期間であった6月でしたね。

皆んなも祝福できて、自分たちにも余裕ができる、幸せですね。

そして日本はブライダル会社の閑散期の打開策、経営戦略。

本当の意味での祝福とは、とわたしはすこし考えてしまいます。

でも、大事な事、忘れてはいけない事は、パートナー、カップル、が幸せに結婚式を挙げれる事、そして周りが祝福してくれることです。

ジューンブライドに挙げる意味を考えて、皆様が幸せに結婚式を挙げれる事が素敵な事だと思います。

うん、でもジューンブライド、憧れちゃう!!