お中元返してる?今更聞けないお返しマナー!基本を押さえてしっかり者に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

お中元を贈りたいけど

どうやって贈っていいか分からない。

大丈夫です!

まずはその贈ってあげたいという気持ちが大切なのです。

今回はお中元を贈る意味と

マナーの仕方をお教えします。

スポンサーリンク
レフタリング大

お中元ってなんで夏に送るの?お返しは必須?

「 中元 」とは、一年を二つに分けた真ん中の7月15日のことを言います。

また、盂蘭盆会(うらぼんえ)が重なったことで

先祖の霊にお供えや

お世話になった人へ贈り物を贈る慣習ができました。

お中元は基本的に7月初めから中頃までの期間に贈ります。

しかし

関西では7月下旬から8月中旬までに贈るとされていました。

現在では地域に差はないようですが

関西県内の方は確認しておいた方がいいですね。

時期を逃してしまった場合も大丈夫です。

暑中見舞い( 土用の入りから立秋まで )

残暑見舞い( 立秋から )を送りましょう。

お中元は日頃お世話になっている人に贈るものなので

お返しは必要ありません。

贈られた場合、速やかに電話か手紙でお礼はするべきですが。

しかし

一概に完全に不必要とは

相手の関係性によって異なります。

また、誰にでもお返しをする必要もありません。

お中元の正しいマナーの基本は押さえておこう!

◎ 熨斗紙(のしがみ)

紅白の5本の花結びの熨斗(のし)が付いた( 一般お祝い用 )

紅金の7本の蝶結びの熨斗(のし)が付いたデザインを用います。

中央の結び目の上に「 御中元 」と書き

結び目の下にフルネームで「名前」を入れます。

目上の人の場合は姓だけでもかまいません。

また

連名の場合、目上の人が右で、目下の人が左に書きましょう。

3名以上が連名する場合「 他一同 」と左に寄せて書きます。

◎ 贈る相手を一番に考えて贈りましょう

相手が政治家や公務員、教員の場合

選挙法や公務員規定に反するため

贈ってはいけないことになっています。

贈ったことで迷惑をかけない相手かどうか判断しましょう。

喪中であっても

伝えるのは感謝であるため

贈るのは大丈夫です。

しかし、ご不幸から日にちが立っていない場合は避けましょう。

◎ 贈るもの

贈る側の好みを贈りがちですが

日頃お世話になっている感謝を伝えるためなので

贈られる側の好みや家族構成

年齢などに合わせて贈りましょう。

 

ちなみに

お中元に贈りたい商品

1位はビール

2位にコーヒー

3位にそうめん

以下、産直の生鮮食品となっています。

 

もらいたい商品

1位は商品券

2位はビール

3位は産直の生鮮食品となっています。

◎ 予算

日頃お世話になっている度合いで

贈る値段は変わってきます。

大体が 3000前後~5000円 ほどのようです。

まとめ

マナーは社会人としての基本ですが

感謝の気持ちがこもっていることが一番 だと思われます。

何を贈ろうか

何を贈ったら喜んでくれるか

と、一生懸命に選ぶことが重要です。

お中元はデパートやインターネットなどで買い

そのまま贈る手配を済ませるのが一般的です。

お店の人やネットの言うとおりにしておけば

まず間違いはないでしょう。

ただ

贈るのは直接手渡した方が

より感謝を伝えられます。