花粉症は季節に関係ない!夏する花粉症対策とは!風邪だったらよかったのに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

日本の約25パーセントは花粉症

と言われている昨今。

花粉症とはくしゃみ・鼻水などの

アレルギー症状を起こす病気です

あまり知られていませんが

春や秋だけでなく

夏にも花粉は飛びます。

 

その原因は杉花粉などではなく

花粉でもないことがあります。

スポンサーリンク
レフタリング大

夏に飛ぶ花粉は何がある?花粉症アレルギーは辛いよね

夏に飛ぶ花粉は、草木花粉と言って

イネ科の植物の花粉である カモガヤ や ハルガヤ

キク科の花粉である ブタクサ、 ヨモギなどです。

土手などに生えている真黄色の草が ブタクサ ですよ。

また

ダニやペット、ゴキブリなどの一年間を通してのアレルゲン

昆虫アレルゲン、空中真菌(カビ)

夏には当然あります。

原因アレルゲンを除去しないと

花粉症は治りません。

しかし、未然に防ぐことは可能です。

次の項目に移りましょう。

ツライ時期を乗り切る秘訣3選!!

◎ 花粉症チェックをまめにしよう!

天気は 晴れまたは曇り が 危険です。

さらに最高気温が高く

湿度が低い日

やや強い南風が吹き

その後、北風に変化したとき

また、前日が雨の日は、花粉が多く舞うため、注意が必要です。

上の項目に当たる日は

できるだけ外出を控える

マスクや予防薬を飲むなどの

対策をとりましょう。

◎ 玄関でシャットアウト

衣服に着いた花粉は家に持ち込んではいけません。

上着をはたいたり

ブラシで撫でて落としたりしましょう。

 

ペットにも花粉は付着しているので

そのまま寝室に行かれたら大変です。

玄関でブラッシングを十分にしてから中に入れましょう。

◎ 掃除はこまめに

夏の花粉症は花粉が原因ではないこともあると

前述しました。

 

埃やカビ対策、ゴキブリやダニ退治をしっかり行いましょう。

それだけで大分症状は軽くなるはずです。

ここまでは自分で対処が可能ですが

外に出た社会(会社や学校)では

どうしようもないですよね。

マスクや投薬治療でやり過ごすしかありません。

まとめ

夏の花粉は自分も他人にも気づかれないことが多いです。

そのため

そのまま毎年放置ということがあります。

頭が痛くても、熱があっても、鼻水が出ても

夏風邪を引いたわけではないかもしれません。

試しに、秘訣3選を試してはいかがでしょうか?

風邪だと勘違いもしがちですが

耳鼻咽喉科はどちらも受診可能なため

そちらで試しに受けてみてはいかがですか?

お医者様に判断してもらうことで

新たに分かることもあるかもしれません。