コインランドリーの乾燥機って時間は?毛布を乾燥させるならいくら?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

衣替えの季節となりました。

簡単に毛布などを洗濯したいとなると

クリーニングだとお金がかかりそうですし・・・。

コインランドリーだと安くすみそうですよね!

そして時間もあまり取らないイメージだと思います。

ですが

普段コインランドリーに行かない人だと

乾燥機の時間や料金なんてわかりませんよね。

スポンサーリンク
レフタリング大

コインランドリーで洗えるのはココまで!布団や毛布だけじゃない!

コインランドリーで洗えるものは

実は結構あります。

布団や毛布だけじゃないんです!

ということで

どんなものまで洗えるのか色々と紹介していきたいと思います。

箇条書きしますと

・一般衣類

・夏布団

・毛布

・こたつ布団

・羽毛布団

・カーテン

・スニーカーなど

となっています。

結構何でも洗えるんですね!

めんどくさいものでも結構洗えることがわかります。

洗濯機の目安は

kgの場合 》

夏布団1枚、毛布(小)2枚、(大)1枚、こたつ布団、羽毛布団1枚

14kgの場合 》

夏布団2枚、毛布(小)3枚、(大)1枚、こたつ布団、羽毛布団1枚

20kgの場合 》

夏布団3枚、毛布(小)4枚、(大)3枚、こたつ布団1枚、羽毛布団2枚

28kgの場合 》

夏布団4枚、毛布(小)6枚、(大)4枚、こたつ布団1枚、羽毛布団3枚

コインランドリーにはこんなに洗濯できるものもあるんですね。

一気に洗濯したい場合でも安心して洗濯することができますね。

 

そして大体のコインランドリーは

洗剤や柔軟剤が不要になっていますから

洗濯代と乾燥代だけで大丈夫です。

大体支払いはコインになるので

コインを用意しておきましょう。

今、コインランドリーはたくさんありますから

クリーニング屋さんよりあるんではないんでしょうか?

そう思うと

コインランドリーでこれだけ洗濯できるのを知ると

コインランドリーで済ますのがいいのかなと思います。

乾燥にかかる時間で料金が変化!安く済む裏ワザは!

乾燥機にも時間があったりそれによって料金が変化します。

できればみなさん安く済ましたいですよね!

ということで乾燥機について紹介していきたいと思います。

最初に乾燥機の使い方について

1、洗濯物を入れる

乾燥機の目安のラインというのがあります。

大体ドラムの三分の一程度まで洗濯物を入れるのがいいでしょう。

三分の一を超える場合はそれより大きな乾燥機を選びましょう。

乾燥しづらくなってしまいます。

2、コインを入れて乾燥スタート

お好みの時間分の料金を投入します。

大体約20分〜40分で乾きます。

がっつり乾かしたい方は最大まで乾かすといいと思います。

3、終了

その後乾燥終了したらドアを開けて洗濯物を取り出すだけです。

量によって乾燥する時間が変わっていきます。

目安の三分の一にして、大きい乾燥機でやるとお手軽に済むでしょう。

それか

1台の乾燥機に沢山の洗濯物を詰め込むよりも

2台に分けて乾燥をかけると早く乾きます。

量によって変わってきますが

やはりドラムの三分の一の目安を忘れずに乾燥を行うと効率よく

そして無駄なお金がかかることなく乾燥できると思います。

逆に詰め込みすぎてケチってしまったら

生乾きになってしまいますからね。

そうなると勿体無いですよね。

コインランドリー洗濯、乾燥について最後に。

どうだったでしょうか?

先ほども書きましたが

今はそこら中にコインランドリーがありますから

車を持ってる人なんかは

コインランドリーで済ますのが楽だと思います。

その日で洗濯して乾燥させられるんですから

クリーニングより手間が省けますよね。

コインランドリー中に用事を済ませることもできますし

便利なものだと思います。

ぜひコインランドリーで

洗濯や乾燥させたい方は参考にしてください。