お中元にオススメ!お返しにも使える品はコレ!オススメ品を集めてみたよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

日頃からお世話になっている方へ

感謝の気持ちを込めて贈る

「お中元」

冬のお歳暮と並んで

日本で定着している行事です。

お中元を贈る時期は、地域によって異なります。

北海道では7月下旬~8月15日まで

東北・関東・北陸では7月初旬~7月15日まで

関西・中国・四国では7月15日~8月15日まで

九州では8月1日~8月15日まで

沖縄では旧暦の7月15日まで

各々の時期までに贈るのが一般的とされています。

今年もそろそろ、何を贈るか考えなければいけませんね。

スポンサーリンク
レフタリング大

お中元にオススメできるのはこのあたり!相手の事を意識するとイメージUP

お中元は親戚や上司、会社の取引先など

日頃からお世話になっている方へ

日頃の感謝を込めて

また相手の健康を気遣って贈ります。

安価すぎるものだと失礼にあたりますが

高価すぎても、かえって相手に気を遣わせてしまいます。

お中元の相場は、3,000円~5,000円といわれています。

贈るものとしては食料品を贈るのが主流です。

これは

昔お中元がお供え物の意味をもっており

その風習が残っているためです。

お酒が好きな方には

暑いときに風呂上がりに飲めるビールを贈るのが定番です。

お中元ランキングでも毎年上位にきます。

また、取引先や得意先など

会社宛てに贈るものであれば

シェアしやすい洋菓子が主流です。

夏に涼しいゼリーや、ジュース、アイスコーヒーなど

休憩中に一服できるものもいいですね。

上司には、自分ではなかなか買わないような

デパートでセレクトされた

ご当地グルメを贈ると気が利いていて喜ばれます。

他にも、ファミリー宛てであれば

そうめんやフルーツ、アイスクリームの詰め合わせなど

食欲が落ちる夏に相手を気遣ったものや

ハム・ソーセージといった

賞味期限の長いものも喜ばれます。

相手に喜んでもらえるものであれば

そこまで食料品にこだわる必要もありません。

洗剤や入浴剤といった生活雑貨も

主婦にとってはうれしいものです。

いずれにしてもお中元は相手のことを考えて

贈ったら喜ばれそうなものを

選びましましょう。

絶対に避けておくのはアレとコレ!

お中元は、マナーとして贈ってはいけないものがあります。

まず、靴や草履などの履物

「 相手を踏む 」

という意味があるためNGです。

また、包丁などの刃物やハンカチ

「 縁切り 」

の意味合いがあるため避けましょう。

下着、靴下などの肌につけるものも

「 生活に困っている人に恵む 」

と思われてしまうので贈ってはいけません。

また、一見喜ばれそうな商品券は賛否あるのですが

同じく「 恵んでいる 」という風に

捉える方もいるかもしれないので

目上の方に対しては避けたほうがいいでしょう。

また、同じ理由で現金は絶対ダメです。

まとめ

親しみをこめて贈るお中元で失礼があっては

元も子もありません。

最低限のマナーを守って

相手が喜ぶものを考えながら

選ばないといけませんね。