ちょっと待って!キッチンハイターの使い方に注意!かけすぎると・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

台所など、水まわりのお掃除に

何かと便利な

主婦の味方キッチンハイター。

普通の食器用洗剤だとなかなかとれない

マグカップにできた茶シブやコーヒーのシミなど

新品みたいにキレイにとれて便利ですよね。

でも、キッチンハイターは使い方を

間違えるとなかなか危険です。

今回は、キッチンハイターの正しい使い方を確認しましょう。

スポンサーリンク
レフタリング大

キッチンハイターの正しい使い方

キッチンハイターは、塩素系の台所用漂白剤です。

聞いたことがあると思いますが・・・

塩素系の洗剤は

酸性の洗剤やアルコールなどと

まぜると有毒ガスが発生してとても危険です。

まさに「 まぜるな危険! 」です。

使う際は、換気をしっかりして

十分注意しましょう。

また、液体タイプのものは

原液では使わず、希釈して使います。

目や皮膚につかないように気をつけましょう。

濃度を別けて汚れに合わせて使う!

キッチンハイターは、汚れを落とす以外にも、

除菌・殺菌効果があります。

ふきんの除菌であれば

5Lの水にキャップ1.2杯で2分

漂白なら30分つけ置きして

水でよくすすぎます。

まな板や食器の除菌であれば

5Lの水にキャップ2杯で2分

漂白なら30分つけ置きして

同じく水ですすぎます。

まな板の漂白には

キッチン泡ハイターも簡単で便利です。

まな板や排水口にシュッシュッとかけて

5分つけ置きすると、ピカピカになりますよ。

 

また、キッチンハイターは毎年冬に流行する

ノロウィルスにも有効です。

塩素系のハイターには

ノロウィルスの殺菌作用があります。

冬の時期は、必需品になりそうですね。

ちなみに、キッチンハイターは黒カビにも有効です。

キッチンだけでなく

お風呂場、洗濯槽、トイレなんかにも使えます。

梅雨の時期など

お風呂場の黒カビが気になる人は

液体タイプであれば

水とハイターを1:1で希釈して

歯ブラシでゴシゴシこすります。

最後にカラ拭きすれば

きれいに黒カビがとれます。

また、しつこいカビには、

キッチンペーパーにハイターを浸して

汚れの部分にくっつけてしばらく置くと

きれいにとれますよ。

使う際はゴム手袋、マスクをして

換気もしっかりしましょう。

まとめ

何かと便利なキッチンハイター。

使い方次第で

おうちの中のこびりついて

なかなかとれない汚れを

落とすことができます。

 た だ し

使い方を間違えると

意識不明で倒れたり

本当に危険なので

十分に気を付けてくださいね。