【サマースクールは夏だけ!】 しっかり英語を身に着けるなら今しかない!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

言語として難しい日本語はできるのに、英語はできない。

そんな方は日本人にたくさんいると思います。

英語は子どもの内から学んで、

慣らしていかないと

自然に身に付いてはくれないものです。

英語塾に行かせるには

お金がかかるし

しっかり身につけられるか心配ですよね。

そういう方におすすめなのが

夏に通うサマースクールです。

スポンサーリンク
レフタリング大

子供がサマースクールにいくメリットは?

まずは第一に、

英語だけしか話せないという環境に置くことで、

英語で相手に伝えようとする習慣が定着します。

そうすることで、

相手の英語を聞く力が磨かれ、

表現する力もつきます。

コミュニケーションをしようとすればするほど、

英語の力は伸びていきます。

サマースクールへ行ったことで、

協調性や社交性が伸びたという子どももいます。

異文化体験をすることで得られることは、

英語を身に着けるだけではないのです。

中学生でもまだ間に合う!

夏のサマースクールで成績アップ!

サマースクールは小学生だけの企画だと思っていませんか?

実は中高生の多くを募集しています。

学校ではあまり学べない英会話力がつけられるチャンスです。

小学生は国内のキャンプやプログラムが多いですが、

中学生は外国に留学することが多いようです。

短期留学をするのは少し不安になるでしょう。

しかし

その緊張が子どもを必ず成長させるのです。

英語だけでなく

芸術やスポーツ幅広いジャンルを

他の国の子どもたちと一緒に学ぶことができます。

みんな自国の言葉が一番うまいのは決まっています。

みんなが同列からのスタートなので、

安心して英語を学ぶことに集中できます。

親元を離れ、自分しか頼れない状況に追い込むことで、

自信がつき、自分で前に進むことを覚えるのです。

まとめ

実は、子どもより親御さんの方が心配になることがあります。

自分の子どもはスクールで孤立していないか、

パニックになっていないか。

それは過保護ではありません。

親御さんなら必ず思う感情です。

しかし

成長して帰って来た子どもを迎えたとき

その心配杞憂に変わり

自分の子どもを前よりもきっと誇らしく感じることでしょう。

子どもが英語を学ぶことで、

親御さんも英語を学びたくなるかもしれません。

そのようなきっかけ作りは、

子どもとの充実なコミュニケーションのひとつとなるはずです。

今年のサマースクールに通ってみたくなりましたか?

大事なのは子どものやる気です。

興味がないようでしたら

キャンプに行っても

何の成果もなく

終わってしまうかもしれません。

まずは子どもにサマースクールのメリットを話してみてください。

それで興味を引けるようなら、

きっとあなたの子どもは近い未来に素晴らしい結果をもたらしてくれるはずです。