何年ぶり?帰省するなら手土産くらい持っていきなさいよ!おすすめだよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

普段、あまり帰ってないけど

お盆やお正月には実家、義実家に帰省する

という人は多いと思います。

たまの帰省に、手土産を持って行っていますか?

「 気心知れた仲だから・・・ 」と手ぶらで帰っていませんか?

親しき仲にも礼儀あり!

ちょっとした手土産が、大幅なイメージアップにも繋がります!

スポンサーリンク
レフタリング大

忘れた頃に帰省するなら手土産大事!

「 親しき仲にも礼儀あり 」ということで!

やはり久々に顔を出すのであれば

「 ご無沙汰です 」「 お邪魔します 」の意味を込めて

手土産を持って行きましょう。

夫婦でお互いの家に行くなら、なおさらです。

夫や妻が「 手土産なんて持って行かなくていいよ 」と言ったとしても

夫の両親、妻の両親がどう思うかはわかりません。

夫の言うとおりに手ぶらで行ったら

姑に陰で「 常識のない嫁だわ 」と言われてた

なんて話も聞きます。

手土産は挨拶がわりだと思って持って行くのが無難です。

ごますりなわけじゃない!手土産はほんの気持ち!高すぎるモノは気分を害す!!

そうは言っても、何を持っていけばいいんだろう?

いくらぐらいのものがいいんだろう?

ちょっと構えてしまいがちですが

実家への手土産の相場は

1,000円 ~ 3,000円ぐらいです。

高価すぎるとかえって気を遣わせてしまうので

本当に「 ちょっとした気持ち 」で選ぶといいですね。

離れた場所なら、自分の家の近くの名産や

自分で食べておいしかったお店のスイーツなどが喜ばれます。

実家ではなかなか手に入らないものを

持って行くと、話のタネにもなりますよね。

久々の帰省であれば、まずは手土産で話題づくりができます。

実家の近くで買うのは、忘れてて急いで買ったと

思われる可能性が高いので避けたほうがいいでしょう。

両親の好みを事前にリサーチ!

あとは、両親の好みのものもいいと思います。

和菓子、洋菓子、お酒など、好き嫌いがあるので

義両親であれば、事前にリサーチするのも大事です。

また、お盆やお正月は親戚が集まる時期でもあるので

個包装になっているものなど

みんなで分けあえて日持ちがいいものもいいですね。

「 これ、息子夫婦が持ってきてくれたのよー 」

なんて言いながら親戚に配ってもらえば

「 あら、できた息子さんねー 」

「 できたお嫁さんねー 」

なんて言われて

親戚からも一目置かれること間違いなしです。

まとめ

実家への手土産は

そんなに難しく考えるものではないと思います。

「これ、おいしかったから食べてもらいたいな」とか

「今テレビで話題のこのスイーツ持って行ったら喜んでもらえるかな」

そんな、相手を思う気持が大事です。

普段から、人にオススメしたくなる様な手土産かどうか!

そんな視点で、お菓子やお酒、名産品などを口にしていけば

手土産にする時に、ちょうど良いモノが見つかるかもしれません。

そうやっていけば

帰省の際の手土産選びも

より楽しくなるかもしれませんね。