キッチンハイターでシミ抜きしちゃおう!意外と使える洋服のシミ抜き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

お気に入りの洋服を着て、仲の良いお友だちや恋人とおでかけ!

美味しいお食事を済ませて家に帰ってきたら

なんと洋服に食べ物のシミが・・・!

数回しか着ていないのに汚れてしまうと

とてもがっかりしますよね。

クリーニングに出すのも良いけどお金がかかるし

汚れがついたその都度クリーニングに出すのは

避けたいというのが本音だと思います。

そんなアナタにピッタリなのが!

ご自宅でも手軽にできる!

キッチンハイターを使うという方法です。

キッチンハイターなら

どこのスーパーやドラッグストアでも100円ほどで調達できます。

調理器具用だから洋服には使えないのでは?という心配は不要!

洋服がダメになることなく

簡単にシミ抜きができるのです。

今回はその方法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク
レフタリング大

取りにくいシミは何がある?

洗濯機で洗うだけでは汚れが落ちにくい頑固なシミですが

あらかじめ「 どんな汚れが落ちにくいか 」を知っておくことで

万が一汚れが付いてしまっても早めの対応ができます。

珈琲やワインなどの、液体系で色の濃いシミ

これららは洋服に付着すると生地の繊維に入り込みます。

もちろん液体ですので広がっていくこともあります。

乾いた状態になると

汚れた部分とそうでない部分の境目がくっきり分かってしまいます。

早めに対応しないと

汚れが、こびりついてなかなか落ちなくなってしまいまよね。

見た目にも汚れた部分がはっきり見えますから

汚れた服を着ることは躊躇してしまいます。

ファンデーションや口紅

化粧品を中心とした油分を含んだ固形物中心とする色付きのシミです。

これらはうっかり洋服が顔に触れた時に付着することが多いです。

ドラマで「お父さん!この口紅はなに!!」って怒られるヤツです。

簡単に汚れが落ちそうな感じがしますが意外と頑固な汚れです。

油分を含むため

生地の表面にうっすらと伸びるような汚れが付いてしまいます。

洋服の繊維の隙間に入り込む液体のシミよりも

固形物が多いために生地の表面にうっすらと伸びるようなイメージですね。

例えば

油でベトベトのお皿を洗うと、油汚れを簡単に落とす事ができませんよね。

それと同じ様に、洋服への油汚れも洗濯機で洗うだけではNG!!

完全には汚れを落としきれなくなり、うっすらとシミが残ります。

色が濃ければ、はっきり残ってしまうケースも多いです。

皮脂や手垢

シャツの襟周りや袖口に代表されるような汚れですね。

皮脂汚れや、手垢のアトなどです。

日々の生活の中ですぐに気が付くことはありませんが

次第に汚れが目立ってくるのが特徴ですよね。

実は、これらも油汚れのひとつとも言えます。

最初のうちは気が付くことが少なく、次第に黄ばんだり黒ずんだりしますので

汚れを落とすのが一苦労です。

長年しみ込んだ汚れなら、なおさら厳しくなります。

キッチンハイターでシミ抜きする方法!

色々なタイプの汚れのシミがありますが

万能に!しかも簡単に!シミ抜きに役に立ってくれるのが

キッチンハイターです。

尚且つ、近所のお店で簡単に安く手に入ります。

キッチンハイターを使ってのシミ抜きは簡単です!

用意するのは

・ シミのついた洋服

・ 洗面器

・ 要らなくなった歯ブラシ

・ 乾いたタオル

コレだけです。

キッチンハイターを使うので、お風呂場で行うのがいいですね。

簡単にシミ抜きをする方法

最初に、お風呂オケくらいの容器に「 ぬるま湯 」を貯めます。

お風呂に入るくらい程度の温度があれば十分です。

次に、ぬるま湯を貯めた容器の中へ

キッチンハイターを 少量 入れます。

(入れすぎると漂白されてしまうので注意です)

次に、要らなくなった歯ブラシの先に

先ほど、ぬるま湯で薄めたキッチンハイターをつけます。

それを、シミが付いた部分に優しくなじませていきます。

あまりゴシゴシ強く押し付けてしまうと

生地が傷んでしまうので優しくこすってあげましょう。

また、汚れの中心から歯ブラシをこすっていくと

汚れが外へ外へと広がってしまいます。

必ず汚れの外側から中心に向かうように

歯ブラシを滑らせていきます。

最後に、ある程度シミが落ちたらキッチンハイターの出番は終わりです。

一度、水ですすいだ後に洗濯機で洗いましょう!

これで、しつこいシミともおさらばです!

キッチンハイターを使う際の注意点

キッチンハイターは、台所での油汚れ用なだけあって

衣服用のワイドハイターよりも漂白力が強くなっています。

白い洋服でしたらそのまま使用して大丈夫ですが

色柄物の洋服の汚れ落としをする際には注意が必要です。

なるべくキッチンハイターを希薄させるように心がけます。

ぬるま湯の量を増やして薄めていくんです。

ちなみに、長時間薄めたキッチンハイターを付けた状態で放置してしまうと

洋服の色が抜けて色柄が真っ白になってしまう可能性があります。

シミがしつこいからと、長時間放置することはせずに

ある程度歯ブラシで汚れを落としたら水ですすぐようにしましょう。

まとめ キッチンハイターを上手に使って手軽にお手入れ!

万が一、お気に入りのお洋服が汚れてしまったらショックですが

そのショックを引きずっていても仕方ありません。

直ぐに、シミ抜きの準備をして行く事が

良い主婦になる為の秘訣です!

シミは、その日のうちにお手入れをしましょう!

洋服のシミは時間との勝負です。

長い時間汚れた状態を放置してしまうと

あとから、いくら手間隙かけても汚れは落ちにくくなります。

クリーニングに出す手間を考えるより

自宅で手軽に扱えるキッチンハイターを上手に活用して

大切な洋服をいつも綺麗な状態で着こなしていきたいですね。

きっと思った以上に簡単にお手入れ上手になれます!