古いカサは捨てる!?ちょっとまって!水を弾く傘に戻す方法がある!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

古い傘って買った時より水を弾かなくなってますよね?

お気に入りで毎日使っていたあの傘も
今は何だか使いづらい。

そんな事を想った経験はありませんか?

そろそろ買い換えなきゃいけないのかしら?
でも、思い出があるから捨てにくい。

今回はそんな貴方に教えたい!

古い傘を水を弾いていたあの頃に戻す方法調べました!

スポンサーリンク
レフタリング大

古いカサってなんで、水を弾かなくなるの?

「 防水加工 」だって書いていたから期待して買ったのに
思ったより弾かなかったとか
すぐに水を弾かなくなったりしたって経験はないですか?

防水効果が少ないと
傘をふっても水がおちなかったり

持っている時に傘が重たくなる
というデメリットがあります。

なんで防水が少なくなってしまうのでしょう?

最近お店で売られている傘はフッ素樹脂を
使って防水加工をしているのですが

フッ素樹脂加工は、水を弾かないなと思っても
実は防水効果がなくなった訳では無いのです!

傘は、さしたり閉じるときに生地同士が擦れますよね?

特に傘を閉じる時に手で傘の生地を
くるくる触りながら閉じる人は注意!

傘の生地同士や手による刺激は
生地に施されてるフッ素樹脂加工の
フッ素の繋がりを倒してしまうのです!

これが防水性が弱ってしまう理由なんですね!

買ってすぐの頃は、雨が傘に落ちると
雨粒は、たくさんのフッ素に支えられて
生地を弾かれながら滑り落ちていきます。

しかし、生地同士が擦れると
このフッ素の鎖が倒れてしまい
雨粒はフッ素に支えらないで生地に着いてしまい
だんだんとシミが広がってしまうのです!

新品のような撥水性能を取り戻す方法!秘訣は防水スプレー?ドライヤー?

傘を駄目にしてしまう理由は分かったけど
どうしたらあの頃の撥水力を取り戻せるのか

知りたくはないですか?

傘の撥水力を取り戻す前にまず
傘がなにでつくられているのか、生地の素材を調べましょう!

傘の生地によって方法が変わってきます。

間違った方法でやろうとすると
かえって傘がダメになってしまうかも!

1、防水スプレー

使用可能な生地 → ナイロン、ポリエステル

防水スプレーをかける前に確認してほしいのが
防水スプレーの種類になります。

防水スプレーは大きくわけて

「 シリコン系 」「 フッ素系 」があります!

それぞれ特徴があるので確認していきましょう。

シリコン系

傘の表面に、シリコンの膜を作って防水をします。

汚れには弱いけど水はよくはじくんですね!

持続時間が長くて値段も安価なタイプです。



フッ素系

傘の繊維を、フッ素で包んで防水をします。

持続時間が短くても、お値段は高めになります。

しかしその分、水も汚れも弾く効果が高い!

どちらもよく水を弾きますが
傘を汚れからも水からも守りたい人は
フッ素系をオススメします!


使い方(必ず屋外で使用してください!)

① 傘の汚れをおとす
綺麗な布で、傘に付いた汚れを落とします。

② 傘から30センチ程離してスプレー
全体に同じ量がつくように、適度に傘から離して吹きかけます。

③ 乾かす
天気がいい日に外でよく乾かすだけです!

簡単ですよね。

雨の日にスプレーをするのではなく

事前に使っておくのがコツになります。

2、 ドライヤー

使用可能な生地 → ナイロン、ポリエステル、ビニール

傘の防水効果の落ちは
フッ素加工のフッ素が倒れてるのが原因です!

このフッ素は

熱を加えると元の形に戻る性質があるのです!

その為、ドライヤーで軽く熱を与えることで
防水効果が元に戻っていきます!

ただし、ビニール傘は熱で溶けてしまう危険性があります。

ビニール傘にはドライヤーは使用しないようにしましょう。


使い方

① 傘の表面を濡らす

濡れたティッシュや霧吹きで軽く濡らす程度で大丈夫です。

② ドライヤーで乾かす

これだけで、傘の撥水力が復活します。

ですが、この方法だけでは持続時間がとても短いので
普段から傘の扱いに気を使ってください!



3、生地の張替え

防水スプレーでもドライヤーでも
撥水力が復活しなくなってしまったら

残念ですが買い替えの時期です。

でも、お気に入りの傘を手放すのは悔しいですよね。

そんな時は、傘の生地を交換しちゃいましょう!

生地張替えの専門店や
傘を買ったメーカーに張替えが出来るか聞いてみてください!

同じ生地に張り替えれば、また同じ傘を使っていけます。

無くてはならない大切な傘だから

どんなに大切にしていても

普段の使い方によっては、すぐダメになってしまいます!

水をとる時に強く振ったり
生地にべたべたさわったり
濡れたまましまってしまったり

雨が降ってる時には欠かせないのが傘です。

お出かけするのに傘が使えなくなってる!

そんな事がないように

普段から大事にしてあげてください!