夏の暑さ対策! 熱中症で倒れない為の方法と効果的な食べ物

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

だんだん暑くなってきましたね。

子どもを持つ親としては、部活中などの熱中症の心配が出てきますが

皆さんはどんな対策をしていますか?

梅雨が明けると、気温が上昇してテレビなどでも熱中症注意報などが出るようになってきます。

心配だけが先にたってしまって、実際何をしていいのかわからない方も少なく無いかもしれません。

実は以外と簡単に熱中症対策できちゃうんですよ!

スポンサーリンク
レフタリング大

 熱中症対策の食べ物は多い タブレットで効果的に

やっぱり家庭でできる熱中症対策といえば、日々の食事ではないでしょうか?

そんな事言ったって、何をどうしていいのかわからない!

そう思った方!!

意外と身近な食べ物で予防できちゃうんですよ‼

熱中症の予防を期待できる食べ物 ( 栄養素編 )

  • ビタミンB1

炭水化物をエネルギーに変えてくれます。

豚肉、うなぎ、玄米、たらこ、きなこ などですね。

この栄養素がないと、ご飯をもりもり食べても力がでません。

  • ビタミンC

免疫力を高めて、ストレスに強い体をつくってくれます。

赤ピーマン、トマト、きゅうりなどカラフルな夏野菜に含まれます。

熱に弱いのでサラダなど生で食べると良いです。

  • クエン酸

疲れの原因となる乳酸の発生をおさえてくれます。

梅干し、レモン、酢、グレープフルーツなど酸っぱいものに含まれます。



毎日の献立に役立てる秘訣

熱中症予防に効果があると言われている食べ物をあげてみました。

土用丑の日にうなぎを食べるのも頷けますね。

意外と身近な食べ物で予防できるなんてビックリしませんか?

熱中症予防と関係なく週に3回は豚肉料理が出る家庭も多いと思います。

豚肉をトマトソースで煮込むポークチャップもいいですよね!

いっぱい夏野菜入れたら美味しそうです。

こんな感じで肩肘張らず、いつも通りバランス良く献立を立てれば

自然と熱中症予防出来ちゃうのかもしれませんね。


激しく体を動かすなら 気を付ける栄養バランス

激しい運動を行った後の身体の状態は大変な事になっています。

汗で「 水分と共に塩分も体から出ていって 」ミネラルバランスが崩れた状態です。

そのまま運動を続けると

体温調節機能が正常に働かなくなり熱中症になる可能性があります。

そうならない為にも!

吸収率の高いスポーツドリンクやミネラル入りの麦茶などの水分を取りましょう。

また、スーパーやコンビニでも売られている塩飴や

最近みるようになった塩タブレットなどを活用し

上手に水分とミネラルを補給しましょう。

親が安心する子供に持たせる熱中症対策グッズ

どんなに食事で熱中症予防したって、真夏日だったりしたらやっぱり心配ですよね。

子供の安全と、親の心配する気持ちを減らすために!

これ持たせておけば安心だと思えるお守りみたいなグッズを調べてみました。

熱中症対策で人気があるのは

濡らすと冷たくなるタオルです。

これは部活やってる子どもにはぴったりですよね。

首に巻くスカーフ、スポーツドリンク、ミネラル入りの麦茶や

前述した塩飴、塩タブレットなんか持たせてる親が多いようですよ。


食べ物で熱中症対策をして安心するなら?

お弁当や軽食を持たせるのであれば、きゅうりの浅漬けや甘酢漬けを入れたり、ご飯に梅干しをおいたり、デザートにスイカなんていかがでしょうか?

スイカは水分が90%以上で、糖分、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ミネラル等を含んでいます。

食べるときに、少し塩をかければ塩分も補給できます。

スイカって、スポーツドリンクみたいな野菜なんです!

ただし、暑い日にお弁当を持たせるのは気を付けなければいけません。

どうしても熱で、お弁当が痛みやすくなっているんですね。

傷まないように抗菌シートや保冷剤をつかって十分注意してくださいね。

熱中症にならない方法とは!?

色々と書いてきましたが、1つの事だけを行って熱中症対策になる事はありません。

バランス良く対策していくからこそ熱中症対策になるんです!

バランスの良い食事、睡眠、体力、事前の水分補給補給が大切ですね。

どれがかけても、熱中症になるリスクが上がってしまいます。



親としては、夏場は心配がつきものです。

日々の様子を観察しつつ

美味しいご飯をいっぱい作って待ってましょうね。