冬至にはかぼちゃを食べるよう!あれ?夏至に食べるものって無い?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

たしかに、冬至といえば南瓜

夏至といえば・・・と言われたら思いつかないです・・(笑)

私だったら

西瓜!とか安易に言っちゃいそうですが(笑)

そして2017年

今年の夏至は「 6月21日頃 」だそうです。

ちなみに冬至「 12月22日頃 」です。

ではなぜ

夏至、冬至に

それらを食べるのか

スポンサーリンク
レフタリング大

冬至には南瓜を食べる理由、夏至には・・・?

まず、冬至とは

一年で一番日照時間が短い日

 昼が短くて、夜が長い 」ということです。

日本では

冬至は「 死に近い日 」と考えられていて

その

 役払い 」として

「 カボチャ 」が食べられていました。

この役を越せないと「 死 」がやってくる

という意味合いですから

大事な食料だったということがわかりますね。

そして

運気が下がれば上がるという考え方もあり(冬からはるがやってくる

無病息災を祈り

厄払いやお祭りをやっていたそうです。

冬至についてはこんな感じです。

来年も豊作でありますように!と南瓜は食べられていたんですね。

そして

夏至の冬至とは真逆のことですね

夏至の食べ物は

・焼き鯖

・焼き餅

・和菓子

・うどん

だそうです。

結構あるんですね!

知りませんでした!

どれも食べたい食べ物ばかりですね〜。

私はこの中なら和菓子をたべたいかな!

やっぱり日本らしい感じがするなと思うので。

でも、お餅も捨て難い!!!

全部、美味しそうですよね!

では次に、地域別の話を書きたいと思います。

地域によって夏至によく食べるものがある!

上記に書いた食べ物が

地域によってよく食べられるものがあるので

詳しく説明していきたいと思います。

・焼き鯖 → 福井県の越前

暑い中行う田植えを乗り切るために、

栄養豊富な鯖を食べるといいとされていました。

・焼き餅  関東地方、奈良県

その死の収穫した麦でお餅を作って神様にお供えしたり、

手伝ってくれた人に配るようになりました。

・和菓子 → 京都

三角形の和菓子で、平安時代にその時期に氷を取り寄せ、配りあるき、

その氷を口にすると流行病にもかからないと言われていました。

氷の形が三角形になり、現在の三角形の和菓子となりました。

・うどん → 香川県

田植えの終わる頃に農業を手伝ってくれた人に、感謝として、

収穫した麦を使ってうどんを打ったと言われています。

この4つ

食べ物はバラバラですが

意味合いが似てるものがありましたね。

手伝ってくれた人への感謝だったり

また次の年も良い年であるように!と。

昔から、こういう思いやりのある出来事があったんですね。

私も調べて初めて知りました。

最後に、夏至、冬至について

私は夏至、冬至の意味をちゃんと調べられて、よかったと思います。

大事なイベントの一つですよね。

願い事が叶うかは別として

人に感謝する意味合いがある食べ物がおおかったですね。

それが大事なことだな、と思います。

夏至に近いので夏至について語らせてもらいます!(笑)

私は夏至付近大好きです!

そんなかた結構多いと思うんですよね!

やっぱり日照時間が長い分、お日様に当たれますからね。

太陽に当たると

メンタルや健康面にも良いことずくめですから!!

夏至最高です!!

皆さんも

是非、夏至に夏至ならでわの美味しいものを誰かと食べて、

安泰に過ごしてください!