敬老の日の必殺技! 孫からもらうプレゼントでイメージアップ! 【※主婦必見!】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

秋の祝日と言えば、体育の日や、秋分の日、文化の日が思いつくでしょうが、今回は「敬老の日」にスポットを当てて見ていきましょう!

9月の敬老の日を、なんとなく過ごしていく人が多い中で

「出来る主婦」はヤル事がひと味違います。

敬老の日は、『 多年にわたり、社会に尽くしてきた老人を敬愛し、その長寿を祝う日 』です。

おじいちゃん、おばあちゃんに「今まで頑張ってくれてありがとう、これからも長生きしてね!」そんな言葉でお祝いする日なんですが

こんな使い方もあるんですよ。

ちなみに

2017年の敬老の日は9月18日となります。

敬老の日は法律により、毎年9月の第三月曜日となっています。

元々は、9月の15日が敬老の日と固定されていたのですが「ハッピーマンデー制度」により、第三月曜日へと改正されています。

スポンサーリンク
レフタリング大

【ハッピーマンデー制度ってなに?】

ハッピーマンデー制度とは、月曜日を祝日にして土日と続く三連休にしましょう!という制度になります。

この時に、水曜日が秋分の日に当たると法律により、自動的に火曜日も祝日となりますので

五連休となりシルバーウィークになるわけです。

毎年シルバーウィークになるわけではないので、ゴールデンウィークと違い珍しい連休になりがちです。

敬老の日を最高の一日に仕立て上げるために!

「仕立て上げる」と、何やら不穏な見出しとなっておりますが、前述した通り「敬老の日」は必ず三連休になるようになっております。

諸説ありますが、一般的な認識は

敬老の日=お爺ちゃんお婆ちゃんを労りましょう!

何かプレゼントをあげましょう! ですよね?

三連休…敬老の日…お爺ちゃん、お婆ちゃん…

 

気が付きましたか?

そうなんです。

お子さんがいらっしゃる家庭では

敬老の日の連休とはご両親や義両親にとって

「お孫さんに会う」絶好の機会なわけです!

必然的に連休は「お爺ちゃんお婆ちゃんに会いにおいで♪ 待ってるよ^^」

そんな、お誘いを受けるパターンも多いでしょう。

自分の両親であれば特に問題はないのですが、

義両親のお宅にお邪魔する時は少々勝手が違う方もいますよね。

あまり義両親との仲も良くないし、気を遣うのよねぇ…憂鬱……

こう考えてるお母さん、いらっしゃいますよね?

いわゆる【嫁姑問題】ってやつですね^^;

でも、こう考えることはできませんか?

逆に考えれば、お孫さんを使って義両親との溝を埋めるチャンスでもあるのではないでしょうか!?

そうです!! 

孫を利用して私の評価を上げる作戦

 

 ちょっと黒い作戦名ですが、ようはお母さんのためにちょっとひと肌脱いでもらおうかしら♪

というお話です。

【敬老の日までの下準備】

義両親の、特に姑側と上手くいかないお嫁さんって多いですよね。

姑さんが何故か嫁に攻撃的だったりして

お嫁さん側も、そんな姑さんに嫌気が差してコミュニケーションを取らなくなったりしてしまいます。

お互いに嫌な思いをするのが分かってて、敢えて連絡取り合ったりはしませんよね^^;

ただ、やはりお孫さんが生まれると今回のような

「連休やイベント関連」でお孫さんを連れて、両親や義両親と会う事が多くなるのが必然です。

少しでも仲良くなっておいた方が憂鬱な気持ちにならずに済みますからね!

はい、ここでお孫さん登場!!

 

無理に電話でお話なんてしなくて良いのです。

会話しなくても相手が喜ぶ手段は2つ。

 

1、お孫さんの写真メを送る

可愛い孫と直接会う機会が少ない義両親にとって、お孫さんの写真は何よりも嬉しいものです。

注意点としましては、旦那さんとお孫さんのツーショットを多めに、お嫁さんとお孫さんとのツーショットは少なめにがベストです。

決して全てに当てはまる訳ではないですが

姑さんがお嫁さんに敵意を向ける要因としては「私から息子を奪った女」という認識をしている場合が多いらしいです。

無論、他の要因のケースもあるでしょうが、どちらにしても自分の息子とお孫さんのツーショット写真ですから喜ばないわけはないですよね♪

…それって別に私の評価が上がるわけではないよね?

そう思いがちですが、ここの重要ポイントは【お嫁さんが写メを送る】という部分なんです。

これをちょいちょいと実行すれば

「いつも息子と孫の写真を送ってくれる嫁」

という認識に変わる可能性があります。

余談ですが、これは私の友人が実際に使って成功した手なので信憑性はあると思います!

2、電話で話す

 お嫁さんは最初と最後の挨拶程度で大丈夫です。

そのあとはすぐお子さんと代わりましょう!

例え会話が出来ない年齢でも良いんです。

お爺ちゃんお婆ちゃんというのは孫の声だけでも嬉しいものなのですから♪

いつも孫の声を聴かせてくれるお嫁さん作戦です。

会話が出来る年齢であれば「お爺ちゃんお婆ちゃん大好き!」のテンプレをお子さんに仕込んでおけば完璧です。もうメロメロです。

因みにこのテンプレを使った場合
お嫁さんの評価を上げる方法はお子さんが話してる横から自分の声が相手に聴こえるように「お爺ちゃんお婆ちゃん大好きって言ってごらん?」と促す事です。

これにより、孫にお爺ちゃんお婆ちゃんが喜ぶ言葉を教えてるのはお嫁さんだという認識となります。

姑息ですがメロメロ状態の義両親には効果的です。

これも私の友人が実際に使った作戦なので効果は期待できると思います!

今回の記事は恥ずかしながら知人に頼りっぱなしだったのですが、その分実体験なので妄想の作戦よりは実用的ではないでしょうか(^^ゞ

孫から渡すプレゼントは何がいい?

上記の作戦が上手く行けば、義両親との対面も多少は楽になるのではないでしょうか(上手く行かなかった場合は申し訳ありません!)

さて、義両親宅へ伺う前の下準備も実行し、あとはお孫さんから義両親へのプレゼントですね!

これは本当に定番で申し訳ないのですが、やはり気持ちのこもった手作りに勝るものはないんですよね。

既製品をプレゼントしたところで、結局はお父さんお母さんのお金で買った、何処にでもある物なのですから。

とある有力筋(はい、例の知人ですスミマセン)からの情報によりますと、やっぱりお孫さんメインのビデオレターや成長アルバムみたいなのが喜ばれるらしいですね!

家族で笑顔のシーンや写真も織り交ぜつつ、お孫さんは幸せな生活を送っているんだなと安心させてあげるのです。

※お爺ちゃんお婆ちゃんへのメッセージもお忘れなく!

これが一番のメロメロ要素ですから♪

プレゼントを渡す時は必ずお子さんにお母さんが付き添ってあげましょう。

ニッコリ笑って「お義父さんお義母さんいつもありがとうございます」

の一言を添えて。

渡す役目はもちろんお孫さんです。

いかがでしたでしょうか? 中々裏のある作戦ですが、義両親との不仲を解決させるのは本当に難しいと聞きますので、ご苦労されてるお嫁さんも多いでしょう。

正攻法では難しくても、義両親との唯一の血の繋がりであるお孫さんを使っての不仲改善は決して悪い事ではないと私は思います。

それで家族皆が幸せになれるのであれば、お子さんにとっても良い事なのですからね!

素晴らしい敬老の日になることを祈っております!