ピンチ!夏休みずらしちゃった!お盆のお墓参りはいつ行けばいい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

現代社会において、決まってお盆に休みが取れるかと言うと

そうと言い切れないのが残念ですね。

家族の日程に合わせて夏休みを取ると

夏休みがお盆からずれてしまうなんてことはよくあります。

しかし、何故お盆にお墓参りが必要なのでしょう?

また、絶対にお盆の日に行かなくてはならないのでしょうか?

なんで?どうして?と言うよりも、毎年お墓参りにいくから行くという人が多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
レフタリング大

お盆の時期は決まってる!お墓参り日はしっかりね!

いつ行くのか

お盆の時期は7月もしくは8月と、場所によって異なりますが

7月盆も8月盆もどちらも13日から16日の間と決まっています。

どの場所も15日が中心ということは変わらないようです。

◎お墓参りに行く時期

基本的に、お墓参りはいつ行ってもいいことになっています。

しかし、春と秋のお彼岸、8月のお盆、お正月、故人の命日、月命日に行く人が多いですよね。

優先順位としては、①お盆 ②お彼岸 になります。

お盆は、天からご先祖様が帰ってくる時期です。

ご先祖様がお墓に帰ってくるため、そこから家に招く必要があります。

お出迎えをしないと迷ってしまいますから、家にたどり着くように道案内をする必要があるんです。

お彼岸は7日間ありますね。

先祖に感謝し、六波羅蜜(ろっぱらみつ)という仏教の修行をする時期です。

お墓参りには4日目に行くのが良いとされます。

◎お盆はどんな行事

お盆は、ご先祖様を家まで迎え入れて供養する行事になります。

手順もあります。

地域ごとに細かな違いはあるようですが、大筋は一緒の様です。

① 13日をお盆入りと言います。

この日は、門口でオガラなどを使い迎え火をするんです。

玄関に提灯をつけ迎え団子を備えて準備をします。

ナスやキュウリで作った「精霊馬」は、ご先祖様を運ぶ乗り物になります。

位牌に向けるように内側へ飾りましょう。

② 14日にはお供え物をしましょう。

お供えするものは、ナスとキュウリの胡麻和えが多いようです

③ 15日にもお供え物をします。

「蓮飯(はすめし)」などをお供えします。

地域によっては、15日が送り日(最終日)となることもあります。

その際には、ナスやキュウリで作った馬や牛(精霊馬)を

位牌に背を向けるように外側へ向けて飾りましょう。

④16日は、お盆最終日です。

門口で送り火をたいてご先祖を送り出します。

ナスやキュウリで作った馬や牛(精霊馬)を

位牌に背を向けるように外側へ向けて飾りましょう。

午後に行っても大丈夫?教えてくれないお墓参りの基本

お墓参りに特別なマナーはありません。

しかし、ちょっとした気を付けることはあります。

マナー違反にならないように気を付けていきましょう。

時間はいつ行けばいいのか

お墓参りに午前中がいいとされる理由は

「他の用事を済ませてからついでに行く」

ということがないように

お墓参りを優先して、時間を確保することが大事とされています。

お墓が遠方にある場合は、仕方がないとされています。

必ずしも午前中の内に行かなくてはならないというわけではないようです。

しかし、夕方は「逢魔が時(おうまがとき)」と言って、危険な時間帯とされていたため控える習慣があります。

◎どんな服装で行くのか

黒を絶対に着なければならないお葬式とは違います。

何を着てお墓参りをしても自由ですが、あまり派手な格好は控えましょう。

お墓自体が、山奥や斜面にあるケースもあります。

動きやすい服装がベターです。

持ち物は、何を持っていくのか

生花、線香(ロウソク)、お供え用のお菓子や飲み物、半紙(お菓子類を置くため)、数珠、マッチやライター、花ばさみ、タワシやほうきなどの掃除用具、ひしゃく、手桶、ゴミ袋など。

こうやって上げていくと種類が多いですね。

大まかに分けて「お供え物」「掃除道具」の2種類になります。

前の日に準備をしておくのがいいですね。

掃除用具やひしゃく、手桶、線香などは

お寺によっては置いてある場所があります。

飲み物にお酒を選ぶのは、化学変化で墓石が変色したりします。

シミになってしまったりしますので、お供え後に飲み切るか少量にしましょう。

線香のあげ方

線香を点火して香炉に置きます。

線香皿の場合は横に寝かせて置きます。

線香は口で消してはいけません。

手で仰いで消してください。

口からの息は、悪業を積みやすく汚れることになります。

絶対にやってはいけません。

お参りの順番

故人と縁の深い者の順でお参りをしていきます。

線香を消さないよう注意しながら墓石にたっぷりと水をかけ

正面に向かい合掌します。

数珠を手にかけて、胸の前で左右の手のひらをぴったり合わせます。

軽く目を閉じて頭を30度ほど傾けてください。

冥福を祈り、日々の感謝を告げ、報告したいことを述べます。

※真夏の日差しで墓石が熱くなっている場合に、水をかけてはいけません。割れる原因になります。

◎お墓参りが終わったら

花と線香やお水などの、動物に荒らされないものは置いて帰っても構いません。

ですが、お供え物は持って帰るのが原則です。

食べ物は帰りには、食べてから帰るようにしましょう。

お供え物などを置いて帰ると、動物に荒らされる原因となります。

一度エサがあるとわかってしまうと次々寄ってくるんですね。

周りのお墓にも被害が及んでしまいます。

お墓参りが終わったら、お花やお線香以外は片づけるようにしましょう。

まとめ

お墓参りは、ご先祖様を供養する想いがあれば確固たる形式は決まっていません。

ただし最低限のマナーは守りましょう。

自分だけがお墓参りにくるわけではありませんからね。

常識をもって

涼やかな気持ちでお参りをすることが

ご先祖様にとっての供養にもなります。