なんでマスク外すの!寝てる時もつけてって言ったでしょ!風邪対策はしっかりと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

風邪の予防にマスクをつけることが浸透してきて、街中でマスクしている人を見かけることも多くなってきましたね。

ですが、風邪対策でマスクをつけて欲しいのに「なかなか言うことを聞いてくれない旦那さん」に困っている奥様が非常におおい!

会社勤めだと、自分だけではなく周りにも移してしまうので対策して欲しいんです。

そして何より!

風邪を引いて辛いのは自分自身なので、隣に風邪っぽい人がいると心配になります。

寝てる時のマスクの効果や、寝ていても外れない方法などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レフタリング大

寝ている時につけるマスクの効果は?

寝ている時のマスクの効果はどれくらいあるんでしょうか?

気になりますよね。

個人的には、マスクによって保湿されて喉に優しいイメージがありますが、実際どうなのか調べて見ました。

・風邪の予防になる

マスクの中が呼吸によって暖かくなり、湿った状態になります。

その為ウイルスの繁殖を防ぐことができます。

ウイルスは湿度に弱いです。

適度な湿度を保つことでウイルス対策になるので、マスクをつけるのは◎

ですが、マスクではウイルスの侵入が防げる訳ではないのを覚えておきましょう。

・肌が保湿される

マスクをすることによって自分の湿った息で肌の乾燥を防ぐことができます。

乾燥肌の方はマスクで湿度を高めるのもいいですね。

ですが、マスクの中の湿度はかなり高くなります。

肌質によっては、それがニキビやカビの原因になることもあります。

ニキビが気になる人や、肌荒れが気になる方は、寝ながらマスクを着用するのはオススメしません。

さらに、マスクを着用しながら寝てしまうと、マスクと肌が摩擦してしまいます。

摩擦するということは肌にダメージを与え、肌荒れに繋がってしまいます。

肌が気になる方や、普段からお化粧をする方は、控えたほうがいいでしょう。

肌のことを考えると、マスクを着用しながら寝るのはあまり良くありません。

湿度をあげてウイルスを防いで、肌の事も考えると加湿器を使用した方が良いでしょう。

今は枕元に置けるタイプの安い加湿器も売っています。

アロマなんかもできるものもあるので、癒し効果もあっていいと思います。

マスクを着用するよりも、加湿器を使用する方が寝やすいです。

寝ていても外れない方法もあるんだよ!秘伝を伝授!

先ほどは、加湿器をオススメしましたが、それでもマスク派の方もいらっしゃると思います。

マスクをして寝たいけど、寝ている時に外れてしまうから困る時が多いんですよね。

寝ていても外れない方法を伝授したいと思います!

《勝手に外れてしまう場合》

マスクのサイズを小さくするといいでしょう。

自分のサイズより少し小さめなマスクにするか、輪ゴムなどで工夫して調節するのがいいです。

ただ、ゴムの部分がきつくなるので肌と摩擦してしまう事もあります。

肌が摩擦するということは、上記にも書いた通り肌荒れの原因にもなってしまいます。

手っ取り早い方法ですが、あまりキツイサイズのものはオススメできません。

勝手に外れるのは「寝相が悪い」ケースが多いです。

ゴロゴロしても外れないような顔にピッタリフィットするタイプを探しましょう!

《自分で勝手に外してしまう場合》

最初は、慣れなくて外してしまうことがあるので慣れるまでつけてみましょう。

毎日つけていれば慣れるので根気がある方はいいと思います。

それでも外してしまう方や、毎日外れてしまって面倒だなと思う時には

マスクがあっていない可能性があります。

寝ていて「息苦しい」「湿気でジメジメする」「ゴムが痛い」などのマスクは寝ている間に手で外してしまうんですね。

肌ざわりの良くて、通気性も高いマスクを使えば

自分で勝手に外してしまうことが減りますよ!

通気性を良くして湿度を減らした分は、部屋の湿度を調節することで喉に潤いを与えましょう!

加湿器や濡れタオルを干すなどの対策をすると喉に優しくなって、朝の目覚めがスッキリします。

《専用のマスクを購入する》

寝ている間に保湿する必殺のマスクがあるのはご存知でしょうか!

寝ていても、勝手に外れないように、それでいてスムーズな通気性も確保するマスクがあるんです。

その名も「夜用マスク」

寝る時のマスクには最適です。

薬局やネットで簡単に購入できちゃいます。

就寝中のオシャレにもなるし、自分にあったマスクを選ぶ楽しみもあっていいですよ!

予防や風邪を引いてる時に、少しでも自分の気に入ったものを付ければ少し元気になる気がします。

マスクをつけることは喉を守る事

やはりマスクをつけるのは喉を守るためなので

その環境を作ってしまえば良いんです。

加湿器や、洗濯物を干すなどして室内の湿度を保つことができれば、自然と喉も潤います。

でも、マスクをして寝ると「楽」なんですよね。

ネックは「外れること」ですが、夜用マスクで外れなく出来ますから、簡単に喉を守りたいなら夜用マスクが一番楽です。

寝るときのマスク着用、風邪予防について まとめ

風邪予防だけを考えるんであれば

普段からマスク着用することが大事になります。

寝る時はマスク着用にこだわるのではなく

湿度を保つことに、こだわりたいですね!

また、ウイルスを繁殖させないためには

湿度を高くしなければならないので、その環境づくりをしましょう。

「旦那さんがマスクをなかなかつけてくれない!」という方は

口すっぱく言うよりも加湿器を置いてしまった方が早いです。

マスク着用を心がけるのであれば、普段用・夜用と分けて使用すると良いでしょう。

予防についてだけなら加湿器で済みますが

お子様がいる家庭でしたら夜でもマスクをしましょう。

周りに移してからでは遅いですから、自分のためにも周りのためにも心がけましょう。

ウイルスは乾燥しているところで繁殖する

湿度に弱い

これを覚えておけば対策もしやすいと思います。

自分の家庭や、旦那さんに合わせて対策をしていきましょう!