無理して進学する意味はある?進学校で落ちこぼれにならないためにやる5つの事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

自分の身の丈に合わない学校に進学すると

あとが大変だと聞きます。

実際、勉強は大変でしょう。

今までハイレベルにいた人たちが集まってくるわけですから、

人間関係も当然難しいと思います。

あなたはそんな学校に通う覚悟がありますか?

スポンサーリンク
レフタリング大

無理な進学の果てに落ちこぼれになる未来

入学することはスタートラインに立つのと同じです。

いかに上手くスタートダッシュが決められるかが鍵になります。

例えば

あなたはダッシュの踏み込みが甘く、転んでしまいました。

周りは気遣いすらなく、前を走り抜けていきます。

置いていかれるのが後姿で分かります。

そのときの寂寥感は、

落ちこぼれたときと同じ感覚だと思ってください。

そんな未来が待っているとしたら、

その道進む勇気があるとしたら、

あなたはスタートダッシュを上手く決められますか?

その後の未来で落ちこぼれにならないためにやる5つの事!

  • スタートダッシュを決める

初めが肝心です。

まず

勉強と両立できることを見つけましょう。

部活や委員会で活躍するとそれだけ周りに味方が増えます。

増えることで、その後の人間関係が円滑に進みます。

勉強に支障が出ない程度の活動を選ぶことが重要です。

  • 真面目にこつこつと

やはり基本は勉強です。

落ちこぼれと認定されるのは勉強の遅れが原因だからです。

しかし

もし成績が奮わなくても安心してください。

あなたには先生という力強く頼もしいパートナーがいます。

先生は利用するものです。

分からないことはすぐに聞いて、

職員室や準備室に顔パスできるぐらいになりましょう。

  • 周囲を観察する

自分が焦っているとなかなか気づきませんが

周りも同様に焦っていることがほとんどです。

みんな同じラインにいて

同じスタートを切っているのです。

あなただけが特別落ちているわけではありません。

それは周りを見れば分かることです。

  • 落ちこぼれ以上のものを見つける

自信がつくことを勉強以外で見つけましょう。

それは

部活であったり

委員会であったり

果ては趣味の分野であったり。

自分の力になる事柄を見つけましょう。

  • やっぱり勉強

 勉強が嫌いなら進学校に進む意味はありません。

自分の興味のある学科があるところや

普通科に通えばいいのです。

 将来のために、自分のために勉強しなくてはならないのでしょう?

 ならば

やはり勉強するしかないのです。

 

まとめ

基本的に努力を怠らない

というのが回答です。

しかし

進学校に進学しないという選択も

あなたにはあることを忘れずに。

なぜ

進学校に行こうとしているかも同じように忘れないでください。