キッチンハイター使ったら白くにごったよ!?原因と解決策!除菌&キレイにするんじゃなかったの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

キッチンシンクは、料理に使った道具や食器を洗ったりして油や洗剤などにさらされています。

シンクを掃除するときに、「キッチンハイターを使って白くにごってしまった!?」なんて人も多いですよね。

その理由と、白くにごるのを回避するには「酢」を使ったらいいか、「重曹」を使ったらいいかなどを記事にまとめてみました。

スポンサーリンク
レフタリング大

キッチンハイターで水回りを掃除すると「白くにごる」理由!お風呂の鏡と一緒?

キッチンハイターなどの塩素系漂白剤でシンクを掃除していると「白くにごった」になる事が多々あります。

白く濁ってしまう理由は、水垢石けんカス原因なのです。

そもそも水道水には、マグネシウム・カルシウム・カルキなどのミネラルが含まれています。

水道水自体は、水ですからほっといても蒸発してなくなります。

しかし!これらのミネラルは残ってしまうんです!

つまり、水垢の正体はミネラルなのです。

お風呂の鏡も、曇ったら水で洗い流すと思うのですが、この水が残ったものが水垢となり白くにごるのです。

水垢の正体が水自体ではなく、水に含まれている成分の仕業だったんです。

また「白くにごる」のは水垢だけでなく、石けんや洗剤がきれいに洗い流されないまま放置した場合にも「白く汚れて」しまうんですね。

これは、洗剤の洗い残しがミネラルと合体してより一層取れにくくなってしまうのです。

塩素系漂白剤じゃ落ちない汚れ

カビには強いですが、「白くにごった」系の汚れを落とすには向いていません。

強力なはずなのに、使ってもきれいに落ちず「白くにごったまま」となってしまうのです。

白くなるのを回避するには「酢」?「重曹」?

白くなるのを回避するには「酢」と「重曹」のどっちを使ったら良いのでしょうか。

重曹の効果は、発泡作用・中和作用・消臭作用・研磨作用ですから、弱アルカリ性の性質を持っています。

重曹でも水垢の汚れをきれいにすることはできますが、効果がお酢と比べて弱いのでおすすめできません。

家にお酢がなくて重曹しかないという方へ、重曹での掃除の方法をまとめていきます。

重曹を使った掃除の方法

重曹を使った掃除の方法は超簡単です。

シンクに重曹をたっぷり振りかけます。

それを、濡らしたスポンジなどで円を描くように磨くだけでいいのです。

磨き終わったら水で洗い流しましょう!

これでピカピカなシンクになっていきます。

重曹で掃除をすると、油汚れやぬめり、臭い等を除去してくれます。

注意したいのは、強くこすりすぎるとシンクをキズつけてしまいます。

ステンレス製のシンクなら、キズは一生残ります。

力加減には気を付けて、やさしく洗うようにしましょうね。

重曹は、安全で臭いもなく扱えるところがいいですね。

お酢がシンク掃除に最適!

「お酢」が、なぜシンクの掃除に最適なのでしょうか。

それはお酢に含まれている「酢酸(さくさん)」という成分のおかげなのです。

この成分は、石けんカスや水垢に対し高い洗浄力とともに除菌効果もあります。

また、重曹のように研磨作用もないので、シンクをキズつけることなく掃除することができます。

料理にも使えて掃除にも使えるなんてまさに万能ですね。

お酢を使った掃除の方法

お酢を使った掃除の仕方は、まずお酢のスプレーを作ります。

スプレー容器に、お酢300mlと水150mlを入れて混ぜてください。

お酢2:水1です。

お酢スプレーを作ったら、水垢をきれいにしたい部分にキッチンペーパーをかけます。

その上にお酢スプレーをたくさん吹き付けます。

吹き終ったら、さらにその上にサランラップをかけて一時間ほど放置します。

一時間程度たったら、メラミンスポンジで軽くこすり、水で洗い流していきましょう。

水分を拭き取ればきれいになります。

キッチンハイターで同じことをすると、目に入ったりしたら危険ですし、臭いも気になりますが、お酢なら安全に掃除ができていいですね。

最後に

シンクを掃除するなら、重曹よりもお酢のほうが使がっ手が良くベストです。

シンクをキズつけず、安全に掃除ができるのが嬉しいですね、

今まで重曹を使っていた人も、お酢を使って掃除をしてみてください。

きっと、シンクがピカピカでキレイになりますよ!