【超簡単】七五三で初穂料の書き方!のし袋や中袋を書く方法【はじめての七五三】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

子供の成長を祈願する七五三

神様への感謝の意味を持つ初穂料ですが、のし袋や中袋の書き方・包み方などがわからないという方は多いのではないでしょうか。

大事な、お祝いごごとだからこそ、しっかりとマナーと書き方を守っていきたいです。

これらの書き方や、初穂料、ご祈祷料の意味を紹介します。

初穂料について知りたい方、のし袋や中袋の書き方お金のつつみ方について知りたい方はぜひこの記事を読んでみてください。

スポンサーリンク
レフタリング大

七五三の御祈祷料ってなに?初穂料とは

ご祈祷料とは

「神様にお願いをすることに対し、その加護や恵みを求めて祈り渡すお金のことです。

そもそも神道という宗教においては、通夜祭葬儀祭、家などを建設する前に土地の守り神である産土神(うぶずなしん)や土地主神をまつって祈願する地鎮祭などのお祓いや祈願をしてくれた神社や神官に対して渡す謝礼のことです。

ようするに行事の時に神社へ払うお金のことですね。

初穂料とは、これも神社へ渡す謝礼金のことですが、ご祈祷料とはルーツが違います。

初穂料の「初穂」とは、年の初めに収穫された米のことで神前にお供えして、豊作と収穫を神様に感謝をする習慣があります。

だんだんと農作物だけでなく、魚類まで広がってお供えされるようになりました。

今でも、収穫祭や秋祭りなどがありますよね。

しかし、季節によっては初物が獲れなかったり、農作物を作る方や魚類を獲る方以外は手に入りません。

そこで!これらの代わりに「初穂料」として神前にお供えされるようになったのです。

ご祈祷料との違いはルーツだけですので意味合いは同じです。

農家や漁師以外の方が、初穂料として納めるようになったからできたというのは納得がいきますね。

初穂料の注意点

初穂料は、神社の七五三から初詣まで、どの行事でも使えそうですが

実は、ひかえるべき場面があります。

それは、神社で行われる葬式です。

なぜかというと、葬式は感謝をする祭ではなく、弔う気持ちで臨むものだからです。

だからこそ、神社で行われる葬式では初穂料を使うのではなく、「玉串料」を使います。

死者を弔う葬式で、感謝の意味を持つ初穂料を奉納しては失礼に当たりますからね。

のし袋や中袋の書き方!お金の包み方はしっかりね!

まず、のし袋から紹介していきます。

七五三の初穂料は、水引きといわれる紅白の蝶著結の上に「初穂料」または「御初穂料」と書きます。

水引きの下に、ご祈祷を受ける子供の名前を書きます。

また、兄弟姉妹も一緒に受けるような場合は、名前を連名にして書きます。

字を書くときは、ボールペンではなく筆ペンで書くようにしましょう。

なるべく丁寧に書けるといいですね。

中袋の書き方を紹介

のし袋の中に入っている中袋は、表の真ん中に金額を書き、裏に住所とご祈祷を受ける子供の名前を書きます。

もしもわからない方は、市販でどこに書いたら良いかわかりやすく解説が載っているものも販売されています。そちらを利用すると良いでしょう。

金額を書くとき

大字(だいじ)と呼ばれる漢数字の代わりに用いる漢字で書きます。

壱(1) 弐(2) 参(3) 四 伍(5) 六 七 八 九 拾(10) 千 萬(万)とこのように書きます。

※普段使いの漢字と違う文字だけ色分けしています。

例えば、初穂料が五千円だったら、「伍千円」と書きます。

必ず大事を持ちいらなければならないということはなく、一万円と書いたり五千円と書いても神社は受け取ってくれます。

ですが、「お祝い事」ですから形式も大事にしていきたいですね。

大字(だいじ)は、昔つかわれていた感じになります。

旧字と呼ばれる文字ですね。

普段は使わないからこそ、こういった「お祝いごと」のような、めでたい席では使っていきたいですね。

お札の向きを忘れずに!

最後に、お札の向きについて紹介します。

向きは、人物が描かれているが揃うようにして入れます。

袋の中から「お札を取り出すとき」「肖像画の部分が先に見える」ようにお札を入れておくのがマナーになります。

開封したときに、どのお札が入っているか分かるように入れる。と覚えるとわかりやすいと思いますよ。

初穂料を知りお札の向きを揃えのし袋や中袋に丁寧に書こう!

今回は「ご祈祷料や初穂料の概要、のし袋と中袋の書き方やお札の向き」

について紹介しました。

のし袋や中袋の書き方って、そんなに難しくないじゃん!って思われた方もいるかもしれません。

そんなに難しくありませんよね。

気を付ける部分が、いくつかあるだけです。

ですが、普段から使う機会も多くはありませんので、使用する際は忘れずにいたいですね。