ヤバイ!七五三の着物レンタル忘れてた!間に合うギリギリは、何日前まで?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

七五三の着物のレンタルするのを忘れて

「やばい!着物の準備わすれてた!」そう焦ったという方が意外と多いです。

着物のレンタルも手間がかかるんでメンドクサイから忘れちゃうんですよね。

そこで!

両親が着るなら、どんな着物を着たらいいか?

着付け方法はどうしたらいい?

七五三の着物をレンタルできるお店ってどこがあるの?

こんな、気になる「あるあるな事」を記事にまとめました。

七五三の準備を忘れてしまっていた人も、これを見れば何とかなります。

スポンサーリンク
レフタリング大

親が着るのはどんな着物?手持ちの着物で間に合う?着付け方法は?

七五三の主役はお子さんですが、パパさんやママさんもきっちりとした格好でないとお子さんだけが着物で浮いちゃってる感じになってしまいます。

だけど、「どんな着物を着たらいいかわからない!」って思ってる人が多いこと・・・。

普段は着ない、着物ですから選ぶのも一苦労ですよね。

母親が七五三で選ぶ着物は?

ママさんの着物は、黒留袖・色留袖に次ぐ準礼装着物である訪問着です。

これは留袖や振袖に代わる略礼装なんですね。

七五三だけでなく、結婚式や結納、入学式から卒業式まで幅広く着られ、デザインもたくさんあります。

主に格式高い席で着ることが多い着物になっています。

次に良く選ばれるのは、附下(つけさげ)です。

訪問着と比べて、少し軽めで着ることができます。

訪問着と同じようなところで着ることができますが、格式高いようなところへ行くときは訪問着を着るようにしましょう。

最後に色無地です。

これは、シンプルに一色に染めてあるかまたは同じ色のぼかしのある着物のことです。

これも七五三だけでなく、明るい色のものは祝い事に着ることができたり、暗めの色だと葬式や通夜などの弔事に着ることができますね。

七五三でおすすめなのは色無地ですね。

お父さんが選びたい七五三の着物は?

パパさんの着物は、紋付の羽織と袴です。

定番は、黒い紋付にグレーの袴ですね。

紋付に関しては、白やグレーのものもあるので自分と合わせてみて決めるのがいいと思います。

パパさんとママさんどちらにも言えることなのですが、主役であるお子さんより目立つ格好をしないようにしてくださいね。

手持ちに色無地の着物を持っていれば、少し控えめの色であれば七五三へ着ていくのはいいと思います。

着付けはお店でしてもらう

着付け方法は、自分で行うと難しいですよね。

たまにしか着ないから、上手に着付けが出来ない人も増えてきました。

ですので、写真スタジオや、美容室で着付けてもらう事をおすすめします。

着付けに対応していれば、メイクなどもセットでやってくれますからね。

それでも自分で着付けたい!という方は文章で説明するよりも動画で見ながらやったほうがいいですね。

七五三の着物をレンタルできるお店!3選

七五三の着物をレンタルしたい!という方にお勧めのお店を3つご紹介します。

まず1つ目が、高品質で品数の多い晴れ着の丸昌です。

沖縄を除いた全国往復送料無料で、代引き手数料が無料、自分でクリーニングする必要がないのでそのまま返却できます。

3泊4日で借りることができ、2日前には届けてくれるので安心して利用できますね。

基本的なサービスかもしれませんがこれらはかなり重要だと思います。

2つ目が「京都かしいしょうです。

往復送料無料はもちろんのこと、レンタル期間がなんと4泊5日と長く借りられるのがいいですね。

利用する日の7日前に予約をすると届くようになりますのでこれを目安にできます。

様々な色の着物を扱っており、他だと高めのアンティークな着物もお手頃価格で扱っているので気軽に利用することできるのがかなりポイント高いですね。

利用日が4泊5日と多めなのも個人的には安心して使えるショップだと思える所以ですね。

最後の3つ目が京都着物レンタル 夢館です。

基本的なサービスは他と同じですが、ここは実店舗のほうでヘアメイクや着付けにも対応しているので近くにある方は着つけてもらうのもいいかもしれませんね。

雑誌などでも使われることが多いお店なので話題性は抜群で、サービスもいいのでご利用してみてはいかがでしょうか。

最後に

七五三の着物のレンタルを忘れてしまっていた方は

最低でも7日前に予約を入れればいいお店が多いので確認してみるのがいいですね。

そしてママさんが着るべき着物は、訪問着・附下・色無地の3種類

パパさんの着物は紋付の羽織と袴を着ると良いでしょう。

お子さんが主役の七五三ですが、ご両親もバッチリきめて思い出に残る七五三にしていきましょう!