冬の『コタツでアイス』は最高! なんで美味しくなるんだろ?おこたで食べたいアイスはコレ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

真冬にはコタツが必須というご家庭も多いでしょう。

そしてコタツに潜ったまま

ミカンをバクバク食べて

お茶だのコーヒーだの飲んでダラダラするのが

至福の時間であり定番!

だったのですが・・・

最近はどうもそれが変わってきているらしいのです。

『まーたコタツに潜って、アイスばっかり食べて! 太っても知らないよ!?』

 そう、これが冬の会話なんです。

真冬にコタツに入るくらい寒いのにアイス!?

そう、違和感を感じる方もいらっしゃると思いますが

これって意外とポピュラーだったりするんですよね。

一部の地域では特に!と言うかそれが普通?みたいな?

某テレビ番組で『北海道民は冬でも普通にアイスを食べる』みたいな紹介をされてちょっと話題になったんですけどね(笑)

そこから道外にも真冬にアイスが広がったとも言われていますね。

そこで!

今回はなぜ冬にアイスが食べたくなるのか、そしてなぜ冬のアイスは美味しいのかをご説明すると共に

『おこたで食べたいアイス』をいくつかご紹介したいと思います^^

スポンサーリンク
レフタリング大

コタツでアイスは意外と有名!みんなも食べてるコタツアイスはなぜウマイ?

上でご紹介した通り、冬にアイスを食べるというのは北海道では結構普通な事なんです。

それで驚く人はあまり居ないと思います。

有名と言うか普通なんです。

これがテレビで紹介された時は、結構驚いた道外の人も多いようで

周りでチラホラとその話をしている人が居ましたね。

とある家計調査によると

都道府県で、冬おけるアイスクリームの消費額No.1は北海道であるといったデータがあります。

そして実は

北海道以外の雪国も

冬のアイスクリーム消費額が20位中に8つもランクインしているのです!

なぜ寒い寒い雪国の人達は冬にアイスを食べるのでしょうか?

当然『食べたい』と思うから食べるのでしょうが、なぜ食べたいと思うのか?

これが冬にアイスが美味い理由にも結びつくと思いますので

予想や様々なアンケートで分かった結果を元に

その謎を解き明かしてみましょう♪

雪国の冬場のアイス消費量が多い理由

真冬に当たる1月の室温平均は20.7℃の北海道がトップです。

トップは北海道ですが、雪国に建てられる家というのは基本的に断熱効果がしっかりしているので、ストーブや暖房を使用すると部屋の中は相当暖かくなるんです。

他の雪国もそれに近い室温なのではないでしょうか?

雪の降る外から帰って来ると、暖かいと言うより『暑い』レベルに感じると思います。

寒暖差によって暑いと感じれば、当然冷たい物が食べたい(飲みたい)と思う訳で

それがアイス消費へと繋がっているのではないか?と考えられていますね。

北海道は特に夏場でも比較的涼しく

期間も短いため『暑い期間』で比べるのであれば冬季の室内の方が遥かに長いですから^^;

北海道が他の雪国に比べて冬場のアイス消費量が特出しているのは

そういった夏場の気温や期間が関係しているのでしょうね。

道外の雪国は夏場もかなり暑く、残暑もありますので。

寒い期間(暖房で室内が暖かい)が長いのは北海道が一番ですからね!

コタツアイスはなぜ美味しいのか?

上記の事から、どちらかと言うとコタツで食べるアイス限定ではなく

暖房の効いた部屋で食べるアイスと言った方が正しいのではないでしょうか?

コタツアイスが特別美味しいと感じる理由は

布団でヌクヌクと同じ感覚で

『あー 暖かい場所に潜ってダラダラするの最高!!』 という

堕落感が付加価値となっている気がしてなりません。

美味しく感じる理由として、先ほどの外と室内の温度差が関係してくるのですが、温度差が激しいと人間の身体というのは大きなストレスを感じてしまうわけですね。

季節の変わり目に風邪をひきやすいのはこの寒暖差によるストレスも関係しています。

ストレスを緩和するにはエネルギーが必要となり、そのエネルギーを沢山補ってくれるのがアイスクリームという訳なんです。

『腹が減ってる時は何でも美味い!』ってよく聞きますよね?

あれは身体が食べ物を欲しがっている時

血液中にカンナビノイドという脳内マリファナのような物質が作られているからなのです。

このカンナビノイド

特に甘味に対する感受性を高める作用があり、エネルギーを求めてアイスを食べた時に特別美味しいと感じるのはそういう事です。

大概の食べものには僅かながらでも糖分が入ってますからね。

甘さの塊であるアイスクリームはさぞ美味しいと感じる事でしょう。

このカンナビノイド+コタツでダラダラしながらアイスを食べる行為が美味しくないわけがありませんからね!

冬におこたで食べたいアイスはこれ!

冬場のアイス売上では

カキ氷系よりもクリーム系の方が遥かに売れているのですが

これは氷に味付けをしただけのカキ氷系よりも

クリーム系の方がエネルギー量が多いからでしょうね。

そこで、ここからは冬におこたで食べたいクリーム系のアイスをご紹介したいと思います♪

先に申し上げておきますと、完全に私の好みです!

人気の高い定番アイスも私の好みに当てはまる場合のみご紹介していますのでご了承ください。

その代わり!

実際に食べた物だけを載せていますので味は確かだと思います。

(私の味覚が確かであればね)

 

雪見だいふく

いきなりの大定番ですね!

アンケート結果でも『冬にコタツで食べるアイスと言えば雪見だいふくしか思い浮かばない』

と言った回答が多数なのです!

正直私も冬はこれでしょ! と思いますね。

まろやかなアイスと柔らかくてフニャっとした感じのお餅とのハーモニーが絶妙なんです。

こちらは様々なバリエーションが開発されており

どれをもこれも食べたいなと思ってしまいますが

私個人としてはやはりノーマルタイプが一番好きですかね^^

今年の1月下旬に『黄金のみたらし厚もち仕立て』というバリエーションが発売されたのですが、あまりの人気に販売を一時停止する事態が起こりました。

残念ながら私は食べる事はできなかったのですが

食べた人達の感想は『超絶うまい!!』とのこと。

再販が待たれますね! 早く…早く再販を…!

バターが贅沢に香るクッキーサンド

こちらはセブン・イレブンでのみ販売されている、いわゆるセブンブランドのアイスとなります。

正直よくある店オリジナルの商品ってコストを抑えたりして味は簡素なのかな?というイメージがあったのですが

これは食べた瞬間『おお!?』と思いました。

クッキーでバニラアイスをサンドした形なのですが、このクッキーがまた美味い!!

原材料にフランス産の発酵バターを使用しており

更にオレンジはちみつを隠し味としてプラス。

バニラアイスとのハーモニーが本当に絶妙なので是非♪

紅茶やコーヒーとも合いますので、コタツのお供に最適です。

プレミアムケーキサンド ハニーポップチーズケーキ

【コールド・ストーン・クリーマリー】は御存じですか?アメリカで開業された大手のアイスメーカーであり、日本でもフランチャイズ展開をしています。

こちらもセブン・イレブン限定商品ですが

これはそのコールド・ストーンとコラボした本格的なアイスなのです!

フワフワのパンケーキにアイスを挟んだ形となりますが、このアイスがキモなんですね。

アイス部分は蜂蜜とチーズケーキを混ぜ合わせた濃厚クリーム。

そしてその中に黄色い固形物のような物がありまして

これは隠し味であるレモンソースとオレンジピールです。

甘くまろやかなチーズケーキの中にほんのりとした酸味が効いていて

モッタリ感がなく見た目とは裏腹に最後まで飽きずに食べられます。

トルコ風アイス(復刻版)

はい、これはもう本当に個人的な趣味の極みのような選出です^^;

知る人ぞ知る、このトルコ風アイスはある程度の年齢の方でしたらご存知であり

子供の頃に食べた事もあるのではないでしょうか?

とある理由から、子供に大人気でしたからね♪

何と言いますか、味には少し癖がありまして、食感も昔のアイス風と言いましょうか。

とにかく普通のバニラアイスとは少し違っているんですよ。

まさに『不思議な食感』ってやつです。

そして、その食感こそが子供達に人気だった秘密なんですね♪

スプーンの背をアイスの表面にペタッとつけてみると分かりますが

離す時に粘着感のような抵抗があるんですよ。

その時点で『ん?』と思うでしょうが

アイスをすくって食べようとするとこれが伸びる!!

『ビヨ〜ン』って感じに伸びるんです。

これが面白くて子供の頃はどこまで伸ばせるのか友達と競争をしたものです。

これならオコタアイスの食べ過ぎで怒られた時も

『お母さん見て見て! 伸びるよ!』ほのぼの誤魔化せるのではないでしょうか(笑)

こちらはファミリーマートにて販売されていますので是非!

ICE MONSTER マンゴーのロールケーキ 

一昔前はセブン・イレブンがマンゴー推しだったと思うのですが、

最近はローソンがマンゴー推しのような気がします。

そしてこちらはローソン限定、ちょっと変わったアイスとなっております。

台湾で爆発的な人気を誇るカキ氷店【ICE MONSTER】とのコラボ商品ですね!

ICE MONSTERと言えばマンゴーのカキ氷が有名で

こちらの商品はそのマンゴーのカキ氷をモチーフに

土台はロールケーキ、その上にマンゴークリーム、マンゴーソース、アップルマンゴーの果実、ココナッツ風味のパンナコッタをトッピングした

マンゴー尽くしのアイス風ロールケーキとなっております。

あくまでマンゴーカキ氷を“モチーフ”ですので、カキ氷ではありません。

本来氷である土台はローソンでおなじみのプレミアムロールケーキで

こちらもマンゴー味となっています。

厳密に言えばアイスはアイスなのですがケーキに近いでしょうね。

私はマンゴーが大好きでよく食べるのと

女の子もきっとこれを気に入るのではないかと思い載せてみました♪

冬のアイスはもう定番?

冬に何故アイスを食べるのか?

何故おこたでアイスは美味しいのか?

などをお伝えしてきましたが、理由はご理解頂けたでしょうか?

冒頭で書いたようにテレビで

『北海道民は真冬でもアイスを食べる!』みたいな感じで紹介された時は

かなり珍しい目で見られたものですが

今ではすっかり定番となったような感じがしませんか?

そう考えると、なんだか何故冬にアイスを食べるのか?なんて疑問や考察は必要ない気もします。

 

冬だってアイスクリーム食べたいんだ!!

 で、よろしいのではないでしょうか^^

冬におこたに潜ってアイス食べるの最高ですもんね♪ 

おっと、自宅に保管してあるアイスが切れたようなで、これから買ってこなければ!