アニメを見るならダーク系?それともハッピーエンド?オススメ作品はコレ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ダークな話は精神的にきつい!!

生理的に無理!!

そう感じる人もいるかもしれません。

そういう方は

絶対にダークは見ない方がいいと思います。

軽くトラウマになってしまいます。

今回はストーリーはとてもいい、

ダーク系、ハッピーエンド系を集めてみました。

スポンサーリンク
レフタリング大

ダークなアニメで気分が低下!?この作品だけは避けた方がいいかも!

◎『 Another 』

原作は綾辻行人による小説です。

三年三組に転入した榊原恒一は、

三組に起こる〈厄災〉についてを知る。

自分と近親者が次々と死に

誰が本当はいないものなのかを暴かなくてはならない。

恒一とヒロイン・鳴は生き残ることができるのでしょうか?

ラストのいないものの存在に衝撃を受けました。

アニメでこんなにもうまく叙述トリックが仕掛けられるとは思いませんでした。

色々な死に方が起こり

それがリアルなため

その描写を想像すると軽く冷や汗が出ます

◎『 新世界より 』

原作は貴志祐介による小説です。

1000年後の日本が舞台。

人間は「呪力」と呼ばれる超能力を持っていました。

自然豊かな集落に暮らす6人の少年少女。

彼らは12歳のときに1000年前に文明が崩壊した真実を知ってしまいます。

そして事件は動き出します――。

独特な世界観に引き込まれると同時に

何が怖いのかも分からないほどに

怖くて怖くて仕方ありません。

これほど綿密なストーリーを描けることに

貴志先生にもアニメスタッフにも脱帽です。

◎『 屍鬼 』

原作は小野不由美の小説です。

土葬の習慣が残っている人口1300人の小さな村で

山入地区にて3人の村人の死体が発見されました

そのことに不信感を覚えた村医者の尾崎敏夫は、

次第に根幹に辿り着きます。

そして次々と村人たちは死んでいき

「起き上がり」として生き返るのです。

これこそ、ダークホラー!!

ゾンビのように生き返る村人と

それに抗うために反逆する村人を描いたぞくっとするアニメです。

ラスト3話は殺人場面が多くあるため、

視聴する際には十分注意してください。

やっぱり見るならハッピーエンド!円満解決で後味スッキリ!!

◎『 四月は君の嘘 』

原作は新川直司によるマンガです。

2016年には実写映画化されました。

母の死をきっかけにピアノが弾けなくなった天才ピアニストが

ひとりのヴァイオリニストの少女に出会う物語。

後半は涙なしには視られません。

決してみんなが全員幸せというわけではないのにも関わらず、

こんなにも満たされるのは何故でしょうか?

◎『 鋼の錬金術師 』

原作は荒川弘によるマンガです。

2017年に実写映画化予定です。

禁忌を犯した兄弟が体を取り戻すために、

錬金術師となり旅出る物語。

全体的にダークなストーリーですが

最後は円満にまとまって終わります。

少し話は長いですが

見ごたえがあって面白いです。

アニメの一部はまだ原作が終わっていなかったためオリジナルの最終話ですが

それを補う形で

『 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 』

再映されました。

一部はオリジナル要素が多いため、

二部から見た方が分かりやすいかもしれません。

まとめ

ダークもハッピーエンドも

ストーリーが良ければどちらも心惹かれます。

ダークでも

最後はハッピーエンド

という話も少なくありません。

自分の好きなジャンルを見つけると

もっと小説や本、アニメが楽しめますよ。